軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > パシフィック・アジア選手権へ SC軽井沢クラブが町長訪問

パシフィック・アジア選手権へ SC軽井沢クラブが町長訪問

2013年10月31日 10:35

DSC_0310.JPG
 11月11日より上海で開幕する「パシフィック・アジア・カーリング選手権大会(PACC)」に出場する、カーリング男子「SC軽井沢クラブ」の4人が10月30日、軽井沢町役場に藤巻進町長を訪れ抱負を語った。同大会の一カ月後には、ソチ五輪出場をかけた最終予選(ドイツ・フッセン)を控える同チーム。藤巻町長は「次のステップになるよう頑張ってきてほしい」と激励した。

 PACCの男子の出場チームは、中国、韓国、ニュージーランド、オーストラリア、チャイニーズ台北に日本を加えた6カ国。来年3月の北京で行う世界選手権には、開催国の中国を除いたPACCの上位1チームが出場できる。

選手のコメントは以下の通り。

スキップの両角友佑さん
「挑戦的な姿勢で相手チームを巻き込めた試合はこれまでも勝てている。一投一投、これまでやってきたことを出したい」

サードの山口剛史さん
「アイスパークで4月から練習できているのは、間違いなく自信になっている。自分たちらしい攻撃的な形を出して勝って、その勢いでドイツの最終予選に進みたい」

セカンドの清水徹郎さん
「いつもの練習を思い出しながら、平常心でショットを投げるように心がけたい。そこを意識すれば結果もついてくる」

リードの両角公佑さん
「ソチ五輪出場を決めている中国のリードは、前回の世界選手権でもショット率が世界トップレベル。いい勝負ををして自信をつけたい」

最近の記事

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

「軽井沢で暮らしたい人は覚悟を持って」と軽井沢町長

アーカイブ

PAGE TOP