直木賞作家の藤田宜永さん逝去

2002_news_hujita.jpg
 ハードボイルドや恋愛小説などのジャンルで人気作を発表した、直木賞作家の藤田宜永さんが1月30日、右下葉肺腺がんのため、佐久市の病院で死去した。69歳だった。1986年に『野望のラビリンス』で小説デビュー。1990年に、妻で作家の小池真理子さんとともに軽井沢町に移住。2001年に『愛の領分』で直木賞を受賞。軽井沢が大雪に見舞われた2014年の体験に着想を得た『大雪物語』で、吉川英治文学賞を受けた。

関連記事

    人気の記事