軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 新事業創出全国フォーラ繝 開催 出井伸之さんら軽井沢について討論

新事業創出全国フォーラ繝 開催 出井伸之さんら軽井沢について討論

2012年10月17日 14:43

121017-01.JPG
 全国の中小企業の経営者らが集まり、新たな事業展開を模索する「第8回新事業創出全国フォーラ繝 in長野 世界から長野へ」が10月16日、軽井沢プリンスホテルで開かれ、軽井沢ゆかりの3人によるパネルディスカッションがあった。

 パネラーは、クオンタ繝 リープ代表取邱 役で軽井沢に別荘がある出井伸之さん、2014年秋に開・?する「インターナショナルスクールオブアジア軽井沢」の設立準備財団代表理事の小林りんさん、藤巻進軽井沢町長の3人。小布施・?代表取邱 役の市村次夫さんがコーディネーターを務め、「まちに必要な賑わいとは『どうする日本の地方都市』」をテーマに討論した。

 出井さんは現在の軽井沢について「経済的成功を求めすぎている。賑わいが町を駄目にすることもある」と蠢 告し「東京の真似ではなく、個性を生かした町づくりが大事」と続けた。また、軽井沢の夏の渋滞について話が及ぶと、出井さんは「電気自動車以外は通行を規制し、自転車と歩行者がもっと通りやすい道を整備してはどうか」と提案。すると、小林さんも「瞬間的に観光客は減るが、町の価値を上げていくことにつながるかもしれない」と応じた。

 さらに、出井さんは軽井沢の問題点として「別荘に来る人と町の人とがあまりに分断されている」ことを挙げ、「双方が集まって、町づくりなどについて話し合える仕組みがないと、ユニークな求心力のある町にはなれない」とした。一方、藤巻町長は「別荘住民の意見を反譏 させる制度は必要縺 と思う。実現できるかわからないが、役・?内に別荘課の設置が必要縺 と感じている」と話していた。

「第8回新事業創出全国フォーラ繝 in長野」は独立行政法人中小企業基盤整備機構関東本部などが主催し、約350人が参蜉 した。パネルディスカッションのほか「潮流激変時代の起業家的視点」と題した、東京大学名誉教授・月尾嘉男さんの基調講演などもあった。

最近の記事

冬の軽井沢が舞台のドラマ『カルテット』、エキストラ募集

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

アーカイブ

PAGE TOP