軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞社編集部の記者ブログ

秋の装いへ

2019年10月18日 17:44

軽井沢の木々が、徐々に秋の装いへとシフトしています。

191018_01.JPG

雲場池でも、色づきが始まりました。(10月13日撮影)

今後の気候にもよりますが、

本格的な見頃は、来週以降になりそうです。

日本の広い範囲で甚大な被害をもたらした台風19号。

今でも孤立している地域があったり、

行方がわからないままの方がいたりと、

胸が痛む思いで過ごしています。

軽井沢の被害の全容は、

まだはっきりしていませんが、

17日には、停電が全面復旧し、

ホテルやレストランなども通常通り営業を始めています。

そんな中、嬉しいニュースもありました。

軽井沢の「レストランTOEDA」の戸枝忠孝シェフが、

14日に行われた「ひらまつ杯2019」で優勝。

料理のオリンピックと称される、

「ボキューズ・ドール2021」の日本代表に選ばれました。

191018_02.JPG

来春のアジア大会の上位数カ国が、

2021年1月の本選に出場できますが、

「アジアでトップをとれないようでは、世界3位までには入れない。まずはアジアでトップをとることに、春まで全力を尽くしたい」

と、熱く意気込みを語っていました。

軽井沢新聞11月号で、戸枝シェフの記事を掲載予定です。11月11日の発行までしばらくお待ちください。

マツコの知らない世界

2019年7月24日 09:51

DSC_0916.jpg

雨続きだった7月を振り返ってみましょう。

軽井沢は寒くてヒーターやコタツを点けていた日もあったんですよ。

M記者「今年はジェラート屋さんが何軒かオープンしたのに、この天気では...」

マリン「寒くても、アタシ食べに行ったよ」

軽井沢新聞7月号に「つめた~いスイーツ」特集が載っているので、
マリンは片っ端から食べに行ったのでした。

ようやくお天気になって、今日はジェラート屋さんも忙しそうでした。

DSC_0773.jpg

この7月は、編集長と元編集長がテレビに出演して大変でした。

マリン「何が大変だったの?」

M記者「どこへ行っても『見ましたよ』と言われ、あの後、福岡に行ったら、
女性が追いかけてきて、『マツコの番組に出ていた人でしょ』と言われたんだって。
その人も、軽井沢の人がなんで、ここにいるのと思ったでしょうね。
『マツコの知らない世界』って視聴率がすごいのね」

