軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 氷上ファッションショー おしゃれカーリングウエア100種登場

氷上ファッションショー おしゃれカーリングウエア100種登場

2013年4月27日 15:39

130427-01.JPG
 新たなカーリングウエアを提案するファッションショーが4月27日、軽井沢アイスパークで開かれた。軽井沢町と軽井沢アイスパークオープニングイベント実行委員会が主催し、午前と午後1回ずつ行った。
 
 カーリングには専用ウエアがほとんどないことから、スポーツメーカー6社が他のスポーツで使う秋冬用ウエアで70種類のコーディネートを提案。服飾専門学校「OKA学園トータルデザインアカデミー」(長野市)の2年生18人がデザインし、軽井沢高校の生徒6人も製作に協力した30種も披露された。
130427-02.JPG
 スポットライトを浴びて、斬新なデザインのウエアに身を包んたモデルが次々登場。カーリング発祥の地、スコットランドの民族衣装をイメージしたものや、広い会場でも見栄えするカラフルなデザインの服もあった。地元の男子「SC軽井沢クラブ」、女子「中部電力」、軽井沢カーリング少年団所属の子どもも、ストーンを投げる演出でショーを盛り上げた。

 軽井沢高校の生徒6人は、放課後などの時間を使い、同校を訪れたOKA学園の講師より、配色や図柄などについて学び、「ストライプ」をテーマにデザイン画を製作。そのデザインは採用され、実際にショーでも登場した。ショーを観に来ていた軽井沢高校3年のキンパン・アイリスミー・クリマコさんは、「プロのモデルさんがカッコよく着こなしてくれていて嬉しかった」と笑顔を浮かべていた。
130427-04.JPG
 2010年バンクーバー冬季五輪では、カーリング男子ノルウェー代表が、派手なチェック柄のズボンを履いて注目を集めた。SC軽井沢クラブの山口剛史さんによると、それ以降、世界大会でも凝ったデザインのズボンを履く国は増えたが、上着で面白いデザインを着ているチームは少ないという。「今日登場したようなユニホームを、試合で着ることができたら面白いと思う」と山口さんは話していた。

最近の記事

冬の軽井沢が舞台のドラマ『カルテット』、エキストラ募集

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

アーカイブ

PAGE TOP