軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > ソチ五輪目指しカーリング日本代表決定戦へ 「SC軽井沢」「中部電力」の壮行会

ソチ五輪目指しカーリング日本代表決定戦へ 「SC軽井沢」「中部電力」の壮行会

2013年8月30日 10:43

130830.JPG
 軽井沢カーリング活性化プロジェクト推進委員会は8月29日、ソチ冬季五輪世界最終予選の「日本代表決定戦」に出場する、男子「SC軽井沢クラブ」、女子「中部電力カーリング部」の壮行会を軽井沢アイスパークで開いた。

 長野県カーリング協会の関係者や、軽井沢カーリング少年団に所属する小中学生ら約150人が集まった。SC軽井沢クラブの練習用Tシャツをデザインした、鹿教湯三才山リハビリテーションセンターの筋ジストロフィー患者でつくる就労チーム「グリーン」のメンバーも駆けつけ、選手を激励。「グリーン」のリーダー阿部智和さんは「ソチ五輪出場までには、数々の大会があるが頑張ってほしい。病棟のみんなで応援している」とエールを送った。

「日本代表決定戦」は9月11日から17日まで、北海道札幌市のどうぎんカーリングスタジアムで行う。ドイツで12月に開くソチ冬季五輪世界最終予選に挑む男女の1チームを決める大会で、男女各4チームが出場するうち、軽井沢の2チーム以外は全て北海道勢。世界最終予選は、日本を含め男子8カ国、女子7カ国が出場し、各上位2カ国がソチ冬季五輪に出られる。

 激励を受け、SC軽井沢クラブの両角友佑主将は「長野県のカーリングが日本で一番強いことを、男女とも一位になって証明したい。プレッシャーをいい力に変えて最後まで戦いぬく」。中部電力主将の市川美余さんは「アイスパークができたことで、夏場の練習でレベルアップしてこれた。アウェー感はあると思うが、軽井沢からの応援を力に変えたい」と健闘を誓った。

最近の記事

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

「軽井沢で暮らしたい人は覚悟を持って」と軽井沢町長

アーカイブ

PAGE TOP