軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞社編集部の記者ブログ

1930年代の軽井沢って?

2018年4月19日 14:13

180419_01.JPG

桜がまさに見頃を迎えている軽井沢ですが、17日の冷え込みで、浅間山が再び冠雪。

白い浅間と桜、冬と春の景色を一度に楽しめて、何だか得した気分です。

180419_00.JPG

軽井沢の情景を歌った1935年発売の「千ヶ滝小唄」に、

再びスポットライトを当てようと活動する、

軽井沢の女性音楽家を取材しました。

この歌は昭和に活躍した歌手、藤山一郎さんと渡辺はま子さんのデュエットソング。

藤山さんは作曲もし、2代目市川猿之助さんが振り付けを担当しています。

こちらに記事も載っているので、ご覧ください。

180419_02.JPG

昭和後半生まれの私にとって、

藤山一郎さん、渡辺はま子さんがどれだけのスターだったか、

わかりかねるのですが、

藤山一郎さんの歌う「青い山脈」は知っていますし、

お二人の紅白歌合戦の出場歴などから、

ただならぬ人たちであることはわかります。

そんな方々が歌う軽井沢の曲があることに驚きましたし、

軽井沢に関わる多くの人に知ってもらえればと思います。

180419_03.JPG

1939年7月に軽井沢で生まれたドイツ人のヤン・ヘンペルさんが、

78年ぶりに軽井沢の地を踏みました。

自身が生まれた軽井沢サナトリウムがあった場所や、

1940年の夏を過ごした貸別荘の跡地、

母がプレーしたという軽井沢会テニスコートなどを訪ねました。

ヤンさんが日本で過ごしたのは0~1才のため、

当時のことは全く記憶にないそうですが、

「生まれた場所に戻ってこれたことに感激している。とても嬉しい」と話していました。

こちらの記事は次号の軽井沢新聞5月号で掲載予定です。

写真は、軽井沢サナトリウム跡地を訪ねたヘンペルさんと妻のメリアンさんです。

ともに、1930年代に関する取材が続いたことで、

当時の軽井沢はどんな風景が広がって、どんな交流があったのか、

想像しながら、しばし感慨にふけってしまいました。

1980年代の旧軽銀座って?

2018年4月 5日 14:34

DSC_1063小さいよ.JPG

マリン「あ、咲いた、コブシが咲いた!」
M記者「やっぱり、今年は咲くのが早かったわね」
と、ようやく春が訪れたことを喜ぶマリンとM記者なのでした。


DSC_1077小さいよ.JPG

二人は会社の隣の公園に来ました。
マリン「ねぇねぇMちゃん、知ってる?この場所にできるんだって」
M記者「え、何が?」
マリン「ほら、なんか人の形した石像」
M記者「あ、今問題になっているイヌクシュクを真似て造るっていう記念碑ね。え!この場所なの?」
マリン「やだな~。せっかく浅間山が素敵に見えるのに、
M記者「そうね、北極圏の道しるべっていうから、
浅間山が背景では合わないかもね」
マリン「あの変わった形の物体はすてきじゃないもん。
ウィスラーならクマがいっぱいいるんだからさ、
クマちゃんの像にしてくれれば可愛いんじゃないの」
M記者「なるほど」
(この話がよくわからない方はこちら


DSC_1067小さいよ.JPG
ランチに入ったレストランでチェンバロを演奏していました。
M記者「あ、チェンバロよ。ヨーロッパの宮殿を思い浮かべるわ」
マリン「チェンバロって?」
マリンが初めて見る楽器です。
演奏者は林小百合さん、
曲目はフランソワ・クープランの「恋のウグイス」。
M記者「まさに軽井沢のこの季節にぴったりのタイトルね。
17世紀の曲なんですって」
と、優雅な音色に感激した二人でした。


ラテイエ小さいよ.jpg

マリン「わぁ~、おいしそう」

会社では、ちょうど、『地図とお店』の
スイーツページをチェックしているところでした。
今年の『地図とお店』はいろいろおもしろいマップが載っています。
中でも「1980年代の旧軽井沢銀座マップ」は興味深い。
昔からの軽井沢を知っている人なら
「あ、この店、行ったことある」「この店、なつかしい!」と
思わず声が出ることでしょう。


P1050337小さいよ.JPG
エリアマップはもちろん、
「別荘地マップ」「癒しの休日マップ」「朝活マップ」
「ほっこりマップ」「道の呼称マップ」「家族で大満足マップ」
などマップと美味しい記事が盛りだくさん。
マリン「軽井沢へ観光に来る人の必需品『軽井沢地図とお店2018』はアマゾンでも買えますよ」
発売は4月20日です。お楽しみに!

