やぶ刈り実行委、東信森林管理署と協定

2003_news_yabukari.JPG
 軽井沢国有林やぶ刈り実行委員会と東信森林管理署が2月28日、協定を結んだ。同委員会は2007年から毎年、野生動物とのばったり遭遇防止、美しい景観づくりのため、東信森林管理署の協力のもと、森林整備ボランティアを実施。協定締結により両者の役割を明らかにし連携をさらに強める。委員会が活動してきた西部小北の国有林約26haを「松ぼっくりの森」と命名。整備を継続し、森の役割や楽しみ方を伝えるイベントを行うために森林を活用していく。

関連記事

    人気の記事