軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > エンジニアの視点で軽井沢研究、升本さん講演会

エンジニアの視点で軽井沢研究、升本さん講演会

2016年7月21日 15:02

160721-01.JPG 軽井沢の自然や文化財の保護に取り組む「軽井沢ナショナルトラスト」は717日、人工衛星開発のエンジニアで、『軽井沢の自由研究』などの著書で知られる、升本喜就さんの講演会を軽井沢町観光振興センターで開いた。昨夏に続いて2回目で、約20人が訪れた。

 升本さんはアレキサンダー・クロフト・ショーが初めて軽井沢を訪れる13年前に、英国人通訳のアーネスト・サトウが軽井沢に立ち寄り、「荒野然とした風景を『Moor(荒れ野・荒地)』と表現した」と紹介。明治時期の写真家、日下部金兵衛が撮影した「軽井沢からの浅間山」の写真なども示し、「樹木のない殺風景とした軽井沢の風景に、ショーや欧米人は郷愁を感じた」と説明した。

 さらに、「軽井沢が避暑に良いところだと見出したのはアーネスト・サトウ。それを聞いて軽井沢を訪れたショーが、さらに良さを広め、国際的な避暑地としての基礎が築かれたのではないか」と話した。
160721-02.JPG
 升本さんは他にも、ショーが避暑をした頃の軽井沢の気候や、近衛文麿らが参加した三笠ホテルの晩餐会の写真に映るシャンデリアが電灯なのかどうか、独自のデータ分析に基づいて、考えを示した。

最近の記事

冬の軽井沢が舞台のドラマ『カルテット』、エキストラ募集

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

アーカイブ

PAGE TOP