軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

軽井沢新聞 > ニュース > 2018年12月
軽井沢新聞 ニュース

あのニュースのその後、事件、火災の件数は

2018年を振り返る

1812_news_hurikaeru01.JPG 帰国したSC軽井沢クラブの選手らを、軽井沢町役場では約300人が出迎えた。 1812_news_hurikaeru02.JPG 8月、噴火警戒レベルが1に下がった浅間山。(11月29日撮影)
2018年の軽井沢のニュースとその後の様子、事件や火災件数を調査した。

SC軽井沢ク、平昌五輪出場
 2月、カーリング男子日本代表として20年ぶりとなる五輪に出場したSC軽井沢クラブは、平昌五輪で4勝5敗の8位という成績を残した。軽井沢アイスパークではパブリックビューイングが行われ、観戦に訪れた人はエンドが終わるごとに一喜一憂した。

 チームは8月に解散を発表。選手はそれぞれの道で、22年の北京五輪を目指し活動を始めている。12月の軽井沢国際カーリング選手権(4面参照)には、五輪に出場したSC軽井沢ク元メンバーのうち、両角友佑さんをのぞく4人が各チームで出場する。

信大・東大と地域課題解決へ
 軽井沢町は4月、医療体制整備、地域課題解決のため、信州大学社会基盤研究センター、東京大学先端科学技術研究センターと連携し、寄付講座をスタートさせた。6月には、「信州大学社会基盤研究センター」の軽井沢オフィスを町内に設置し、研究に取り組んでいる。

 町は19年4月、町立国保軽井沢病院に「総合診療科」を新設する準備を進めている。臓器別・病気別に限定しないで、多角的な診療を行う。信大、東大との連携によるネットワークを生かし、新たに3人の常勤医を迎える方針だ。

暑かった7月、冷房設置進む
 全国的にも記録的な猛暑となった7月。軽井沢では、7月の平均気温が観測史上2番目に高い21・9度を記録し、最高気温が30度を超える真夏日が計9日あった。町は7月、南保育園と東保育園の未満児室に急きょ、冷暖房空調設備を1基ずつ設置した。

 さらに来夏までに、町内3小学校の各保健室に2基、南保育園と東保育園に2基、子育て支援センターに1基を設置する準備を進めている。軽井沢中学、中保育園と西保育園は既に設置済み。小学校の教室はこれまで、扇風機2台で暑さ対策してきたが、町は国の臨時特例交付金を活用し、全教室に冷暖房空調設備設置を進める方針だ。

浅間山噴火警戒レベル1 に
 浅間山の噴火警戒レベルが8月30日、3年2カ月ぶりに2(火口周辺規制)から1(火山であることへの留意)に下がった。12月10日現在、レベル1を継続している。

 8月25日には、浅間山の大規模噴火に備えたハザードマップの説明会があった。大きな噴石、降灰、溶岩流、火砕流など、想定される現象ごとに、影響の及ぶ範囲が地図に示された。浅間山の周辺自治体や関係機関からなる火山防災協議会は、ハザードマップをもとに、避難計画をまとめた防災マップ作成の準備を進めている。

事件・事故・火災件数は
 軽井沢警察署の発表によると、18年1月から11月末までの町内の刑法犯総数は84件で、前年同時期より6件増加。同時期の人身事故発生は121件で、前年より25件の減少。死者数は1人。

 11月末までの火災件数は14件で、昨年より2件の増加。内訳は建物6件、車両3件、その他5件。同時期の救急車の出動は1520件で、昨年より202件増えている。

半年後のG20関係閣僚会合へ向け

ISAK生徒ら、各国のスイーツふるまい

1812_news_g202.JPG
 来年のG20関係閣僚会合に向け気運を醸成する「軽井沢町ホスピタリティー講演会」が11月19日、町内で開かれた。会合200日前を記念し、軽井沢町や町観光協会などが主催。元リッツ・カールトン日本支社長で、人とホスピタリティ研究所所長の高野登さんと、上高地帝国ホテル副総支配人の浅井功さんが講演し、約100人が聴講した。

 高野さんは、国内外のリゾートの事例を紹介し、受け入れる側の姿勢について講演。リゾートで過ごす人の時間に敬意を表し、どう過ごしてほしいか考えることが大切と強調。「真冬の軽井沢なら時間もエネルギーも余っているから、ありとあらゆることができる」と提言した。

