軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 花やバレリーナモチーフに50点 ロシア出身画家、日本初の作品展開催中

花やバレリーナモチーフに50点 ロシア出身画家、日本初の作品展開催中

2015年6月24日 13:58

150624.JPG
 ロシア出身の画家ラブレンティ・ブルーニさんの作品展「震える魂〜花とバレリーナ」が7月27日まで、軽井沢ニューアートミュージアム1階のギャラリーで行われている。ブルーニさんの絵に興味を持った同ミュージアムの関係者が話を持ち掛け、日本では初めてとなる作品展が実現した。

 練習着姿でつま先立ちするボリショイ劇場のバレリーナなど、今展のために描いた新作は9点。他にも、絵の具を厚塗りして無数の赤い花びらを立体的に表現した作品など計50点の油彩・水彩を展示している。ブルーニさんにとって花というモチーフは、心の感情を表現する手段の一つ。自然に咲く花ではなく、自身の内面にある花の姿を描いている。

 会場を訪れたブルーニさんは「バレリーナは幼い頃から厳しいトレーニングを積み重ね、外見はもちろん、内面の美しさに磨きをかける。手をかけるほど、美しく育つのは花も同じ。内面から湧き出るバレリーナの美しさを感じてほしい」と話していた。TEL0267-46-8691(軽井沢ニューアートミュージアム)

(写真:作品の前に立つラブレンティ・ブルーニさん)

最近の記事

冬の軽井沢が舞台のドラマ『カルテット』、エキストラ募集

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

アーカイブ

PAGE TOP