軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞社編集部の記者ブログ

ヴィネット、地図とお店 発行しました!

2019年4月24日 16:44

DSC_0842.JPG 

「軽井沢ヴィネットvol.124」と「地図とお店2019-2020」を4月19日に発行しました!

ヴィネットの今回の特集は「歌舞伎」。歌舞伎と軽井沢の意外なエピソードが書かれています。

地図とお店は信州食材や軽井沢の四季などの記事を掲載。手に取って読んでみてください。

_DSC7482.JPG

4月も後半に差し掛かり、関東で桜は散ってしまったようですが、軽井沢の見頃はもう少し先。

コブシ、桜ともに花開き始めていますので、見頃は10連休の前半頃でしょうか。

_DSC7594.JPG

4月27日~5月31日に行われる軽井沢スイーツ散歩のレセプションに参加しました。

「軽井沢気品あふれた恋のはじまり」がテーマです。

_DSC7573.JPG

どれも美味しそう。ラズベリーや苺を使った「甘酸っぱい」スイーツ、ナッツなどを使った「ほろ苦い」ケーキを食べてきました。

5種類もいただいて、お腹いっぱいに笑

_DSC7629.JPG

天皇皇后両陛下の軽井沢テニスコートでの出会いをイメージしたケーキをプリンスホテルのパティシエが、

パフォーマンスで作りました(スイーツ散歩のメニューではありません)。

「平成から令和へ」と書かれたチョコがトッピングされています。

あと1週間で元号が変わりますが、平成でやり残したこと、令和でやりたいことはありますか?

私は日本1周の旅行に、いつか行きたいなと思っています。

ヤンバンジー

2019年3月22日 16:08

180322_02.JPG
軽井沢からクルマで約1時間。

来春の完成を目指し建設が進む、群馬県長野原町の八ッ場ダムです。

180322_03.JPG

道路やガードレール、電線なども敷かれたままですが、

一年後には、もう水の中に沈んでしまいます。

ダム完成後は、湖面に観光船や水陸両用バスが走ったり、

カヌーやカヤックなどもできるようになるようです。

周辺には、グランピングやグラウンドゴルフ場などの建設計画もあり、

一帯がアウトドア体験できる場所として整備されます。

180322_04.JPG

来年の本格実施に先がけ今年4月末から、

八ッ場大橋からのバンジージャンプもスタート。

水がない今年は、日本一を誇る高さ100mの竜神大吊橋(茨城県)と、

同等のジャンプを楽しめます。

勇気のある方はぜひお試しを。

スポーツの冬 

2019年2月22日 16:48

_DSC5174.JPG

スポーツは秋のイメージがありますが、軽井沢はカーリング、アイスホッケーと
ウインタースポーツが盛んなため、冬の方が盛り上がります。

2月11~17日に札幌市のどうぎんカーリングスタジアムで行われた日本カーリング選手権で中部電力が優勝。
3月にデンマークで開かれる世界選手権へ出場を決めました。(写真は12月14日撮影)


_DSC6639.JPG

2月16日から行われている世界ジュニアカーリング選手権にSC軽井沢クラブジュニアが挑むため、
8日に壮行会(詳しくはこちら)が行われました。現在も奮闘中です。まだまだ、カーリングから目が離せません。

_DSC6849.JPG
私は2月17日に地上のカーリングとも呼ばれている「ボッチャ」を体験に風越公園総合体育館へ。

_DSC6795.JPG
ボッチャとは、2チームが赤・青のボールを目標球と呼ばれる白いボールに向けて6球投げて、
いかに目標球に近づけられるかを競う競技です。

_DSC6780.JPG

町内や近隣から障がい者、健常者、老若男女、計約50人が体験に来ていました。
私がボッチャをやるのは初めて。ボールを投げる力加減や目標球にどう近づけるか、簡単そうに見えて意外と難しい。
その分、思った通りに投げられたときの爽快感は堪らないですね。



キツネの正体は?

