変わりゆくもの、変わらないもの

8月に出版された、

『戦中戦後の軽井沢疎開生活と千ヶ滝分校の記憶』は、

1955年廃校の千ヶ滝分校に通った倉石文彰さんが、

同級生らに呼びかけ、19人の手記を集めたもの。

210906_01.jpeg

書き手は皆さん80歳前後ですが、

70年以上前のことをしっかり覚えていて、

戦時中の厳しい食糧難や、

終戦の日の朝の情景などを鮮明に綴っています。

この学校で撮影された、

日本初のカラー映画「カルメン故郷に帰る」に、

エキストラ出演した思い出を書いている人も。

210906_03.jpeg

先日、同映画を見る機会があったのですが、

千ヶ滝分校をはじめ、草軽電鉄の走る姿や賑わう北軽井沢駅、

馬車での移動など、今では見られなくなった風景が新鮮でした。

本当にこれは軽井沢なのか、と思うのですが、

噴煙をあげてでんとかまえる浅間山が、

そのギモンを払拭させてくれます。

Netflixなどでも視聴可能なので、未見の方はぜひ。
210906_02.jpeg

9月10日発行の軽井沢新聞9月号では、

秋の読書特集ということで、町内の書店員らに

この秋読みたいイチオシの本を聞いています。

どうぞお楽しみに。

『戦中戦後の軽井沢疎開生活と千ヶ滝分校の記憶』は

Amazonでもお求めいただけます。

関連記事

    人気の記事