軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞TOPページ

軽井沢新聞 スペシャル
軽井沢新聞 スペシャル

軽井沢で出会った人々 vol.3 広川小夜子(軽井沢新聞編集長)

映画の世界を語りついだ人 荻昌弘さん(映画評論家)

私が出会った.jpg 荻昌弘さん
 1960年代、石原裕次郎の邦画やアラン・ドロンの洋画など、映画館はいつも観客でいっぱいだった。昨年の話題作『君の名は。』のような現象が毎日続いていたと言っても過言ではないほど、映画は日本人のレジャーの中心だった。
 当時、マスコミに登場して映画の解説をする映画評論家も注目を集めていた。人気映画評論家と言えば、「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」と消えていく淀川長治さん、元祖玉ねぎヘアの「小森のおばちゃま」こと小森和子さん、金曜ロードショーの水野晴郎さん、そして落ち着いた語り口が好評の荻昌弘さん。荻昌弘さんは太郎山に別荘があり、多忙な生活にもかかわらず、頻繁に訪れていた。映画評論家の他、料理研究家としての仕事にも追われていたようだ。
 私が荻さんを訪ねたのは、1983年の春。静かな木立に囲まれた別荘は、当時はまだ珍しい北欧製のログハウス。夏だけ過ごすというのがこの頃の別荘スタイルだったので、時間を見つけては秋も冬も軽井沢で過ごすという別荘生活は珍しかった。「ここに来て、暖炉に火を焚いたり、仕事をしたり、レコードを聴いたりするのが一番解放されます。精神的にあらゆるものから解放されて初めてマイペースに戻ります。だから来たくて、来たくてしようがない」と話す荻さんの言葉が心に残っている。「いつも仕事に追われているからこそ、軽井沢の生活が必要」ということは、その後の別荘訪問インタビューでも様々な人から聞かれた。30年前に聞いたこの言葉こそが別荘ライフの原点なのだった。
 荻さんには、軽井沢ヴィネット誌上で『映画放談』と題し、世界各地の映画や映画解説にまつわるエピソードなど興味深い映画談議を掲載させていただいた。軽井沢についても、映画の解説のように柔らかな口調で、しかも鋭い視点で語っている。「賑やかになることは悪いことではないけれど、雑居しては共倒れになる。軽井沢は折り目正しい節度を徹底して守ってもらいたい」
軽井沢の静かな生活を愛した荻さんは、今の軽井沢を見てどのようなシーンとしてとらえるだろうか。

広川小夜子(軽井沢新聞編集長)

軽井沢で出会った人々 vol.02

明治四十四年館.JPG
20161207_154613.jpg (上)「深沢紅子 野の花美術館」は塩沢
(下)「アサマキスゲ」(水彩1991)ポストカードや便箋など、今も人気の深沢紅子の絵。
野の花を描きつづけた人
深沢紅子さん(画家)


1982(昭和57)年の夏、深沢紅子さんは堀辰雄が過ごした旧軽井沢の1412別荘で、野の花を描いていた。作家との交流も多かった深沢さんは川端康成と雲場池を回ったときの思い出を話してくれた。