2019年1月25日 13:48

190125_01.JPG
軽井沢は現新一騎打ちとなった、選挙戦の真っただ中。

両陣営の選挙カーが、会社前を行き交っています。

こちらは、折り込みされた両氏の公約が印刷された公報。

告示日の22日、両陣営の第一声を取材しましたので、

こちらも、よろしければご覧ください。

話は変わって、1月11日に開かれた議会本会議後、

議場で「軽井沢御神楽(おかぐら)保存会」による神楽鑑賞会がありました。

この日披露されたのは、

190125_03.JPG

鈴を持った白色の男仮面が、五穀豊穣を願って舞う散米の舞と、

190125_04.JPG

「八咫烏」に厄よけを願って、烏天狗面と白狐面の二人が舞うからすの舞。

通常だと、舞いながらお米や餅を撒くらしいのですが、

議場ということもあり、この日はお菓子を配って回っていました。

190125_06.JPG
実は、白狐面をつけて舞っていたのは、弊社の営業スタッフ。

人出が足りず、急きょお声がかかったのだそう。

190125_05.JPG

太々神楽を伝える「軽井沢御神楽保存会」の水澤貴文さんからは、

会員が足りずに困っているという現状が語られました。

企業にとっても、伝統儀式にとっても、人材不足は深刻な問題ですね。

かるいざわ川柳2018

2018年12月26日 13:30

今年もやってきました。年末恒例「かるいざわ川柳」です。

「か・る・い・ざ・わ」の5文字から始まる川柳で、

2018年の出来事を振り返ります。

ちなみに2015、16、17年の川柳はこちら→20151617

1812senryu01.JPG
「か」 活火山 浅間のレベル 2から1

浅間山の噴火警戒レベルが8月、3年2ヵ月ぶりに、

2(火口周辺規制)から1(火山であることへの留意)へ、引き下げに。

秋には紅葉を楽しみながら、多くの登山者が浅間の頂きを目指しました。

1812senryu02.JPG

「る」 ルポライター 浅見が謎解く 難事件

浅見光彦シリーズで知られる作家の内田康夫さんが3月、

敗血症のため亡くなりました。

闘病中に執筆し未完のままだった『孤道』の完結編は、

一般公募で最優秀賞作品が決定。来春、刊行されるそうです。

1812senryu03.JPG

「い」 一投が 明暗分ける カーリング

カーリング男子、SC軽井沢クラブが平昌五輪に出場し、

4勝5敗の8位という成績を残しました。

女子の銅メダル獲得、流行語大賞「そだねー」など、

全国的にカーリングが注目された一年でした。

1812senryu04.JPG

「ざ」 在庫なし エアコン付く頃 夏終わる

7月は全国的に記録的な猛暑となり、

軽井沢産レタスやキャベツもやや値上がりしました。

町内の電気店にはエアコンの注文が相次ぎ、

設置に一カ月待ちというところも。

1812senryu05.JPG

「わ」 ワンワワン 6頭誕生 元気な子

ピッキオのベアドッグ繁殖プロジェクトで誕生した6頭のうち、

ともにメスの「レラ」と「エルフ」に適性が認められました。

2頭は、2019年5月のデビューを目指し、訓練に励んでいます。(写真提供:ピッキオ)

2018年が良い年だった人も、そうでなかった人も、

2019年が良い年となりますように。

合併号、出ました!