枯れ枝ばかりの3月

2018年3月12日 09:46

P1050302.jpg

M記者「軽井沢新聞、発行しました!」

マリン「カーリングのことがいっぱい出ているね」

M記者「そりゃそうよね。オリンピックのカーリング日本代表で出場したのが
SC軽井沢クラブですもの」

マリン「そだね~。みんな、がんばったよね」


P1050307.jpg

M記者「スタイルマガジン春号ももう間もなく発行します。お楽しみに」

マリン「おいしそうなものがいっぱい出ているから、みんな見てね。軽井沢駅や
観光案内所に置いてありますよ」

M記者「遠くの人もスマホで見れるわよ」


P1050303.jpg

明治四十四年館が春オープンしたので行ってみました。

ヴィネット特別版デリスで明治四十四年館を紹介したのですが、そのあとすぐに
冬季休業になっていたのです。


DSC_1030.jpg

M記者「あ、これね。この門は何なのか、その秘密がわかったのよ」

マリン「デリスを見てアタシもわかった」


DSC_1033.jpg

そして、この館のレストランの名物、春の季節しか食べられない
「フキノトウのパスタ」を味わいました。

M記者「フキノトウのほろ苦さとこの香り...『春が来た』という感じよね」

とはいえ、まだまだ緑は何もない枯れ枝ばかりの軽井沢の3月なのでした。

SC軽井沢クラブ帰郷

2018年2月28日 19:20

平昌冬季オリンピックからカーリング男子日本代表、

SC軽井沢クラブの選手、コーチが軽井沢に帰郷しました。

180228_001.JPG

軽井沢駅の自由通路に約350人、

180228_002.JPG

町長への報告で訪れた町役場の駐車場では約300人が、

日の丸を振ったり、スティックバルーンを叩いて選手を出迎えました。

180228_003.JPG

町長の公室には、入りきらないほどの報道陣。

2試合を現地で観戦した町長は「負けた試合もほとんど紙一重。強くなったなと実感した。軽井沢から五輪選手が出たのは名誉なこと」。また、日本女子が銅メダルを獲得するなど、カーリングへの注目が集まっていることから「競技人口の増加に向け、先頭に立って大きな役割を果たしてもらいたい」と、期待を寄せました。

180228_004.JPG

つづく記者会見では、選手一人ひとりが、平昌オリンピックを振り返りました。

4勝5敗で8位という成績に、スキップの両角友佑選手は「これが自分たちの実力」。結果を冷静に受けとめつつも「まだまだ上を目指せると感じたし、さらに上に行きたい」と、前向きな言葉が聞かれました。

サードの清水徹郎選手は、「オリンピックはすごく特別な場所で、毎試合楽しんでプレーできた」。そして、多くの人の声援の中で試合ができたことに「選手として幸せ。応援してくださった全ての方に『ありがとうございました』と伝えたい」と感謝の気持ちを強調。

「自分の実力、練習の成果を十分に発揮できたのは自信になった」と、世界で戦える手応えを口にしたセカンドの山口剛史選手。長野五輪を見て、オリンピックを目指す気持ちになった自分のように「今の子どもたちも、そういう気持ちになってくれたらいい」と、しみじみ語っていました。

リードの両角公佑選手は、五輪の試合中に靴が壊れたり、手袋が破けたりしたことから「思ってもいないようなパワーが知らないうちに出いていた」。結果については「当然悔しい思いはある。次に向かってまた一から努力していきたい」と決意を語りました。

リザーブとしてチームを支えたフィフスの平田洸介選手は、試合に出ていた4人を「かっこいいなと思いながら一試合一試合見ていた」と明かし、オリンピックの経験を「4年後、またその先の競技人生に生かせるように、明日からしっかりと練習していきたい」と前を向きました。