 浅井さんは、希望する宿泊客へのリネン不交換の実施など、ホテルで取り組んでいる環境活動を紹介。軽井沢観光協会長を交えた、3人の鼎談もあった。

軽井沢から台湾へ2300km、国をまたいで飛んだチョウ

1812_news_asagi.JPG
樺島で捕獲したアサギマダラ(伊藤さん提供)
 10月1日、軽井沢町借宿付近(花咲山 蝶の楽園)で放ったチョウ「アサギマダラ」が長崎県を経由して11月10日に台湾で見つかった。

 軽井沢アサギマダラの会の三村治男さんが羽に会員番号と日付「カル39 10・1」を書いて10月1日に20匹飛ばした。その中の1匹が長崎県南部樺島灯台付近のツワブキの花に止まり、アサギマダラの生態を調査している長崎バイオパークの副園長伊藤雅男さんが11月1日に捕獲。その後、逆の羽に「NBP B(長崎バイオパーク 樺島)11・1」と記入して再度放った。同10日に台湾の澎湖島で学生が発見し、SNSを通して伊藤さんに伝えたという。三村さんは「自分の放ったアサギマダラが台湾まで行くのはすごい」と嬉しそうに話した。

全世帯にエコバッグ無償配布へ、予算盛る

 2019年に町内で開催するG20エネルギー・環境関係閣僚会合を前に、軽井沢町は町内全世帯にエコバッグを無償配布するため、町議会12月会議に440万円を計上した本年度一般会計補正予算案を提出した。町長は議会冒頭のあいさつで「一人ひとりがこの問題について意識し、プラスチックごみの削減に取り組むことで、環境汚染を防ぐことにつながると期待している」と話した。同会合では、マイクロプラスチックなどの海洋ゴミ対策を課題にすることで、日中韓の3カ国が合意している。

12年間の活動継続、町の森林整備の象徴と評価

藪刈り行事が林野庁長官賞優秀賞

1812_news_rinya.JPG グループに分かれ、チェーンソーや刈り払い機を使って藪を刈り、運び出す。毎回120人ほどが参加するという。
 軽井沢西地区国有林藪刈り実行委員会が2007年から毎秋実施している藪刈り行事が11月29日、林野庁の「国有林野事業業務研究発表会」の森林ふれあい部門で、林野庁長官賞優秀賞を受賞した。12年間の活動の中で多くの町民の関心を集め、町の森林整備の象徴となったことなどが評価された。

 同委員会は、地元住民や役場職員、東信森林管理署、都内の大学生などとともに、西部小北側の国有林(25ha)の藪刈りを実施。道路から見通しの良い緩衝帯をつくり、野生動物とのばったり遭遇防止、動物とクルマの事故防止、美しい景観づくりなどに貢献している。

 立ち上げからの中心メンバーで事務局長を務める、成城大学法学部教授の打越綾子さんは「野生動物を加害者にも被害者にもしないという目標があったから、活動を続けてこられた。浅間山麓にいる野生動物との共存のために、人間側が努力する優しい心遣いのできる町であってほしい」と思いを語った。

障がい者のデザインを商品化、ラッタラッタル

エル・デコが選ぶデザインアワードの部門賞に

1812_news_ratta.jpg 障がい者がデザインしたテキスタイルを使用したクッションや傘。アトリエ併設のショップNATUR Home(冬期休業中)、ハルニレテラスのNATUR Terraceなどで販売している。
 世界25カ国で発行するインテリア雑誌「エル・デコ」が、優れたデザイナーや商品を表彰する「第17回インターナショナル・デザイン・アワード」で、軽井沢のラッタラッタルが、「Japanese Social Design Project」を受賞した。今回から創設された日本版独自の部門賞で、社会貢献度の高いプロジェクトとして評価を受けた。

 ラッタラッタルは、デザイン、クラフトの仕事で、障がい者が自立し生活していくことを目指し、2016年からアトリエを運営。現在23人が作品を描いたり、スウェーデン式の機織りで織物を作るなど活動している。

 指導にあたるアートディレクターの須長檀さんは「賞に恥じぬようより精進したい。この賞が世界各地のエル・デコへ広がり、必要な方のためのデザインが増えれば嬉しく思います」と話した。

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PDF軽井沢新聞7面

PDF軽井沢新聞8面

PAGE TOP