軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞TOPページ

軽井沢新聞 ニュース
軽井沢新聞 ニュース

軽井沢も暑かった7月、農作物への影響は

真夏日計9日も、朝晩は快適

1808_news_natu.JPG 軽井沢発地市庭のレタス、キャベツ。午前中で売り切れることも多い。
 軽井沢の今年7月の平均気温は、1925年の統計開始以来2番目に高い21・9度で、平年値よりプラス2・4度だった。最高気温が30度を超える真夏日は計9日あり、「避暑に来たが、軽井沢も暑い」という東京の別荘客の声も耳にした。

エアコン需要増、農作物にも影響

 これまでエアコンを付けていなかった住宅などに、新設する動きが高まった。ヤマダ電機テックランド軽井沢店によると、エアコンの受注は例年を大きく上回っていて、8月2日時点で設置は一カ月待ちだという。

 暑さに加え、7月13〜27日の降水量が計1㍉だった影響もあり、キャベツ、レタスなどの野菜がなかなか大きくならず、農家の人にとってはやきもきする時間が続いた。発地市庭のキャベツは150円、レタスはサイズなどにより110〜160円(8月7日時点)と例年よりやや高め。発地の農家篠原静雄さんは「それでも我慢して価格は抑えている」と話した。

東京と気温差は

 今年7月中の軽井沢の真夏日(計9日)を対象に、朝6時、昼12時、夜24時の東京(千代田区)と軽井沢(追分)の気温を比べると、全ての日で昼より、朝と夜の方が気温差に開きがあった。7月中で軽井沢の一日の平均気温が最も高かった7月15日を例にみると、12時で東京32・8度、軽井沢29・3度と3・5度度だったが、6時は7・3度、24時は6・5度の開きがあった。

 観光業に携わる女性は「日帰りだと『軽井沢も暑かった』という印象しか残らないかもしれない。軽井沢の良さは泊まってこそわかる」と力を込めて語っていた。

万平ホテル「アルプス館」、町内15件目

登録有形文化財に

1808_news_mampei.jpg
 1936年建設の万平ホテル「アルプス館」が、国の有形文化財に登録されることが発表された。アルプス館は、20世紀初頭にドイツ留学し博士号を取得した建築家・久米権九郎の戦前の代表作とされている。

 久米は昭和初期の建築にとって大きなテーマだった「木造建築の耐震化」に取り組み、45㍉角の柱を2つまたは4つ使って組立てた柱を、梁や筋交いにボルトで締めて組み立てる独自の構法を編み出した。アルプス館はこの「久米式耐震木造構造」でできた貴重な遺構であること、またハーフ・ティンバー風の外観や和洋折衷の室内には建設当初の部材が保存されていることから、「再現するのが容易でないもの」という登録文化財としての価値を備えていると評価された。

 山田敏彦総支配人は「軽井沢の歴史=万平ホテルの歴史と言われるようになることで、そのホテルで働いているという誇りを社員が持ち、モチベーションアップにつなげたい。リゾートホテルの先駆けとして、これからも変わらずお客様をお迎えしていきたい」と登録のきっかけを説明している。正式決定は今秋以降の見込みだ。

軽井沢のもうひとつのお宝とは

幸田シャーミンさん講演

1808_news_sawayaka.jpg 講演する幸田シャーミンさん。
 7回目を迎えた軽井沢さわやか交流会がアイスパークで開催され、ジャーナリストの幸田シャーミンさんが講演を行った。環境問題にも詳しい幸田さんは、軽井沢町の52%が上信越高原国立公園に含まれていることを挙げ、豊かな自然の魅力と動植物との共生について自身の経験や綿密な調査をもとに語った。

 幸田さんは軽井沢と東京の二拠点で生活し、四季を通じて軽井沢に訪れている。自宅にはムササビやリス、コウモリ、キツネなど野生動物が姿を現し、幸田さんの楽しみになっていることを数々の写真と共に説明した。

 また「命の桃源郷」と呼ばれたかつての小瀬林業村を紹介し、森と動物との共生の歴史を伝えた。「上信越国立公園は来年で70周年を迎える。国有林であり、鳥獣保護区でもあるこの場所は、もう一つの軽井沢のお宝。未来へつなげていきたい」と話した。

 また講演会に先立ち、町政施行95周年の式典が行われ、軽井沢町に貢献したとして、消防団のOBやSC軽井沢クラブのメンバー、作家の故内田康夫さんらが表彰された。

首都圏の企業に軽井沢をPR

「リゾートテレワーク協会」設立

1808_news_tere.JPG
 情報通信技術を活用し場所や時間にとらわれずに働く「テレワーク」を推進しようと、軽井沢観光協会、商工会などが7月24日、「軽井沢リゾートテレワーク協会」を設立した。首都圏の企業などに、豊かな自然や多様な人が集う軽井沢の環境をPRし、リゾートテレワークを促して、オフシーズンの誘客や働き方改革に繋げる。

 この日開いた設立式典には、約40の企業・団体などから約120人が参加。式典に出席した総務大臣政務官の山田修路さんは「生産年齢人口が減っていく中、多様な働き方を実現していくテレワークは切り札」。同協会長の土屋芳春さんは「軽井沢は、豊富な人材とコミュニティーを生かせるテレワーク環境に最も相応しい場。ワーカー利用のみにとどまらず、その家族にも満足度を提供できる」と語った。

 今年度は、軽井沢でテレワーク体験合宿を開くほか、東京でも企業間交流の場を設け、軽井沢の情報を発信する。来年度から会員制にし、首都圏の企業・団体を正会員、テレワークを受け入れる側の町内のホテルやカフェなどを一般会員とし、協会が両者を仲介する。

