軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢別荘物語

千ヶ滝別荘地 中区

2015年10月15日 11:52

軽井沢別荘物語 第23回


美しい自然に心やすらぐ軽井沢の別荘地


軽井沢は日本を代表する別荘地と言われています。
明治時代に、外国人宣教師が1軒の別荘を建てたことから別荘地としての歴史が始まりました。
それから125年以上を経た今、軽井沢に建つ別荘は約14000軒。軽井沢町の町民世帯数が約8800世帯(2012年)ということを考えると、いかに別荘地としての存在が大きいかが分かります。
軽井沢の別荘地としての特徴は、町全体が別荘地であるということ。蓼科や伊豆、箱根など各地にある別荘地は、町の一部分だけで全体ではありません。
しかし軽井沢は、どの道を行っても別荘へと続く・・・。

別荘へと続く道をたどってみましょう。
そこには軽井沢らしい風景が広がっています。


千ヶ滝別荘地


千ヶ滝別荘地は、大正7年に西武グループの創始者・堤康次郎が
この中区から開発したと言われています。

IMG_0559%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG

中軽井沢駅から北軽井沢へ向かう国道146号線から千ヶ滝温泉を
中心にした古くからの別荘住民が多い場所です。


IMG_0562%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG



IMG_0563%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG


管理事務所によると、千ヶ滝別荘地には3300から3400もの
戸数がありその1割くらいが定住しているとのこと。



IMG_0558%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG

セゾン現代美術館があり、



IMG_0557%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG

その前にある沼にはカモが気持ちよさそうに泳いでいます。
四季折々の美しさを絵や写真に収める人たちが訪れます。



せせらぎの森別荘地

2015年5月14日 12:10

軽井沢別荘物語 第22回



せせらぎの森別荘地


万平ホテルの裏手の高台にある静かな別荘地。せせらぎの森別荘地は、昭和42年ころに(株)レイクニュータウンによって開発されました。
区画は約400区画あり、人形作家やお料理の先生、オリンピックの選手など有名人もお住まいのようです。


sese01.jpg

旧軽井沢銀座からヴォーリズレーンを進み、細いけれど舗装された道をどんどん上ると別荘地入口を示す赤いレンガの門が見えてきます。この門は(株)レイクニュータウン開発の別荘地でよく見かけます。


sese02.jpg

門を入ると眺望が広がっています。
旧軽井沢銀座からそれほど遠くない距離とは思えない静かな森です。




sese03.jpg


せせらぎ通り、みはらし通り、からまつ通りなどの名前の看板がみられます。
建物は傾斜を利用しての2~3階建てがほとんどで、趣向をこらした家や個性的な家もあり、比較的新しいものが多いように感じます。



sese04.jpg

ここから幸福の谷へと歩いて散策も気持ちよさそう。



sese05.jpg

管理事務所の横に見事な八重桜が咲いていました。




太郎山別荘地

2014年11月14日 16:04

軽井沢別荘物語 第21回


太郎山別荘地

中軽井沢駅から18号線を小諸方面へ行くと「ゆうすげ温泉」手前の向かい側に太郎山別荘地の看板があり、そこを入ると太郎山別荘地の案内図が、用水沿いに見えてきます。風の音と水の流れの音、何処かで落ち葉を掃く音が聞こえています。
戦後、開発された小規模な別荘地。映画評論家の荻昌弘さんが暮らしていたことでも知られています。大学教授や音楽家、陶芸家シナリオライターの別荘が木立の中に点在し、軽井沢らしい風景が続いています。



IMG_0410.JPG


IMG_0397.JPG

わずかに残っている紅葉も見ることができました。




IMG_0209.jpg


別荘地内は起伏に富み、葉が落ちた木々の間から山並みも見えます。迷って入った車も登って一回りして降りる事が出来るようになっています。


IMG_0213.jpg

この日は風が強く、道に積もった落ち葉が舞いあがっていました。


太陽の森別荘地

2014年8月22日 15:26

軽井沢別荘物語 第20回


太陽の森別荘地


IMG_0338%E3%81%AE%EF%BC%91.jpg




万平通りに「太陽の森」の小さな看板があり、横道を進むと大きな看板のある管理棟が見えてきます。
旧軽井沢の東に位置する高台にあるため、眺めが良く夜は眼下に広がる町の灯りがきれいです。


IMG_0343%E3%81%AE%EF%BC%92.jpg



別荘地によく見られるUターンのできる箇所もあり、急傾斜のこのあたりではとても便利です。
昭和50年くらいから開発された別荘地で、ほとんどが別荘ですが、定住の方の家も数軒あります。

IMG_0340%E3%81%AE%EF%BC%93.jpg



途中のガードレールが緑色です。
軽井沢では、木製のガードレールや、こげ茶色のガードレールなども見かけますが、緑色というのも周りの木々に同化してなかなか良いアイデアかもしれません。



IMG_0339%E3%81%AE%EF%BC%94.jpg




この日は雨だったため、木々が緑を増し、コケも一層艶やかで美しく見えます。
夏の賑やかな軽井沢ですが、この場所は静かで涼しく別荘ならではの過ごし方を満喫できそうですね。




上ノ原別荘地

2014年5月19日 10:49

軽井沢別荘物語 第19回


上ノ原別荘地

%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AB%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B9%E9%80%9A%E3%82%8A%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg


中軽井沢駅からロイヤルプリンス通り沿いに広がる上ノ原別荘地。中軽井沢の商店街や駅にも近く、緑多い環境で、人気があります。芸術家や学者の別荘も多く、国際的に活躍する俳優の別荘も。






%E6%97%A7%E3%83%97%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B9%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.jpg


