軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 浅間山「桜島噴火との直接的な影響なし」

浅間山「桜島噴火との直接的な影響なし」

2016年2月 8日 17:02

160208-01.JPG 気象庁浅間山火山防災連絡事務所は28日、浅間山の火山活動について定例説明会を開いた。

 大塚仁大所長の説明によると、火山ガス放出量は700~900トンとやや多い状態で経過。月ごとの火山性地震の回数は12月1251回、1月1006回と次第に減少し、2015年10月から右肩下がりが続いている。ただ「噴火警戒レベル1(活火山であることに留意)判定に決めている数字ほどには至っていない」と説明した。

 また、2月5日と8日に噴火した桜島(鹿児島県)との関連については「距離的に離れすぎている。直接的な影響はない」と話した。浅間山の噴火警戒レベルは2015年6月11日より、レベル2(火口周辺規制)を継続している。

 写真は中軽井沢から見た浅間山(2月8日12:00撮影)

最近の記事

ホテルや郵便局などで実務体験 軽井沢高生17人が成果発表

「ネオ三本締め」動画公開 宴会の場をより楽しく

挙式プランナー6人、担当した式をプレゼン 結婚式の魅力伝える

軽井沢大賀ホール「春の音楽祭」チケット販売1月28日から

浅間山、噴火警戒レベルは

軽井沢発地市庭で初売り6日から そばすいとんや甘酒の振る舞いも

軽井沢町内の施設、年末年始の休業・営業情報

アーカイブ

PAGE TOP