この日、SC軽井沢クラブのコーチとして12年間、チームを見守ってきた長岡はと美コーチが、この五輪を最後に、チームから離れることも明らかに。長岡コーチは「彼らも自立している。世界最高の試合でも自分たちで臨めるし、その辺はしっかり確認してきた」。今後については「彼らに続いてオリンピックに行けるチームを育てたい」と、軽井沢のジュニア育成に力を注ぐ考えが示されました。

180228_005.JPG

SC軽井沢クラブの選手、コーチ、関係者の皆さん、本当にお疲れさまでした。

オリンピックの舞台で、堂々たる戦いを見せてくれた選手たちに、

心からの拍手と、感謝を送りたいと思います。ありがとう!

警察に協力します

2018年2月20日 10:05

DSC_0988.jpg

軽井沢新聞社のドアを開けると、お雛様がこんな風に出迎えてくれます。

マリン「いいね、いいね、会社に来るのが、楽しくなるよね」

M記者「お雛様は3月3日までよ」

マリン「どうして?もっと飾っておこうよ」

M記者「残念だけど。でも3日はマリンの好きな桜餅が食べられる日よ」

マリン「え、桜餅。わ~い!」

お雛様が消えるのは寂しいけど、桜餅が食べられるのはうれしい!

と飛び跳ねるマリンなのでした。

DSC_0886.jpg

カートを買ってもらってゴキゲンなマリン。

なんと、これはベンツのカートなのです。

マリン「高級ベンツだから、しっかりしてとても丈夫なの」

山道でもがたがた道でも平気なのです。

マリン「明日、湯川の木道(もくどう)へ

お散歩に連れて行ってもらうんだ(ニコッ)」

DSC_0992.jpg

あらららら... 雪が積もってしまいました。

さすがのベンツカートも雪では行かれません。

マリン「あ~あ、残念!早く融けてほしい」

雪が大好きなマリンなのですが...。

DSC_0999.jpg

取材から戻ってきたM記者。なぜか、とっても不機嫌そうです。

M記者「見てこの写真」

これは軽井沢警察署の駐車場の木々。去年、ばっさり頭を切って、その無残な姿が
「軽井沢町民憲章でも緑を愛しましょうと言っているのにこんなみっともない姿にして」とか
「町木のコブシを切った」と言われていました。
(当時の写真はこちら)
P1040383.jpg

