軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > フットサルの楽しさ伝えるフェスタ、軽井沢で初開催

フットサルの楽しさ伝えるフェスタ、軽井沢で初開催

2016年7月16日 18:50

160716-01.JPG 地域の子どもたちにフットサルの魅力を味わってもらおうと、今春発足した軽井沢町のフットサルチーム「SC軽井沢クラブ」が7月16日、Fリーグ(フットサルの全国リーグ)参入を目指し長野市で活動する「ボアルース長野」と共同で、「フットサルエンジョイフェスタ」を軽井沢風越公園総合体育館で開いた。軽井沢町や佐久市、東御市などの小中学生33人が、2チームのエキシビジョンマッチを観戦、選手が指導するフットサルクリニックを受けた。

 エキシビジョンマッチは15分ハーフで実施。鋭いスルーパスや得点シーンでは、間近に観ていた子どもたちからは歓声が起きた。試合は、北信越リーグでプレーする「ボアルース長野」が格の違いを見せ5対4で勝利。「SC軽井沢クラブ」キャプテンの土屋浩樹さんは「出来た部分もあったが、率直に悔しい」。
160716-02.JPG
 クリニックでは下級生、上級生にわかれ、ボールキープやシュート練習、ミニゲームなどで汗を流した。「ボアルース長野」の選手に指導を受けた、東御JFC所属の小学4年、馬場悠生君は「ボールのさばき方が格好良かった。あんな風にプレーをしてみたい」。

 同イベントは「ボアルース長野」が「SC軽井沢クラブ」に呼びかけて実施。「ボアルース長野」代表の桜井勇介さんは「フットサルの普及、互いのチームの強化を目指し、これからも継続的に行っていきたい」と話した。

最近の記事

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

「軽井沢で暮らしたい人は覚悟を持って」と軽井沢町長

アーカイブ

PAGE TOP