軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞社編集部の記者ブログ

5月の草花と新書店

2018年5月29日 16:06

180529_01.JPG
軽井沢町内のニリンソウ、ヤマブキソウの群生地を訪れました。

180529_02.JPG

今年は開花が早かったため、ピークを過ぎていましたが、

可憐に咲く草花には毎年癒されます。

180529_03.JPG

軽井沢の森の中では、野生のフジが一斉に花をつけていますが、

こちらは下発地のお寺「密蔵院」の藤棚。

180529_04.JPG

夜になると提灯に灯りがともり、全く違った雰囲気が味わえます。

180529_05.JPG

軽井沢町唯一の本屋が3年前に閉店して以来、

住民の待望だった書店、その名も「軽井沢書店」が5月18日、オープンしました。

180529_06.JPG

欲しい本があれば、ネットで注文し家まで届けてくれる時代ですが、

沢山の本の中から、実際に手にとり、読む本を選べる幸せが味わえるのは本屋だけ。

気になる本は併設のカフェで、じっくり試し読みすることもできます。

180529_07.JPG

こちらは、御代田町役場の新庁舎1階に掲げられた、

「大壁画 御代田のまつりー豊穣の祈りー」。

軽井沢町の画家、しのはら義易さんが3年がかりで描きあげ、寄贈しました。

浅間山をバックに、御代田を代表する4つの祭りが、迫力たっぷりに描かれています。

軽井沢の住民は、隣町の庁舎に行く用事はほとんどなさそうですが、

近くに立ち寄った際はぜひご覧ください。

花満開、本物がいいね

2018年5月17日 10:37

DSC_1253.jpg

マリンの朝の散歩コース、湯川公園はツツジの花が満開でとてもきれいです。

マリン「あ、今年は花の咲くのが早いから、もうフジの花が咲いてるよ」


DSC_1258.jpg

フジの花は庭園で藤棚として見ることが多いのですが、軽井沢では野生植物なのです。

大木に巻き付いて咲き、どんどん成長して広がると、巻き付かれた大木は枯れてしまいます。

マリン「こんなにきれいな花が咲くのに、植物も弱肉強食なんだね」

M記者「植物が弱肉強食ってのもおかしいけど、生存競争がきびしいってことね」


DSC_1260.jpg

マリンの家の庭のタンポポをとったところにこんなにスミレが出てきました。

マリン「ステキ!こんなにたくさん咲いた!」

M記者「ここも生存競争ね」

もっと、タンポポを取ろうと思うマリンなのでした。



DSC_1241.jpg
軽井沢新聞5月号が発行になりました。今回はGWをはさんでいた
ために、発行が5日遅れたので、「今月の新聞はまだ?」と思った方も
多かったようです。