M記者「この切った枝からこんなに細かい枝が出ているでしょ。みっともないわよね」

確かに細かい枝がもじゃもじゃとたくさん出ています。

M記者「この枝に葉が出てくると、大変なことになるのよ。もっと切るのが大変になるし、
頭でっかちになって木が倒れやすくなるのよ」

マリン「そうよね。そんなこと、警察なのにわからなかったのかな?」

F記者「犯人探しじゃないから、わからなかったんでしょうね」

マリン「アタシに相談してくれれば教えてあげたのに。」

M記者「そうよね。警察には私たち協力しますよ」

モテる男来日

2018年2月 2日 16:22

180202_01.JPG

ピッキオの「ベアドッグ(クマ対策犬)繁殖プロジェクト」にともない、

アメリカのベアドッグ育成機関(WRBI)から、

カレリア犬のオス「リオ」が来日しました。

ピッキオにいるメスのタマとの交配で、

次世代のクマ対策犬の出産、育成にチャレンジします。

180202_02.JPG

プロジェクトの責任者でタマのハンドラー(訓練士)でもある、

ピッキオの田中純平さんによると、

カレリア犬(メス)の発情期間は一年のうちに2週間あり、

オスを受け入れるのは、そのうちのわずか3日間だけ。

180202_03.JPG

ただ「リオ」は、これまでに何度も繁殖を成功させている、

引く手あまたのモテ犬だそうなので、

タマとも良い関係を築き、きっと繁殖を成功させてくれることでしょう。

元気な子犬が沢山、誕生するよう願っています。

「リオ」の話を聞いて思い出したのが、

和歌山県白浜市の動物公園「アドベンチャーワールド」の、

オスのジャイアントパンダ「永明(エイメイ)」。

180202_04.JPG

繁殖が難しいとされるパンダの世界で、娘、息子合わせて14頭の父親。

「飼育下で自然交配し、繁殖した世界最高齢のお父さんパンダ」の記録保持者でもあります。

人間界と同じく犬界、パンダ界にも、モテる男はいるんですね。

雪は降ったけど

2018年1月25日 13:09

P1050256.jpg

東京は大雪で大変でしたね。

マリン「20センチも降ったんだってね。軽井沢はたいしたことないよ、こんな感じ」

これは旧軽井沢六本辻近くの別荘地です。


P1050255.jpg

マリン「南軽井沢はこんな感じ。雪は東京より少なかったみたい」

マリンはつまらなそうです。

マリン「もっと、降らないかな~。今年は雪が少ないよ」

M記者「軽井沢では少なくても、なかなか融けなくて氷になってしまうから大変なのよ。
だからたくさんはいらない」


P1050263.jpg

会社の隣の公園はひっそりと静まり返っています。


P1050266.jpg

ここはマリンの格好の遊び場。少ない雪の中で、存分に楽しんだのでした。



P1050271.jpg

中軽井沢駅の観光案内所に今日は珍しく観光客がたくさんいました。

観光案内所の人「今の時期も観光客が来るけど、お店が閉まっているから、
楽しめるところが少なくてかわいそうなの」

この日は、タリアセンもトンボの湯も万平ホテルも、他にもいろいろなお店が
冬季休業中でした。案内所の人は、冬もがんばって営業しているハルニレテラスを
教えてあげていました。


P1050269.jpg

会社の中は...というと、室内は床暖房でポカポカあったかだし、ヴィネット上巻や
スタイルマガジン春号の制作に追われ、緑の写真に囲まれて気分はもう春なのです。

マリン「早く春にならないかな...。でも、雪ももっと降ってほしいし...」

と、欲張りなマリンなのでした。

2018年最初の取材は

2018年1月12日 19:42

本年も軽井沢新聞社編集部記者ブログを、よろしくお願いします。

180112_01.JPG

2018年最初の取材は、戌年にふさわしく、警察犬の嘱託書交付式でした。

警察犬指導手の加藤友香さんが所有する、

ゴールデンレトリバーのイーファ(メス・1才)は、今年が警察犬デビュー。

彼女の出番がないのが一番ですが、出動の際は大いに力を発揮してほしいですね。

180112_02.JPG

軽井沢町在住で中学3年のジュニアゴルファー平木亜莉奈さんが、

2017年の戦績を報告しに藤巻町長のもとへ。

平木さんは、町長推薦で出場した昨年8月の女子プロツアー

「NEC軽井沢72ゴルフトーナメント」で、

アマチュアトップの32位に入り「ベストアマチュア賞」を獲得。

12月の「IMGA世界ジュニアゴルフ選手権・フロリダチャレンジ」(15~18歳の部)で

優勝するなど、年間を通じ好成績が残せたことを伝えました。

2018年の目標は「プロの大会で、もっと多くの人に知ってもらえるような成績を残したい」とのこと。

日本を、さらには世界を、あっと言わせる活躍をこれからも期待しています!

180112_03.JPG

軽井沢町議会が1月12日、気軽に議場へ足を運んでもらおうと、

本会議終了後に、議場コンサートを初めて開催しました。

軽井沢ファミリーオーケストラのメンバー5人が、

「ヴィバルディ 四季 冬より2楽章」「愛のあいさつ」

「見上げてごらん夜の星を」など、アンコール1曲を含む全8曲を演奏。

傍聴席だけでは席が足らず、議員席も開放され、約70人が演奏に聞き入りました。

演奏が始まると、議場の重々しい空気が一変、コンサート会場にいるかのようでした。

取材した記事は、軽井沢新聞2月号(2月7日発行)でも掲載予定です。

ぜひご覧くださいませ。

2017年 お疲れ様でした

2017年12月28日 13:31

DSC_0943.jpg今年もあと数日ですね。
皆さんにとって、2017年はどんな年でしたか?       
マリン「アタシは、今年もよく食べ、よく寝て、
もちろん、よく仕事もして、楽しい年でした。
クリスマスもたくさんケーキをいただきました!幸せ...」