マリン「アタシも出ていたんだけど」

M記者「え?どこに?」

マリン「ほら、ここ!」

IMG_1579.jpg

M記者「あら、ホント。全然気がつかなかったわ」

マリン「失礼しちゃうわ。こんなに可愛く映っているのに(プンプン!)」

映ったのは一瞬だったのです。

DSC_0874.jpg

さて、7月のメインイベントは、軽井沢で一番早い中軽井沢の花火大会でした。

雨が少し降っていたけど、皆さん、最後まで帰らず見物していましたね。

最後の"ナイアガラの滝"が中軽井沢花火大会の名物です。

DSC_0881.jpg

花火好きな軽井沢新聞社もスターマインを提供しました。

マリン「どれがそのスターマインだったのかな」

M記者「多分、一番すてきだった、あのスターマインだと思うわ」

と、勝手にナットクしたのでした。

ピッキオマジック

2019年7月 9日 17:57

190709_00.JPG

森を歩いて季節に応じた様々な生き物との出会いを楽しむピッキオの自然観察ツアー、「野鳥の森ネイチャーウォッチング」に参加しました。

190709_02.JPG

ガイドを務めてくださったスタッフのHさんとKさんが、出合った生き物や、聞こえた野鳥の鳴き声にすぐ反応し、その種類や特徴などを次々と説明してくれます。

数m先で動く何かを見つけ、足早に近づくHさん。

捕まえた手の中から出てきたのは、毒蛇のヤマカガシの子どもでした。

190709_03.JPG

説明によると、ヤマカガシは2種類の毒を持つ珍しいヘビで、そのうち一つは餌のカエルから成分を得ているのだとか。

190709_04.JPG

私、実はヘビは大の苦手。

小さいのであっても、気持ち悪さしか感じたことがなかったのですが、Hさんの手の中にいるヤマカガシには、なぜか好感が持てたのでした。

よく見ると模様もキレイで、時おり舌を出す仕草も、チャーミングに思えてしまうほど。

どうやら、ピッキオマジックにかかってしまったようです。

190709_05.JPG

ウワズミザクラの木に残るクマの爪痕について、Kさんが説明してくださいました。

クマはその季節に合った旬のものを食べるグルメな動物。なので、クマがいる森は植生が豊かである、という話が印象的でした。


ただ、この日、一番印象に残ったのは、

野鳥の鳴き声に耳をすませ、どの種類か探っていたKさんが、「ナツドリの誰かだと思うんだけど...」と言った一言。

どれか、ではなく、誰か。

動物に対する底知れない愛情の深さを感じた瞬間でした。

久々、登場!冬眠から覚めました

2019年5月15日 16:22

M記者「ねぇ、マリン。今までどこに行ってたの?」

マリン「あ~ぁ、よく寝た」

M記者「やっぱり、冬眠していたってのは本当だったのね」

マリン「まだ眠いよ~。△〇×▼□フニャフニャ~」

M記者「何言ってるか、わかんない。さぁ、起きて起きて。出かけるよ」

マリン「は~い」

とやって来たのはここ、軽井沢書店。

IMG_0573.jpg

まだ眠そうな顔をしているマリンです。

マリン「ここは何なの?」

M記者「ヴィネット40周年記念のイベントをやっている軽井沢書店よ。

書店の入り口の車の中にはヴィネットの表紙がいっぱい飾ってあるの」

P1050757.jpg

マリン「わぁ、すごい!いっぱいあるよ」

M記者「40年前の創刊号から今年の上巻まで、全部あるんだって」

マリン「あ、ワンコが表紙のもあるよ」

P1050746.jpg

M記者「私好きなのこれ」

P1050747.jpg

M記者「これはどこの水辺?と思うでしょ。でも軽井沢ツウの人が見ると、

この白い独特な造りの柵で『旧朝吹家別荘の2階から見た塩沢湖』って

わかるのよ」

マリン「へぇ~、アタシ全然わかんない」

P1050749.jpg

M記者「これは編集長のお気に入りの表紙。アンティークな

ロッキングチェアの向こうに見える庭と、暗い室内の難しい撮影に

2時間もかかったんだって」

マリン「ふ~ん、表紙だけでもいろいろ苦労があるんだね」

IMG_0575.jpg

M記者「皆さん、じっくり見てみてください。その時その時の

景色で軽井沢の変化も感じられます」


DSC_0709.jpg

夜はこんな雰囲気で、ひときわ目立っています。

店内では、なかなか買えないバックナンバーも売っています。 


P1050760.jpg

平成、令和、軽井沢

2019年5月13日 17:21

史上最長の10連休となったゴールデンウィーク。

道路は毎日渋滞していた印象ですが、

タクシーの運転手さん情報によると、

「4月30日から5月2日までがピーク。

5月5日はだいぶ減って、6日はばたり」とのこと。

190513_03.JPG

令和初日となった5月1日は、町内でも様々なイベントや、記念品グッズの販売もありました。

190513_04.JPG