今回の『軽井沢で出会った人』は中村真一郎さんですが、
その文学碑はこれです。

とても珍しいガラス製の文学碑。特別、頑丈なガラスでできていて、
緑を映すガラスの中に文字が浮かび上がります。

マリン「でもさ、よく見えないじゃん」

M記者「光の加減で見えないこともあるんだって」

DSC_1240.jpg

そして帰りに植物園横にあるオリンピック記念碑を見てきました。

左が東京オリンピックで馬術競技会場になったとき、右が冬季長野オリンピックで
カーリング会場になったとき、それぞれ実際に使われた聖火台です。

マリン「これは本物だからいいよね」

とマリンはレプリカのイヌクシュクができることを思い浮かべていました。

運の強い木

2018年5月 6日 11:15

DSC_1203縮小.JPG

森の散歩道に、桜草が今年も可憐に咲いています
1205縮小.jpg

マリン記者も今日はGWなので、のんびりお散歩を楽しんでいます。

M記者「GW前半の軽井沢は混雑していましたが、後半も大混雑しそうですよ」

マリン「後半はすごくなりそうって、みんな言っているよ」

M記者「いつもならGWに桜が咲いているんだけど、今年は1週間くらい早くて終わってしまいましたね」

マリン「とってもきれいだったけど、あっという間に終わっちゃった・・・」

M記者「終わってがっかりしている方、今年は1週間早かったから見逃してしまったという人はこちらをご覧ください」
DSC_1140縮小.JPG

これは旧軽ロータリーの桜。

続いて離山通り、ロンギングハウス の枝垂れ桜。
DSC_1136縮小.JPG
マリン「見るたびに、切られなくてよかった!と思うね」

M記者「そうそう、皆さんに桜の木の移植の協力金を呼びかけましたが、このように、無事移植できました。ありがとうございました」

移植の桜縮小.jpg

マリン「どこに移植したの?」

M記者「追分のBESEAの森です。これが、移植後の桜よ。もともと御代田の桜並木62本の1本で、切られる予定だったのを「しいある倶楽部」さんが移植したの。だけど、その場所にコンビニができることになって、また切られるところを前日に移植することができたの」

マリン「すご~い。なんてラッキーなんでしょ!」

M記者「とっても、運の強い木よね。触ってみたら。ご利益あるかもよ」

マリン「うん。その木、見に行きたい」

と、連休後に二人はBESEAの森に行ってみることにしました。

1930年代の軽井沢って?

2018年4月19日 14:13

180419_01.JPG

桜がまさに見頃を迎えている軽井沢ですが、17日の冷え込みで、浅間山が再び冠雪。

白い浅間と桜、冬と春の景色を一度に楽しめて、何だか得した気分です。

180419_00.JPG

軽井沢の情景を歌った1935年発売の「千ヶ滝小唄」に、

再びスポットライトを当てようと活動する、

軽井沢の女性音楽家を取材しました。

この歌は昭和に活躍した歌手、藤山一郎さんと渡辺はま子さんのデュエットソング。

藤山さんは作曲もし、2代目市川猿之助さんが振り付けを担当しています。

こちらに記事も載っているので、ご覧ください。

180419_02.JPG

昭和後半生まれの私にとって、

藤山一郎さん、渡辺はま子さんがどれだけのスターだったか、

わかりかねるのですが、

藤山一郎さんの歌う「青い山脈」は知っていますし、

お二人の紅白歌合戦の出場歴などから、

ただならぬ人たちであることはわかります。

そんな方々が歌う軽井沢の曲があることに驚きましたし、

軽井沢に関わる多くの人に知ってもらえればと思います。

180419_03.JPG

1939年7月に軽井沢で生まれたドイツ人のヤン・ヘンペルさんが、

78年ぶりに軽井沢の地を踏みました。

自身が生まれた軽井沢サナトリウムがあった場所や、

1940年の夏を過ごした貸別荘の跡地、

母がプレーしたという軽井沢会テニスコートなどを訪ねました。

ヤンさんが日本で過ごしたのは0~1才のため、

当時のことは全く記憶にないそうですが、

「生まれた場所に戻ってこれたことに感激している。とても嬉しい」と話していました。

こちらの記事は次号の軽井沢新聞5月号で掲載予定です。

写真は、軽井沢サナトリウム跡地を訪ねたヘンペルさんと妻のメリアンさんです。

ともに、1930年代に関する取材が続いたことで、

当時の軽井沢はどんな風景が広がって、どんな交流があったのか、

想像しながら、しばし感慨にふけってしまいました。

1980年代の旧軽銀座って?