P1050248.jpg

今年は軽井沢新聞も皆さんにたくさん読んでいただきました。
マリン「アタシの4コマ漫画も見てくれてありがとう。今出ている軽井沢新聞では、
アタシの夢が出ています。ちょっと恥ずかしい夢なんだけど、まだ見ていない人は
ぜひ、見てね!」



P1050246.jpg

2017年、ヴィネットは上巻を4月に発行、下巻を7月に発行しました。

M記者「上巻では建物ウオッチング名人、テレビでおなじみの渡辺篤史さんが登場する
『別荘探訪』が好評でした。すばらしい別荘でしたね」

マリン「アタシもグルメ取材をいっぱいしたよね」

M記者「下巻は特集が『どんな軽井沢を知っていますか?』。あなたの知らない意外な
軽井沢も出てきましたか?」

マリン「浅間山の特集でも、『知らなかったことがわかった』ってお便りがあったね」




P1050192.jpg

はて、この写真は何でしょう。見覚えのある人もいるかもしれません。
これは塩沢湖近くにある門です。渋くてカッコいいちょっと変わった門ですよね。
なぜ、ここにあるのでしょう?その謎を知りたい方は、こちらを...



P1050250.jpg

M記者「こちらが今発売中のヴィネット特別版『デリス』です。この中の32ページを
読むとこの謎がとけますよ。明治四十四年館を移築したいきさつも詳しく知ることが
できますので、ぜひご覧ください」

お求めはこちら

マリン「ヴィネット上下巻もデリスも、アマゾンなどネット書店で買えます。軽井沢なら
スーパーツルヤでも販売中」

M記者「来年も軽井沢のおもしろ情報、深掘り情報、フレッシュ情報をお伝えします」

マリン「アタシもがんばりま~す!来年もよろしく」

かるいざわ川柳2017

2017年12月20日 14:49

年の瀬恒例?「か・る・い・ざ・わ」の5文字から始まる川柳で、

2017年を振り返りたいと思います。

15、16年の川柳はこちら→。2015 2016

「か」 開花した 不吉?吉兆? 笹の花

5月末、千ヶ滝西区の八間さんのお宅で、笹に花がつく珍しい現象が起きました。

笹の開花は、悪いことが起こる前触れとの言い伝えもありますが、

八間さんは「温泉が湧き出るとか、何かいいことがあるといい」と、前向きでした。

171220_01.JPG

「る」 ルビーより 輝くメダル ピョンチャンで

4月のカーリング世界選手権でポイントを獲得し、

ピョンチャン冬季五輪出場を決めたSC軽井沢クラブ。

五輪期間中は、試合のTV中継を軽井沢アイスパークで観戦する、

パブリックビューイングもあるようです。

ピョンチャンへ行けない人は、軽井沢からエールを送りましょう。

171220_02.JPG

「い」 一生に 松に松田に ひかりきた

1~3月にTBS系列で放送されたドラマ「カルテット」は軽井沢が舞台でした。

松たか子さん、満島ひかりさん、高橋一生さん、松田龍平さん演じる、

4人のワケあり演奏家の共同生活は、多くの人を夢中にしました。

カインズホームの撮影では、隣接する弊社をスタンバイ場所として使って頂きました。

171220_03.JPG

「ざ」 ザーザーと 雨降りショー祭 室内で

軽井沢を避暑地として見出したA.C.ショーら、軽井沢の先人を讃える「軽井沢ショー祭」。

今年は途中から雨が強まり、18回目にして初めてショー記念礼拝堂に場所を移して開催。

あとちょっとで20回だっただけに、記録が途絶えてしまったことはザンネンですね。

171220_04.JPG

「わ」 ワイルドに 大鍋パエリア 召し上がれ

スペイン・バスク地方で盛んな男性倶楽部に倣い、

6月に、軽井沢・男子美食倶楽部が発足しました。

軽井沢発地市庭で開かれた「信州・美食マルシェ」で、

大鍋のパエリャが来場者に振る舞われ、3回作って、3回とも行列ができる大盛況でした。

171220_05.JPG

来年も、みなさまにとってハッピーに溢れた一年になりますように。

アーカイブ

PAGE TOP