 「堀(辰雄)さんの詩集に何枚も手書きのカットを入れることになって、スケッチに軽井沢へ来ました。堀さんが都合悪くて来られないときに、代わりに川端さんが案内してくださったの。とても無口な方で、黙って歩いて行くんですね。ときどき立ち止まっては『ここは堀が好きだった』とポツンとおっしゃるの」。すると、深沢さんがスケッチブックを広げて描き始める。「大きな木に鳥が群れていたのを見て『あれも堀が好きそうな木だな』とおっしゃったの」。寡黙な川端が歩く後ろを、深沢さんがスケッチブックを手に歩いて行く。雲場池を回るそんな二人の様子が目に浮かんだ。深沢さんと作家や詩人たちの交流は深く、「持前の才能が詩人たちとの付き合いで深みを増した」と長男の龍一さんも認めている。
 旧軽井沢の1412別荘は深沢さんの夏のアトリエとして使われていた。「昭和16年に堀さんがアメリカ人のスミスさんから買って大切にしていた別荘です。野村英夫さん(詩人)が『これが売りに出ているんです。今、堀さんが買おうと思って努力してお金を集めているところなんですよ』と話していたの。そしてついに堀さんが買って昭和19年までここで仕事をしていました」
 追分に引っ越したあとも堀辰雄は山荘を売らず所有していた。彼は4年しか過ごしていないが、深沢さんは夏のアトリエとして借りて約20年の夏を過ごした。
 家の中に入ると、竹で編んだような珍しい扉が目についた。「それはアンペラ張りです。昔は壁から戸まで全部アンペラ張りでしたが。ボロボロになってしまって今はこれだけ。何しろ、大正8年頃の家ですから」
 「できるだけ直さずにこのままにしておきたい」という堀夫人の意向に合わせて大事に使っていたが、その後、売却の話が持ち上がり、深沢さんは山中湖で過ごすようになった。
 長年過ごした野の花咲く軽井沢の庭は深沢さんの大切な場所だったことだろう。1412別荘は藤巻進さん(現町長)の尽力により、壊されることなく軽井沢高原文庫に移築保存された。堀辰雄の愛した山荘であるが、私には、深沢紅子さんの笑顔が浮かぶ『別荘訪問第1号』の思い出の場所でもある。

深沢紅子(1903~1993)
盛岡市生まれ。22歳のときに「二科展」に入賞し、女性第1号としてマスコミに注目される。堀辰雄はじめ作家や詩人たちと交流を深め、昭和39年頃から軽井沢で夏を過ごす。「深沢紅子 野の花美術館」が盛岡市と軽井沢町塩沢にある。

広川小夜子(軽井沢新聞編集長)

軽井沢で出会った人々 vol.01

img-X28134343.jpg 深沢紅子さん。1982年、旧軽井沢で撮影。
はじめに
 軽井沢には素晴らしい人々との出会いがある。有名、無名に限らずそれぞれ独特の世界観を持ち活躍している人が多い。私が『軽井沢ヴィネット』という高原誌を始めたきっかけも、そうした人々との出会いの中から生まれたものだった。
 1986年、「避暑地・軽井沢」100周年記念のキャッチフレーズは「自然が好き、人が好き、だから軽井沢」だった。自然が素晴らしい所なら信州にはたくさんある。しかし、国内外から多くの人々が集まり、小さな村が国際的な避暑地・別荘地としての歴史を持つようになった所というのは、稀な場所ではないだろうか。軽井沢がそこまで名声を得たのは、避暑地として夏を過ごし、この地を大切に思ってくれた人々がいたからこそと言える。
 では、どんな人が訪れ、どんな生活をしていたのかというと、明治・大正時代はともかく、戦後から現代はあまり記録が残っていない。避暑地150周年、200周年の記念の年にはそうした記録が必要になる。この地に文化的、芸術的な面で足跡を残した人々について伝えることは、後世の人々にとっても知りたいことに違いない。
 現代のような時の流れの速さの中では、事実がどんどん風化していく。それを考えると、私が40年の間に「別荘訪問」などの取材で出会った人々を記録する必要があるのかもしれないと思っている。

野の花を描きつづけた人
深沢紅子さん(画家)

 私が画家の深沢紅子さんを訪ねたのは1982(昭和57)年の夏。初めての「別荘訪問」の取材だった。別荘は堀多恵子さん(作家・堀辰雄夫人)から借りている、あの有名な1412の杉皮張りの山荘。庭にはフシグロセンノウやキスゲ、マツムシソウなどたくさんの花が咲いていた。
「私はこの別荘へ、花を描きたくて来るんですよ」
 深沢さんの描く野の花の絵は堀辰雄や立原道造の詩集の装丁として知られていたが、仕事というよりは軽井沢での生活を楽しみながら、好きな絵を描くという雰囲気が感じられた。このとき堀や立原、津村信夫など作家や詩人とのエピソードを語っていただいたが、中でも雲場池を一緒に回ったときの川端康成の思い出は印象的だった。(続く)
バックナンバー バックナンバー

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PDF軽井沢新聞7面

PDF軽井沢新聞8面

PAGE TOP