軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 凍てつく夜、水浴び走る男たち 熱気むんむん「寒の水」

凍てつく夜、水浴び走る男たち 熱気むんむん「寒の水」

2016年1月21日 12:12

150121-01.JPG 一年で最も冷え込むとされる二十四節気の「大寒」の時期のまつり「寒の水(かんのみず)」が1月20日夜、御代田町の草越地区であった。「水行者(すいぎょうじゃ)」と呼ばれる、赤ふんどしとわら草履姿の20~50代の男性60人が、地区内6カ所で冷水をかぶり、約1kmのコースを駆け抜けた。

 この日の夜の気温は氷点下5℃、積雪は約40cm。午後6時、水行者が公民館から一斉に飛び出すと、集まった観衆から「頑張れー」などと歓声があがった。水行者は「よいしょー」「おっしゃー」などと威勢良く声をあげながら、大桶から手桶ですくった水を肩から浴びた。「ファイト」と声をかけられた水行者は、肩をすぼめ「今年は冷てえっす」。地区の北側にある熊野神社に「兔巾(ときん)」と呼ばれるわらで作った冠を奉納し、五穀豊穣、無病息災を願った。

150121-02.JPG 30年以上、ほぼ毎年参加している最年長(59歳)の水行者、佐々木孝弘さんは「今年は雪があったので、足先が特に冷たい。感覚は全然ない」としながらも、「本厄の61歳までは続けたい」と話した。

最近の記事

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

「軽井沢で暮らしたい人は覚悟を持って」と軽井沢町長

アーカイブ

PAGE TOP