バス転落事故から半年、多くのひとが献花に

DSC_0011.JPG
 学生ら15人が亡くなったスキーツアーバス転落事故から半年を迎えた7月15日、献花台のある現場には多くの人が足を運び、犠牲者の冥福を祈った。午前11時、軽井沢安全協会の7人は花束を持って訪れ手を合わせた。依田寿男会長は「真相を究明して頂いて、二度とこのような悲惨な事故が起こらないように祈るのみ」と話した。

関連記事

    人気の記事