軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞TOPページ

軽井沢新聞 ニュース
軽井沢新聞 ニュース

聖パウロ教会など歴史的建造物30件を認定

軽井沢ブループラーク60件に

1806_news_suzuki.jpg ヴォーリズ建築の旧鈴木歯科診療所(国登録有形文化財、非公開)。今回認定の30件のうち、8件は国登録有形文化財。
 昨年に引き続き、今年も軽井沢ブループラークに認定する建造物が決定した。ブループラークは英国で150年ほど前から始まった制度。歴史的な出来事があった建物や、著名人と関わった家などに銘板を設置し、その建物の歴史などを継承していくことを目的としている。昨年は、ショーハウスなど30件を軽井沢町が認定した。

 今回の認定は、明治39年にダニエル・ノーマンらによって設立されたヴォーリズ建築のユニオンチャーチや、軽井沢のランドマークともいえる万平ホテルアルプス館、聖パウロ教会など、既に公開されている建物が9件、非公開の個人別荘が21件の計30件。

 6月18日の認定式で、所有者または代理人に「KARUIZAWA HERITAGE」の文字や建物の由来の入った青白2色のプレートが手渡される。昨年に続き、選定から認定・設置の交渉まで行った軽井沢ナショナルトラスト・アドバイザーの木下裕章さんは「ブループラークを付けることは、語り継いでほしい物語を後世に残すための具体的な方法。軽井沢は多くのエピソードの上に成り立っている特異な町であることの証明となります」と、ブループラークの持つ意味を強調した。また、当初から担当してきた軽井沢町教育委員会の島田尚美さんは「所有者が変わってもこの銘板によって価値を理解してもらい保存につなげられたらいいですね」と話している。

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PDF軽井沢新聞7面

PDF軽井沢新聞8面

PDF軽井沢新聞9面

PDF軽井沢新聞10面

PDF軽井沢新聞11面

PDF軽井沢新聞12面

PAGE TOP