「CO2排出実質ゼロ」へ、ロードマップ公表

 軽井沢町は3月12日、2050年までに「CO2排出実質ゼロ」を実現するため、具体的な方向性を示したロードマップを公表した。水素ステーションの設置や、燃料電池車、電気自動車の普及に取り組み、往来する車すべてのクリーンエネルギー化を目指すとしている。ほかには森林の適切な管理、高断熱・高気密住宅の促進などに取り組む。ロードマップは、町ホームページで公開している。

関連記事

    人気の記事