軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞TOPページ

軽井沢新聞 ニュース
軽井沢新聞 ニュース

現新一騎打ち、8年ぶりの軽井沢町長選挙

藤巻氏3選 投票率は大幅ダウン

1902_news_senkyosen01.JPG 当選の知らせを受け花束を手に、笑顔を浮かべる藤巻氏。 1902_news_senkyosen03.png
 任期満了に伴う軽井沢町長選は1月27日投開票が行われ、無所属で現職の藤巻進氏(67)=塩沢=が、前町議で新人の西千穂氏(45)=中軽井沢=を破り、3回目の当選を果たした。投票率は44・61%で、過去最低だった8年前の64・0%を大幅に下回った。

 藤巻氏は当選の一報を聞くと、支持者と万歳して喜びを分かち合い「2期8年の実績を自信に変え、この町をぐいぐい引っ張り、攻めの町政でさらに豊かな町にしていきたい」と3期目の決意を語った。

 一方、選挙事務所で結果を受けた西氏は、集まった支持者に感謝を示し「残念な結果だが、精一杯の訴えをさせて頂いて、いくらか問題提起にはなったかと思う」と話した。

候補者選び、どこを重視?
 期日前投票に訪れた人に、候補者選びで重視した点について聞いた。藤巻氏に一票を投じた新軽井沢の90代女性は「以前からよく知っているし、現町政に不満はない」。同じく大日向の10代男性は「町長としての実績がある。変化より安心」。一方、西さんに投票した中軽井沢の40代男性は「町民の意見を聞いてくれそう。世代も近く身近に感じた」と語った。

 どちらの候補者に投票したかは不明だが「小学生の子どもがいる。子育て支援の充実を重視した」(下発地の40代女性)。「観光地としての今後のあり方を考え、スポーツ合宿の誘致を進めてくれそうな人を選んだ」(借宿の50代男性)。「自分の描く軽井沢の将来像と近い」(鳥井原の40代女性)などを投票理由に挙げる人がいた。

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PDF軽井沢新聞7面

PDF軽井沢新聞8面

PAGE TOP