イワツバメの楽園

210721_01.JPG

軽井沢中部小学校のピロティの軒下で、

イワツバメが30個ほどの巣を作っています。

活動的な朝方は、200羽近くが校庭を飛び交います。

佐久教育会動物委員長を務める、

同校の理科の教科担任によると、

「これだけの巣がかたまってあるのはこの辺りでは珍しく、

軽井沢では最大の営巣地ではないか」とのこと。

210721_02.JPG

飛んでいる姿は、ツバメと見分けがつきにくいですが、

のど部分が白いのが特徴。

ツバメは他の巣と距離を取りますが、

イワツバメは密接してどんぶり型の巣をつくります。

210721_03.JPG

どうしてこの学校に住みつくようになったのか、

その辺りも取材しました。

次号の軽井沢新聞8月号(8月10日発行)で、

掲載しますので、もう少々お待ちくださいませ。

関連記事

    人気の記事