軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 2/19 “絵のような美しい庭を”ピクチャレスク・ガーデン事業、3月より始動

2/19 “絵のような美しい庭を”ピクチャレスク・ガーデン事業、3月より始動

2009年2月19日 14:50

 軽井沢絵本の森美術館は、軽井沢に以前から自生する植物や宿・?草類を中心とした自然の庭園を作る「ピクチャレスク・ガーデン事業」に3月から着手する。“ピクチャレスク”は絵のように美しい、という意味。2010年5月の完成を目指し、同美術館敷地内3000平方mに“絵を観賞しているかのような”庭を騾 りあげる。

 庭騾 りを手がけるのは日本在住17年になる、英国生まれのガーデンデザイナー、ポール・スミザーさん。敷地内に生えるカラマツやニセアカシを剪定し、軽井沢の原種系植物などを植花。切り・?や浅間石なども置き、苔やシダの自生も促す。入口から美術館や図書館へは、庭園をゆっくり楽しんでもえるよう、曲がった道を幾つも繋げる予定縺 。

 スミザーさんは 「驕 くのものでなく、身近にある自然の野草や材料を使って、色々な発見を楽しんでもらえる庭にしたい」、同館館長土屋芳春さんは「段々と庭が美しくなっていく、その施工過程を楽しんでもらえると嬉しい」と話している。

 将来的には、同園が所有する風越公園アリーナ手前までの土地を自然庭園として整備し、敷地内にオーガニックレストランやガーデンコテージなどを建て、新たなライフスタイルを提案していく構想もある。

(写真はスライドを使い構想を発表するスミザーさん)

最近の記事

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

「軽井沢で暮らしたい人は覚悟を持って」と軽井沢町長

アーカイブ

PAGE TOP