軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > ウィスラー市長が講演、町長と対談 第5回さわやか軽井沢交流会開催

ウィスラー市長が講演、町長と対談 第5回さわやか軽井沢交流会開催

2016年8月 1日 09:16

 軽井沢町は7月30日、「さわやか軽井沢交流会」を軽井沢アイスパークで開いた。

 町民と別荘滞在者の交流の場として毎夏開催し、今年で5回目。軽井沢が保健休養地として発展を始めて130周年を迎えることを記念して、姉妹都市であるカナダ国ウィスラー市のナンシー・ウィルヘルム--モーデン市長が来日。町長との対談と、「世界的リゾート ウィスラー」と題した講演を行った。

DSC_0022 のコピー.JPG

 ウィルヘルム-モーデン市長は、2000年から行っている交換留学事業について、「今後は学生交流を超えて、市・町職員の交流事業へと発展させたい」と話し、藤巻町長が「ウィスラー市のあるブリティッシュ・コロンビア州は林業が盛ん。長野県として、森林事業でも連携できれば」とすると、「林業については何世紀に渡るノウハウがある。知識や情報を交換できれば」と意欲をみせた。講演でウィスラー市長は市政について説明。多くの人がウィスラーを訪れる理由のひとつに豊かな自然を挙げ、住民と野生動物の共生を目指す取り組み「ベアスマートコミュニティー」や、建物エリアの制限、厳格な建築ガイドラインなど環境保全活動について紹介した。リゾート地であり、オリンピック開催地となったことなど市と町の間には共通点が多いとし、「これからも互いに学び合えれば」とした。

 交流会では軽井沢中学校吹奏楽部による演奏や、カーリングの無料体験などが行われ、限定600食で軽井沢産のそばが振る舞われた。

最近の記事

冬の軽井沢が舞台のドラマ『カルテット』、エキストラ募集

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

アーカイブ

PAGE TOP