軽井沢プリンスホテルフォレスターナ軽井沢は、

新潟県のカップルによる、元号をまたいだ結婚式を開催。

深夜でしたが、40人以上の報道陣がかけつけ、

NHKによる、全国ネットの生放送も。

新郎新婦ともに「目立つのは苦手」とのことでしたが、幸せいっぱいの笑顔を見せてくださいました。

190513_05.JPG

群馬、長野の県境にまたがる熊野皇大神社では、

令和改元を記念した御朱印帳などを頒布。

外には行列ができ、お宮参りで訪れる家族もいらっしゃいました。

190513_06.JPG

しなの鉄道軽井沢駅では「令和記念入場券」を販売。

先頭に並んでいた東京都の男性は、

前日の23時から元号が変わる瞬間も並んでいたそう。

入場券購入後は、群馬県の令和記念鉄道グッズを求めて、横川行きのバスに乗り込んでいきました。


5月15日発行の軽井沢新聞5月号では、

ゴールデンウィークの軽井沢を取材した記事を掲載していますので、

発行になりましたら、ぜひご覧下さいませ。

ヴィネット、地図とお店 発行しました!

2019年4月24日 16:44

DSC_0842.JPG 

「軽井沢ヴィネットvol.124」と「地図とお店2019-2020」を4月19日に発行しました!

ヴィネットの今回の特集は「歌舞伎」。歌舞伎と軽井沢の意外なエピソードが書かれています。

地図とお店は信州食材や軽井沢の四季などの記事を掲載。手に取って読んでみてください。

_DSC7482.JPG

4月も後半に差し掛かり、関東で桜は散ってしまったようですが、軽井沢の見頃はもう少し先。

コブシ、桜ともに花開き始めていますので、見頃は10連休の前半頃でしょうか。

_DSC7594.JPG

4月27日~5月31日に行われる軽井沢スイーツ散歩のレセプションに参加しました。

「軽井沢気品あふれた恋のはじまり」がテーマです。

_DSC7573.JPG

どれも美味しそう。ラズベリーや苺を使った「甘酸っぱい」スイーツ、ナッツなどを使った「ほろ苦い」ケーキを食べてきました。

5種類もいただいて、お腹いっぱいに笑

_DSC7629.JPG

天皇皇后両陛下の軽井沢テニスコートでの出会いをイメージしたケーキをプリンスホテルのパティシエが、

パフォーマンスで作りました(スイーツ散歩のメニューではありません)。

「平成から令和へ」と書かれたチョコがトッピングされています。

あと1週間で元号が変わりますが、平成でやり残したこと、令和でやりたいことはありますか?

私は日本1周の旅行に、いつか行きたいなと思っています。

ヤンバンジー

2019年3月22日 16:08

180322_02.JPG
軽井沢からクルマで約1時間。

来春の完成を目指し建設が進む、群馬県長野原町の八ッ場ダムです。

180322_03.JPG

道路やガードレール、電線なども敷かれたままですが、

一年後には、もう水の中に沈んでしまいます。

ダム完成後は、湖面に観光船や水陸両用バスが走ったり、

カヌーやカヤックなどもできるようになるようです。

周辺には、グランピングやグラウンドゴルフ場などの建設計画もあり、

一帯がアウトドア体験できる場所として整備されます。

180322_04.JPG

来年の本格実施に先がけ今年4月末から、

八ッ場大橋からのバンジージャンプもスタート。

水がない今年は、日本一を誇る高さ100mの竜神大吊橋(茨城県)と、

同等のジャンプを楽しめます。

勇気のある方はぜひお試しを。

スポーツの冬 

2019年2月22日 16:48

_DSC5174.JPG

スポーツは秋のイメージがありますが、軽井沢はカーリング、アイスホッケーと
ウインタースポーツが盛んなため、冬の方が盛り上がります。

2月11~17日に札幌市のどうぎんカーリングスタジアムで行われた日本カーリング選手権で中部電力が優勝。
3月にデンマークで開かれる世界選手権へ出場を決めました。(写真は12月14日撮影)


_DSC6639.JPG

2月16日から行われている世界ジュニアカーリング選手権にSC軽井沢クラブジュニアが挑むため、
8日に壮行会(詳しくはこちら)が行われました。現在も奮闘中です。まだまだ、カーリングから目が離せません。

_DSC6849.JPG
私は2月17日に地上のカーリングとも呼ばれている「ボッチャ」を体験に風越公園総合体育館へ。

_DSC6795.JPG
ボッチャとは、2チームが赤・青のボールを目標球と呼ばれる白いボールに向けて6球投げて、
いかに目標球に近づけられるかを競う競技です。

_DSC6780.JPG

町内や近隣から障がい者、健常者、老若男女、計約50人が体験に来ていました。
私がボッチャをやるのは初めて。ボールを投げる力加減や目標球にどう近づけるか、簡単そうに見えて意外と難しい。
その分、思った通りに投げられたときの爽快感は堪らないですね。



キツネの正体は?

