御代田町、タブレット端末を中学3年生へ貸与

 御代田町は5月22日、オンライン用のタブレット端末を購入し中学3年生に貸し出すと発表した。休校による遅れを取り戻すため家庭学習に活用してもらう。新型コロナ感染拡大の第2波で、再び休校になる可能性も視野に入れた。端末購入費など総事業費は約1042万円で、自主財源で賄う。文科省は全小中学生に学習用パソコンを配備する「GIGAスクール構想」を本年度内に進める方針。今回購入の端末は来年4月以降、役場職員、議員が活用するという。

関連記事

    人気の記事