2018年4月 5日 14:34

DSC_1063小さいよ.JPG

マリン「あ、咲いた、コブシが咲いた!」
M記者「やっぱり、今年は咲くのが早かったわね」
と、ようやく春が訪れたことを喜ぶマリンとM記者なのでした。


DSC_1077小さいよ.JPG

二人は会社の隣の公園に来ました。
マリン「ねぇねぇMちゃん、知ってる?この場所にできるんだって」
M記者「え、何が?」
マリン「ほら、なんか人の形した石像」
M記者「あ、今問題になっているイヌクシュクを真似て造るっていう記念碑ね。え!この場所なの?」
マリン「やだな~。せっかく浅間山が素敵に見えるのに、
M記者「そうね、北極圏の道しるべっていうから、
浅間山が背景では合わないかもね」
マリン「あの変わった形の物体はすてきじゃないもん。
ウィスラーならクマがいっぱいいるんだからさ、
クマちゃんの像にしてくれれば可愛いんじゃないの」
M記者「なるほど」
(この話がよくわからない方はこちら


DSC_1067小さいよ.JPG
ランチに入ったレストランでチェンバロを演奏していました。
M記者「あ、チェンバロよ。ヨーロッパの宮殿を思い浮かべるわ」
マリン「チェンバロって?」
マリンが初めて見る楽器です。
演奏者は林小百合さん、
曲目はフランソワ・クープランの「恋のウグイス」。
M記者「まさに軽井沢のこの季節にぴったりのタイトルね。
17世紀の曲なんですって」
と、優雅な音色に感激した二人でした。


ラテイエ小さいよ.jpg

マリン「わぁ~、おいしそう」

会社では、ちょうど、『地図とお店』の
スイーツページをチェックしているところでした。
今年の『地図とお店』はいろいろおもしろいマップが載っています。
中でも「1980年代の旧軽井沢銀座マップ」は興味深い。
昔からの軽井沢を知っている人なら
「あ、この店、行ったことある」「この店、なつかしい!」と
思わず声が出ることでしょう。


P1050337小さいよ.JPG
エリアマップはもちろん、
「別荘地マップ」「癒しの休日マップ」「朝活マップ」
「ほっこりマップ」「道の呼称マップ」「家族で大満足マップ」
などマップと美味しい記事が盛りだくさん。
マリン「軽井沢へ観光に来る人の必需品『軽井沢地図とお店2018』はアマゾンでも買えますよ」
発売は4月20日です。お楽しみに!

枯れ枝ばかりの3月

2018年3月12日 09:46

P1050302.jpg

M記者「軽井沢新聞、発行しました!」

マリン「カーリングのことがいっぱい出ているね」

M記者「そりゃそうよね。オリンピックのカーリング日本代表で出場したのが
SC軽井沢クラブですもの」

マリン「そだね~。みんな、がんばったよね」


P1050307.jpg

M記者「スタイルマガジン春号ももう間もなく発行します。お楽しみに」

マリン「おいしそうなものがいっぱい出ているから、みんな見てね。軽井沢駅や
観光案内所に置いてありますよ」

M記者「遠くの人もスマホで見れるわよ」


P1050303.jpg

明治四十四年館が春オープンしたので行ってみました。

ヴィネット特別版デリスで明治四十四年館を紹介したのですが、そのあとすぐに
冬季休業になっていたのです。


DSC_1030.jpg

M記者「あ、これね。この門は何なのか、その秘密がわかったのよ」

マリン「デリスを見てアタシもわかった」


DSC_1033.jpg

そして、この館のレストランの名物、春の季節しか食べられない
「フキノトウのパスタ」を味わいました。

M記者「フキノトウのほろ苦さとこの香り...『春が来た』という感じよね」

とはいえ、まだまだ緑は何もない枯れ枝ばかりの軽井沢の3月なのでした。

SC軽井沢クラブ帰郷

2018年2月28日 19:20

平昌冬季オリンピックからカーリング男子日本代表、

SC軽井沢クラブの選手、コーチが軽井沢に帰郷しました。

180228_001.JPG

軽井沢駅の自由通路に約350人、

180228_002.JPG

町長への報告で訪れた町役場の駐車場では約300人が、

日の丸を振ったり、スティックバルーンを叩いて選手を出迎えました。

180228_003.JPG

町長の公室には、入りきらないほどの報道陣。

2試合を現地で観戦した町長は「負けた試合もほとんど紙一重。強くなったなと実感した。軽井沢から五輪選手が出たのは名誉なこと」。また、日本女子が銅メダルを獲得するなど、カーリングへの注目が集まっていることから「競技人口の増加に向け、先頭に立って大きな役割を果たしてもらいたい」と、期待を寄せました。

