「劇団かリス」に社会参加章 詐欺防止活動が評価

2011_news_karis.JPG
軽井沢町防犯組合連合会の女性部役員でつくる「劇団かリス」が、内閣府の「社会参加章」を受けた。高齢者向けに特殊詐欺被害防止の寸劇を続ける活動が評価された。劇団は2013年から特殊詐欺の手口を描いた紙芝居を始め、15年からはより臨場感を与えられるよう、寸劇を敬老会などで披露し詐欺被害防止を呼びかけている。代表者の堀口千津子さんは「名誉なこと。受章に負けないよう、活動していきたい」と話していた。

関連記事

    人気の記事