軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > プリンスホテル、千ヶ滝に所有の水力発電施設を改修、8月1日より稼働

プリンスホテル、千ヶ滝に所有の水力発電施設を改修、8月1日より稼働

2016年7月29日 17:11

160729-01.JPG プリンスホテルが改修を進めていた千ヶ滝東区の水力発電施設が8月1日、「プリンスエナジーエコファーム軽井沢水力発電所」として本格稼働を始める。729日の修祓式後、試験稼働のため、同社の赤坂茂好代表取締役社長がスイッチを入れると、流れ落ちた水が水車を回し発電を始めた。

 同社が1951年に建てた水力発電所は当時、千ヶ滝地区の分譲地へ電力を供給。電力需要の増加にともない、1986年からは中部電力と連携運転し、西武グループ施設などに電力を供給していた。同社が1977年から2007年まで営業した軽井沢千ヶ滝温泉ホテルでは、使用エネルギーの約40%を同発電所がまかなっていた。
160729-02.JPG
 2015年2月から今年7月にかけ、導水路、発電所、配電線ルートなどを全面的に改修。改修費は約6億円。約40mの高さから流れ落ちる湯川の水が、発電機直結の水車を回し発電。水はそのまま湯川に戻る仕組みだ。施設の運営、管理は同社で行い、発電した電力は全て中部電力に売電する。

 改修により、発電容量はこれまでより約15%増加し199kw(一般家庭約60世帯分)。24時間稼働で、年間の発電量は約148万kWh、年間発電売り上げは約5000万円を見込んでいる。赤坂社長は「軽井沢にマッチしたエコな発電で、社会貢献に繋げたい。地元の子どもたちにも見学してもらい、発電事業の学習に役立ててもらえたら」と考えを示した。

最近の記事

冬の軽井沢が舞台のドラマ『カルテット』、エキストラ募集

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

アーカイブ

PAGE TOP