「緑の景観賞」 受賞者を表彰

2012_news_midori.JPG 前列左から竹花工業の小林秀司さん、髙田彩さん、中丸美繪さん、神田紀代子さん。
 軽井沢町は11月11日、「第12回軽井沢緑の景観賞」優秀賞のハンナフラガーデン(施主:髙田彩さん・設計:竹花工業)と、特別賞の中丸邸(施主:中丸美繪さん・設計:神田紀代子さん)を表彰した。施主と設計者へ、建物に設置するプレートなどを町長が手渡した。

 「軽井沢緑の景観賞」は、自然保護、景観形成に努めた模範となる建築事業を周知しようと、2008年度より実施。今回は5件の応募があった。

 長野県建築士会名誉会長で、認定に携わった出澤潔さんは、ハンナフラガーデンについて、「敷地の高低差をうまく使い、建物の存在を感じさせないほど自然に溶け込み、庭の手入れも行き届いている」。中丸邸は「周囲の自然と建物が上手く調和している」と評した。

 髙田さんは「庭を毎年楽しみにしてくれている方が、受賞を喜んでくださっていることが嬉しい。続けてきて良かった」と微笑んだ。

関連記事

    人気の記事