軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 軽井沢高生が琴の伴奏つき紙芝居、保育園で上演

軽井沢高生が琴の伴奏つき紙芝居、保育園で上演

2013年1月24日 15:11

130124-02.JPG
 軽井沢高・?3年生の生徒10人が1月24日、佐久地方に伝わる民話を紙芝居にし、軽井沢東保育園の園児約30人を前に上演した。

 生徒は、週2回ある「総合芸術」の履修者で、この日の上演のため授業時間を使い、2学期末より準備を進めてきた。紙芝居の伴奏として流す琴の演奏を習い、地元の民話についても学習。紙芝居に描く内容を相談し、作品ごと一人一枚ずつ振り分けて・?面を描いた。

 上演したのは、浅間山をひとまたぎする大男の話「でいらんぼう」と、御代田町の真楽寺に伝わる伝説「龍になった甲賀三郎」の2本。生徒は・?々に紙芝居を読み上げ、・?面に合わせて琴の伴奏も入れた。 臨・?感が出た朗読に、身を乗り出して作品に見入る園児もいた。

 上演後、園児は「ありがとうございました。またお願いします」と揃ってあいさつ。生徒の一人、・?内真生さんは「わからないときは、えっ?という表情をしたり、子どもは反応が正直。笑って見てくれたのは嬉しかった」と話していた。

最近の記事

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

「軽井沢で暮らしたい人は覚悟を持って」と軽井沢町長

アーカイブ

PAGE TOP