軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 今年、睡鳩荘を彩るのは、ラベンダーピンクの大輪のバラ

今年、睡鳩荘を彩るのは、ラベンダーピンクの大輪のバラ

2012年6月14日 13:37

120624-01.JPG
 軽井沢タリアセンは6月14日から7月8日まで、薔薇を楽しむ恒例のイベント「薔薇の祭典」を行う。約200種1800・?のバラが咲く、園内のイングリッシュローズ・ガーデンの薔薇が見・?を迎え、期間中は様々な催しが行われる。

 メインイベントは、華道家・假屋崎省吾さんが、旧朝吹登水子別荘「睡鳩荘」を花で彩る『假屋崎省吾の世界 in 軽井沢』。假屋崎さんの名が付いた新品種のラベンダーピンクのバラ“Shogo ELEGANT”や、世界で初めて開発した青色系カーネーション“繝 ーンダスト”が登・?。これらの花を使い、假屋崎さんがどのように睡鳩荘で優美な世界を創り出すか、例年以上に期待も高まっている。館内展示500円(入園料別)。写真は昨年の展示風景。

 他にも以下のような多彩な催しを予定。

●自然と空間のフラワーデザイン 
日時:6/14(木)~7/8(日)
植物デザイン的芸術家・逡 山秀樹さんがデザインするフラワーオブジェが園内を彩る。

●花の宝石箱体験 
日時:6/14(木)~7/8(日)(火・木を除く)11:00~15:00
アイスフラワーを使ったフラワーアレンジメント。参蜉 費2000円~。

●薔薇を愛でる食べる~花の薬効できれいになる~
日時:6/27(水)10:30~「バラの花びらジャ繝 作り体験と花料理試食茶会」。参蜉 費は2100円。定員20名(要予約)。14:00~「バラの潤いと美肌水作りとアフタヌーンティー」。参蜉 費2500円。定員20名(要予約)。

問い合わせ:TEL0267-46-6161(軽井沢タリアセン)

最近の記事

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

「軽井沢で暮らしたい人は覚悟を持って」と軽井沢町長

アーカイブ

PAGE TOP