今年のクリスマスイベントは

今年のクリスマスイベントは 今年もオープニングには花火があがる。
(矢ヶ崎公園グラウンド)

 軽井沢町内の各所で11月下旬から、クリスマス関係のイベントが始まる。
 11月28日には、毎冬恒例の「軽井沢・冬ものがたり」がスタート。オープニングセレモニーでは初の試みとして、例年の矢ヶ崎公園イルミネーションに代わり、軽井沢駅前本通り(駅入口交差点~東雲交差点付近)を歩行者天国(13時~19時交通規制)にして、「軽井沢クリスマス・マルシェ」を開催。信州の特産品などを販売する約25軒のブースが集まる。

 期間中は町内の街灯にオリジナルのバナーを設置、森の動物の人形を使った装飾を施す。今年開館した軽井沢町観光振興センター横のポケットパークにも、矢ヶ崎公園で活躍した電飾オブジェが登場する予定だ。

 恵みシャレー軽井沢では、サンタクロースに扮した宣教師が毎週末登場する、宣教師が
拓いた町・軽井沢らしい催しも企画されている。
「今年はお祭りのように賑やかにするので、子供から大人まで楽しんで欲しい」と実行委員の園部悦子さん。


星野エリアでは静かで厳かなイベントも

 星野エリアの軽井沢高原教会では、11月28日から「聖なる森のクリスマス」を開催する。教会前には6メートルのもみの木のツリーを飾り、2000個のランタンとキャンドルに毎日灯りをともす。「クリスマスキャロルと牧師による説教を聞く音楽礼拝や、ハンドベルの演奏などは、伝統的なクリスマスの雰囲気を感じられると思います」と広報の斉藤あずささん。(クリスマスイベント詳細については7面を参照)。

関連記事

    人気の記事