丁字路の突き当たりに天皇皇后両陛下がかつてご利用された皇室専用の千ヶ滝プリンスホテルがありました。







IMG_0260%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG

ロイヤルプリンス通り脇道に入ると、唐松林の細い砂利路が続いています。









IMG_0258%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG


新しい別荘が建つ中にも大木の林が残っています。通りから少し入っただけですが、シーンと静かでした。




三度山別荘地

2014年1月22日 11:28

軽井沢別荘物語 第18回


三度山別荘地


IMG_0177-1.jpg

新渡戸通りからささやきの小道へ。すぐに右へ曲がって上がっていくと、そこが三度山別荘地。先日降った雪が路地裏に残り、凍っています。








IMG_0183-2.jpg


くねくねの登り道はところどころ雪がありワダチができ、運転しづらいので気をつけて上っていきます。









IMG_0180%E4%B8%89%E5%BA%A6%E5%B1%B1.jpg

この季節も静かで美しいのですが、春にはきっとすばらしい緑に包まれることでしょう。








IMG_0179-3.jpg

三度山別荘地からささやきの小道を通って万平通りへ。右はサナトリウムレーン(ささやきの小道)。左は堀辰雄の道(フーガの道)へと続きます。








小倉の里別荘地

2013年12月25日 11:36

軽井沢別荘物語 第17回

小倉の里別荘地

IMG_0160-1.jpg

小倉の里別荘地は、風越公園の先に広がる広大な別荘地です。
長野県開発公社が1969年に開発・分譲、一般の車が通り抜けできないことから、静かで広さもあるのに独立しています。
今年の春に完成した門表に1969の年号が刻まれています。






IMG_0167-2.jpg

ハウス№の看板が古い白いものと新しいこげ茶色が混在しているハウス№の看板。









IMG_0161-3.jpg

雑木林もあちこちに残り、今も土地の販売の案内看板などがあります。









IMG_0163-4.jpg

日陰の道は雪も残り、凍っているので運転は注意が必要です。









IMG_0169-5.jpg

任意加入の「小倉の里会」があり、お便りが掲示板に張り出されていました。別荘地内を車で走っていると、町内パトロール中というステッカーを付けた車とすれ違い、なんだか安心して過ごせそうな場所だと感じました。






沓掛平別荘地

2013年11月22日 13:24

軽井沢別荘物語 第16回


沓掛平別荘地


IMG_0123-1.jpg


18号バイパスに沓掛平別荘地A地区入口とB地区入口があります。






IMG_0113-2.jpg


この別荘地の所有者が集まって1962年(昭和37年)に軽井沢沓掛平会を設立し、道路の整備や町営水道、電気の敷設などを行ったそうです。
2005年(平成17年)に沓掛平自然環宣言を制定し、環境保護や維持に努めています。






IMG_0117-3.jpg


林の向こうに離れ山が見えました。
新しく移り住む人が増えて、環境の変化もありますが、まだまだゆたかな自然が残っている別荘地です。






IMG_0126-4.jpg


電線よりはるか高い木の林が、この別荘地の歴史を語っているようです。





南ヶ丘別荘地(東エリア)

2013年10月25日 10:16

軽井沢別荘物語 第15回
 

南ヶ丘別荘地(東エリア)


IMG_0043.jpg
  
   プリンス通りの晴山ゴルフ場
   駐車場の向かいに南ヶ丘入口
   の小さい看板があります。
   成沢地区との境、南ヶ丘別荘地
   の東エリアです。


   

IMG_0038.jpg
                         

    大きいもみじが赤く色づいています。
    この日は霧と雨で、ぼんやりしていますが。
    ここを左に入ると、、、







IMG_0026.jpg


    舗装されていない道の両側に別荘が
    点在し、紅葉の美しい庭が広がって
    います。
    この先を右に折れたところに社団法人
    「青少年音楽協会」のホール付き合宿所
    ハーモニーハウスがあります。





IMG_0030.jpg

    吉村順三建築のハーモニー
    ハウスの門柱には、日本の
    青少年音楽に力を尽くした
    カニングハムさんの名前が
    きざまれています。
    普段は立ち入りできず、ここまで
    で行き止まり。




IMG_0024.jpg




   別荘地内にある晴山ゴルフ場へ、
   別荘から、カートをひいて出かけ
   る人を見かけることもあります。




三笠別荘地

2013年9月26日 10:54

軽井沢別荘物語 第14回


三笠別荘地


IMG_1041%E4%B8%89%E7%AC%A0%E5%88%A5%E8%8D%98.JPG
  

   落葉松の並木が続く旧軽井沢三笠通り
   から、東側に広がる三笠別荘地。
   昔、分譲販売した頃は、温泉付きの土地
   もあったそうです。





   
IMG_1046%E6%A1%90%E5%B1%B1%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E9%80%9A%E3%82%8A.JPG
                         

    通りから、別荘地に入ると、
    苔むす石積みが続きヒンヤリとし
    た空気に包まれました。
    道の両側には別荘が点在し軽井沢
    らしい風景が広がっています。
    作家の故・辻邦生さんも
    この近くに別荘がありました。




IMG_1049%E6%9C%89%E5%B3%B6%E6%AD%A6%E9%83%8E.JPG

    旧三笠ホテル近くに有島武郎
    終焉地碑があります。
    細い道をふかふかの落葉を
    踏み締めて登ります。
    有島の別荘がここにあった
    のですが、現在は塩沢湖近くに
    移築されています。





IMG_1057%E3%81%8D%E3%81%AE%E3%81%93.JPG


    獣よけの柵にたくさんのキノコを
    発見しました。カラマツやモミジも
    多いので、あと数週間で美しい
    紅葉に包まれるでしょう。




アーカイブ

PAGE TOP