180228_004.JPG

つづく記者会見では、選手一人ひとりが、平昌オリンピックを振り返りました。

4勝5敗で8位という成績に、スキップの両角友佑選手は「これが自分たちの実力」。結果を冷静に受けとめつつも「まだまだ上を目指せると感じたし、さらに上に行きたい」と、前向きな言葉が聞かれました。

サードの清水徹郎選手は、「オリンピックはすごく特別な場所で、毎試合楽しんでプレーできた」。そして、多くの人の声援の中で試合ができたことに「選手として幸せ。応援してくださった全ての方に『ありがとうございました』と伝えたい」と感謝の気持ちを強調。

「自分の実力、練習の成果を十分に発揮できたのは自信になった」と、世界で戦える手応えを口にしたセカンドの山口剛史選手。長野五輪を見て、オリンピックを目指す気持ちになった自分のように「今の子どもたちも、そういう気持ちになってくれたらいい」と、しみじみ語っていました。

リードの両角公佑選手は、五輪の試合中に靴が壊れたり、手袋が破けたりしたことから「思ってもいないようなパワーが知らないうちに出いていた」。結果については「当然悔しい思いはある。次に向かってまた一から努力していきたい」と決意を語りました。

リザーブとしてチームを支えたフィフスの平田洸介選手は、試合に出ていた4人を「かっこいいなと思いながら一試合一試合見ていた」と明かし、オリンピックの経験を「4年後、またその先の競技人生に生かせるように、明日からしっかりと練習していきたい」と前を向きました。

この日、SC軽井沢クラブのコーチとして12年間、チームを見守ってきた長岡はと美コーチが、この五輪を最後に、チームから離れることも明らかに。長岡コーチは「彼らも自立している。世界最高の試合でも自分たちで臨めるし、その辺はしっかり確認してきた」。今後については「彼らに続いてオリンピックに行けるチームを育てたい」と、軽井沢のジュニア育成に力を注ぐ考えが示されました。

180228_005.JPG

SC軽井沢クラブの選手、コーチ、関係者の皆さん、本当にお疲れさまでした。

オリンピックの舞台で、堂々たる戦いを見せてくれた選手たちに、

心からの拍手と、感謝を送りたいと思います。ありがとう!

警察に協力します

2018年2月20日 10:05

DSC_0988.jpg

軽井沢新聞社のドアを開けると、お雛様がこんな風に出迎えてくれます。

マリン「いいね、いいね、会社に来るのが、楽しくなるよね」

M記者「お雛様は3月3日までよ」

マリン「どうして?もっと飾っておこうよ」

M記者「残念だけど。でも3日はマリンの好きな桜餅が食べられる日よ」

マリン「え、桜餅。わ~い!」

お雛様が消えるのは寂しいけど、桜餅が食べられるのはうれしい!

と飛び跳ねるマリンなのでした。

DSC_0886.jpg

カートを買ってもらってゴキゲンなマリン。

なんと、これはベンツのカートなのです。

マリン「高級ベンツだから、しっかりしてとても丈夫なの」

山道でもがたがた道でも平気なのです。

マリン「明日、湯川の木道(もくどう)へ

お散歩に連れて行ってもらうんだ(ニコッ)」

DSC_0992.jpg

あらららら... 雪が積もってしまいました。

さすがのベンツカートも雪では行かれません。

マリン「あ~あ、残念!早く融けてほしい」

雪が大好きなマリンなのですが...。

DSC_0999.jpg

取材から戻ってきたM記者。なぜか、とっても不機嫌そうです。

M記者「見てこの写真」

これは軽井沢警察署の駐車場の木々。去年、ばっさり頭を切って、その無残な姿が
「軽井沢町民憲章でも緑を愛しましょうと言っているのにこんなみっともない姿にして」とか
「町木のコブシを切った」と言われていました。
(当時の写真はこちら)
P1040383.jpg