2019年1月25日 13:48

190125_01.JPG
軽井沢は現新一騎打ちとなった、選挙戦の真っただ中。

両陣営の選挙カーが、会社前を行き交っています。

こちらは、折り込みされた両氏の公約が印刷された公報。

告示日の22日、両陣営の第一声を取材しましたので、

こちらも、よろしければご覧ください。

話は変わって、1月11日に開かれた議会本会議後、

議場で「軽井沢御神楽(おかぐら)保存会」による神楽鑑賞会がありました。

この日披露されたのは、

190125_03.JPG

鈴を持った白色の男仮面が、五穀豊穣を願って舞う散米の舞と、

190125_04.JPG

「八咫烏」に厄よけを願って、烏天狗面と白狐面の二人が舞うからすの舞。

通常だと、舞いながらお米や餅を撒くらしいのですが、

議場ということもあり、この日はお菓子を配って回っていました。

190125_06.JPG
実は、白狐面をつけて舞っていたのは、弊社の営業スタッフ。

人出が足りず、急きょお声がかかったのだそう。

190125_05.JPG

太々神楽を伝える「軽井沢御神楽保存会」の水澤貴文さんからは、

会員が足りずに困っているという現状が語られました。

企業にとっても、伝統儀式にとっても、人材不足は深刻な問題ですね。

かるいざわ川柳2018

2018年12月26日 13:30

今年もやってきました。年末恒例「かるいざわ川柳」です。

「か・る・い・ざ・わ」の5文字から始まる川柳で、

2018年の出来事を振り返ります。

ちなみに2015、16、17年の川柳はこちら→20151617

1812senryu01.JPG
「か」 活火山 浅間のレベル 2から1

浅間山の噴火警戒レベルが8月、3年2ヵ月ぶりに、

2(火口周辺規制)から1(火山であることへの留意)へ、引き下げに。

秋には紅葉を楽しみながら、多くの登山者が浅間の頂きを目指しました。

1812senryu02.JPG

「る」 ルポライター 浅見が謎解く 難事件

浅見光彦シリーズで知られる作家の内田康夫さんが3月、

敗血症のため亡くなりました。

闘病中に執筆し未完のままだった『孤道』の完結編は、

一般公募で最優秀賞作品が決定。来春、刊行されるそうです。

1812senryu03.JPG

「い」 一投が 明暗分ける カーリング

カーリング男子、SC軽井沢クラブが平昌五輪に出場し、

4勝5敗の8位という成績を残しました。

女子の銅メダル獲得、流行語大賞「そだねー」など、

全国的にカーリングが注目された一年でした。

1812senryu04.JPG

「ざ」 在庫なし エアコン付く頃 夏終わる

7月は全国的に記録的な猛暑となり、

軽井沢産レタスやキャベツもやや値上がりしました。

町内の電気店にはエアコンの注文が相次ぎ、

設置に一カ月待ちというところも。

1812senryu05.JPG

「わ」 ワンワワン 6頭誕生 元気な子

ピッキオのベアドッグ繁殖プロジェクトで誕生した6頭のうち、

ともにメスの「レラ」と「エルフ」に適性が認められました。

2頭は、2019年5月のデビューを目指し、訓練に励んでいます。(写真提供:ピッキオ)

2018年が良い年だった人も、そうでなかった人も、

2019年が良い年となりますように。

アーカイブ

PAGE TOP