官民連携で機運醸成、受け入れ態勢整備へ

関係閣僚会合の町民会議発足

1808_news_tyoumin.JPG
 主要20カ国・地域(G20)首脳会議に伴い、来年6月15、16日に軽井沢町で開催する「持続可能な成長のためのエネルギー転換と地球環境に関する関係閣僚会合」に向け、官民連携の「G20関係閣僚会合推進町民会議」が7月6日に設立された。事前イベントや歓迎装飾設置などで機運を盛り上げ、受け入れ態勢を整える。

 2016年のG7交通相会合の組織をベースに、観光、交通、金融、教育機関など計37団体で構成する。この日、町役場で開いた設立式典には約40人が出席。事業計画などを決め、意見交換した。出席者からは、会合参加者に家族で来てもらえるよう働きかけ、町内を観光してもらう提案などがあった。

会長に就任した土屋芳春さんは「避暑地・別荘地として130年の歴史を積み重ねてきた経験を最大限に生かし、町民総意で地域らしいおもてなしができれば」と述べた。

「SC軽井沢クラブ」メンバー

それぞれの道で北京五輪目指す

1808_topics_sc.JPG それぞれの道で再出発する「SC軽井沢クラブ」。
 平昌冬季五輪に出場したカーリング男子「SC軽井沢クラブ」は8月2日、4人のメンバー編成ができないため、パシフィック・アジア選手権(PACC)の日本代表を辞退すると発表した。チームは5月のPACC代表決定戦後に清水徹郎さん、平田洸介さんの2選手が退団。

 今後は、両角友佑さん、山口剛史さん、両角公佑さんの3選手のうち、少なくとも1人がSC軽井沢クラブに残りトップチームを牽引。他の2人はそれぞれ新たなチームで活動予定。来シーズンの大会参加登録が始まる10月までには、各所属チームが確定する見通しだ。

 また、チームが所属する「NPO法人スポーツコミュ二ティー軽井沢クラブ」は、欧米のチームにならい、カーリングクラブチームの組織化を行うことも発表。「SC軽井沢クラブ」の名のもと、キッズ、ジュニア、ホープ、トップが活動し、若い世代の育成、世界で活躍するトップカーラーの輩出を目指す。

ドローンの成果発表会、今後の活用に向けて

1808_topics_dorone.JPG ドローンを操縦する参加者。様々な種類のドローンが畑の上空を飛び回った。
 ドローンソフトウェアの開発者育成や農業支援サービスなどを行う「ドローンジャパン」は7月21日、「ドローンソフトウェアエンジニア養成塾」の成果発表会を開催した。20〜60代の塾生8人が、システムを開発して制作したドローンのプレゼンテーションを行い、実際に外で操縦してみせた。デモンストレーションは馬越ゴルフコースや発地で行われ、ボート型や飛行機型のドローンを池の上などで動かした。

 神奈川県から訪れた三根清さんは「ドローンはスマホに使う部品が多く組み込まれ、IT機器と同じであることに関心をもった。今後はさまざまな産業分野に活かしていきたい」と話した。

 同塾はソフトウェア技術者を日本から輩出したいと3年前に開設。軽井沢でソフトウェアの開発をしているランディ・マッカイさんを塾長に、卒業生を約150人輩出。ランディさんは「東京からも近く、自然豊かで開けている土地が多い軽井沢はドローン開発に最適な場所。塾生たちが成長した姿を見ることができて嬉しい」と喜びをあらわした。

 ドローンジャパン代表取締役の勝俣喜一朗さんは年内に軽井沢で一般社団法人を設立して日本のドローンソフトウェア開発をサポートする方針だという。軽井沢でのドローンの活用法について、勝俣さんは「ドローンにカメラやセンサーを取り付けて農作物の生育調査などに活用できる。農業者とともに活用を広げていきたい」と期待している。

「軽井沢の未来と夢を語る」 新しいライフスタイルの提案

1808_topics_forum.jpg 講演する鳩山友紀夫さん。
 共創型まちづくりの推進を目指す国際文化都市整備機構が、第4回目となる講演会&交流会を8月4日友愛山荘セミナーハウスで行った。初めに松平定信さん(元ニュースキャスター)が、堀辰雄が文学の道へ向かう影響を与えた二人のキーパーソンについて講演。続いてCCC代表の増田宗昭さんは、軽井沢書店オープンについても触れ、アンケートの結果でカフェを備えた書店にしたこと、来客は軽井沢よりは港区、目黒区、世田谷区の人が多かったことなどを説明。「森の中に本屋を開きたいという気持ちは変わらない。本丸にとってある」と胸の内も明かした。「新しいライフスタイルの提案」と題した講演では、「これからの教育は『こと』を教える教育へと大きく変わっていく。ISAKがあり、風越学園も予定されている軽井沢はこれからの教育のメッカになり得る。いずれは知的資本のシェアリングである大きなスケールの図書館を作りたい」と夢を語った。その後は團紀彦さん(建築家)の「共生の思想と軽井沢における展開」、泊三夫さん(博報堂前顧問)の「続・脳養地としての軽井沢」、岡崎哲也さん(松竹常務取締役)の「続・エンタメ産業から見た軽井沢」など、3人が軽井沢への提言を行った。最後に会長の鳩山友紀夫さんが「知恵をつなぎ合わせれば昔以上の軽井沢になれる」と結び、会場は庭園へと移り交流会が行われた。

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PDF軽井沢新聞7面

PDF軽井沢新聞8面

PAGE TOP