M記者「この切った枝からこんなに細かい枝が出ているでしょ。みっともないわよね」

確かに細かい枝がもじゃもじゃとたくさん出ています。

M記者「この枝に葉が出てくると、大変なことになるのよ。もっと切るのが大変になるし、
頭でっかちになって木が倒れやすくなるのよ」

マリン「そうよね。そんなこと、警察なのにわからなかったのかな?」

F記者「犯人探しじゃないから、わからなかったんでしょうね」

マリン「アタシに相談してくれれば教えてあげたのに。」

M記者「そうよね。警察には私たち協力しますよ」

モテる男来日

2018年2月 2日 16:22

180202_01.JPG

ピッキオの「ベアドッグ(クマ対策犬)繁殖プロジェクト」にともない、

アメリカのベアドッグ育成機関(WRBI)から、

カレリア犬のオス「リオ」が来日しました。

ピッキオにいるメスのタマとの交配で、

次世代のクマ対策犬の出産、育成にチャレンジします。

180202_02.JPG

プロジェクトの責任者でタマのハンドラー(訓練士)でもある、

ピッキオの田中純平さんによると、

カレリア犬(メス)の発情期間は一年のうちに2週間あり、

オスを受け入れるのは、そのうちのわずか3日間だけ。

180202_03.JPG

ただ「リオ」は、これまでに何度も繁殖を成功させている、

引く手あまたのモテ犬だそうなので、

タマとも良い関係を築き、きっと繁殖を成功させてくれることでしょう。

元気な子犬が沢山、誕生するよう願っています。

「リオ」の話を聞いて思い出したのが、

和歌山県白浜市の動物公園「アドベンチャーワールド」の、

オスのジャイアントパンダ「永明(エイメイ)」。

180202_04.JPG

繁殖が難しいとされるパンダの世界で、娘、息子合わせて14頭の父親。

「飼育下で自然交配し、繁殖した世界最高齢のお父さんパンダ」の記録保持者でもあります。

人間界と同じく犬界、パンダ界にも、モテる男はいるんですね。

雪は降ったけど

2018年1月25日 13:09

P1050256.jpg

東京は大雪で大変でしたね。

マリン「20センチも降ったんだってね。軽井沢はたいしたことないよ、こんな感じ」

これは旧軽井沢六本辻近くの別荘地です。


P1050255.jpg

マリン「南軽井沢はこんな感じ。雪は東京より少なかったみたい」

マリンはつまらなそうです。

マリン「もっと、降らないかな~。今年は雪が少ないよ」

M記者「軽井沢では少なくても、なかなか融けなくて氷になってしまうから大変なのよ。
だからたくさんはいらない」


P1050263.jpg

会社の隣の公園はひっそりと静まり返っています。


P1050266.jpg

ここはマリンの格好の遊び場。少ない雪の中で、存分に楽しんだのでした。



P1050271.jpg

中軽井沢駅の観光案内所に今日は珍しく観光客がたくさんいました。

観光案内所の人「今の時期も観光客が来るけど、お店が閉まっているから、
楽しめるところが少なくてかわいそうなの」

この日は、タリアセンもトンボの湯も万平ホテルも、他にもいろいろなお店が
冬季休業中でした。案内所の人は、冬もがんばって営業しているハルニレテラスを
教えてあげていました。


P1050269.jpg

会社の中は...というと、室内は床暖房でポカポカあったかだし、ヴィネット上巻や
スタイルマガジン春号の制作に追われ、緑の写真に囲まれて気分はもう春なのです。

マリン「早く春にならないかな...。でも、雪ももっと降ってほしいし...」

と、欲張りなマリンなのでした。

アーカイブ

PAGE TOP