2018年12月14日 17:12

P1100800.jpg

マリン「皆さん、こんにちは。いつもお手紙やメールをありがとう」

11月号の記事「コスモス5本採って窃盗犯?」には

たくさんのお手紙や電話をいただきました。

「信じられない」「本当のことなの?」と言われますが、

本当のことです。

「それじゃあ、私もうちの子もみんな窃盗犯になっちゃう」と

驚く人も。軽井沢ではコスモスとマーガレットは雑草同然ですから。

マリン「アタシは食べちゃうよ」

M記者「え?食べちゃう?」

マリン「食べたら証拠残らないもん」

この記事はこちら

マリン「もうすぐ、軽井沢新聞12月と1月の合併号が発行になりま~す。お楽しみに。



今日は軽井沢在住の小宮山洋子さんの受勲のお祝&   DSC_2224.jpg  

女性会の忘年会のランチパーティの日です。

「小宮山さん、おめでとうございます!」

厚生労働大臣を務めたときの功績によって

『旭日重光章』を受けられたのです。

M記者「初めて見ました、すご~い!」

二つあるのは、一つは肩からかけて、

もう一つは胸につけるのだそうです。

政治に関する役職で顕著な功績をあげた人に

授与されるというもので、このとき、『旭日重光章』を

受章した女性は小宮山さんだけでした。


DSC_2235.jpg

この日のランチのデザートプレートにもお祝いの言葉が。

M記者「嬉しいデザートね」

マリン「あ、早く食べないとアイスが溶けちゃうよ...」


DSC_1875.jpg

さて、翌日。

M記者「え、ここは害虫駆除の会社?」と見まごうばかりのカーペット。

実はここは軽井沢町役場の玄関。

M記者「どう見ても害虫駆除の会社の玄関でしょ」

マリン「だよね!」

M記者「害虫駆除だからでなくても、有名リゾート地の

町役場の玄関が広告ド~ンでは恥ずかしい」

マリン「役場はそんなにお金に困っているの?」

M記者「そんなことないでしょ。別荘からの

固定資産税がたくさん入ってくるんだから」

軽井沢の役場に広告はいらないと思う、M記者とマリンなのでした。


DSC_2239.jpg

12月、1月合併号が発刊になりました。

M記者「2018年を振り返る、が特集です。

暑かったことや、平昌オリンピック、事件、

事故のことなど載ってま~す」

マリン「思い出して読んでね」



marin (250x179).jpg

マリン記者は食いしん坊のトイプードルです

江戸時代の建物で12月も営業

2018年11月26日 09:40

DSC_2191.jpg

あちこちクリスマスの雰囲気が漂ってきました。

前回は軽井沢駅のクリスマスツリーを紹介したので、

今日は中軽井沢駅のツリーを紹介します。


DSC_2192.jpg

中軽井沢駅は外にある時計台の飾りに注目です。

M記者「あんな高い所、飾るなんて大変。どうやるんでしょう」

マリン「サンタクロースが空から来て飾ってくれるんじゃないの」


DSC_2202.jpg

追分へ出かけたマリンとM記者。追分郷土館へ行くと

「ポール・ジャクレー展は11月11日で終わりました」

と言われ、ガッカリ。

M記者「やっとヒマになったから行こうと思うと、

もう終っているということが多いのよね、私たち」

閑散としている追分ですが、この季節も頑張って

営業しているお店もあります。

ここは雑貨のお店『ままごと屋』さん。

マリン「古い建物だね」

M記者「この建物は江戸時代のものなの。すごいでしょ」

マリン「すご~い、江戸時代の建物でもしっかりしてる」

江戸時代の建物は、当然断熱材なんて入っていないから

寒さはしのげません。でも、寒さにめげずに12月も

営業するというから、たくましいですね。

マリンはこのお店で、1回150円つかみ取りのビー玉を買いました。

M記者「それは食べられないわよ」


DSC_2197.jpg

追分宿の街道を歩いていくと、所々に木箱が立っているのを発見。

マリン「な~に、これ。中に本が入っているよ」

M記者「あ、これが噂の『夢の箱』か」

マリン「夢?」

M記者「ここにある本は誰でも借りることができるの。

本を欲しい人は代わりの本と交換することもできるの」

マリン「グッドアイデア!自由にお菓子を持って

行ける箱ならもっといいんだけど。

サンタクロースが作ってくれないかなぁ~」


marin (250x179).jpg

マリン記者は食いしん坊のトイプードルです

坂道、いる?いらない?

2018年11月12日 10:15

DSC_2121.jpg

今年の軽井沢の紅葉は最高にきれいでした。

マリン「ほら、見て見て。すっご~くきれいなモミジ」

南原の松並木通りで見つけたモミジは真紅に輝いていました。


DSC_2126.jpg

別荘の庭は落葉に埋もれて、絨毯を敷き詰めたよう。

晩秋の軽井沢ならではの風景です。

M記者「松並木通りはいつも静かだけど、今日は車が全然通らないわね?」

それもそのはず、塩沢通りが工事中なので、いつもより車が通らないのです。


DSC_2128.jpg

M記者「あ、そうか。この工事ね。」

マリン「ねぇ、ねぇ、何の工事なの?みんな通れなくて困っているよ」

M記者「新幹線の上を通る道路だから、坂になっている所があるでしょ。

冬は凍って危ないから、凍らないようにする改修工事なんだって」

マリン「ふ~ん。いつになったら通れるの?」

M記者「2月28日までって書いてある」

マリン「え~、そんなに~」

M記者「凍ったのが融けるかどうか、チェックするんじゃないの」

だから厳寒の2月までなんですね、きっと。(推測ですが)

工事の人も寒くて大変です。

M記者「軽井沢って不便!」

マリン「坂道、造らなきゃいいじゃん」

M記者「え~、それも、不便になるかも」


DSC_2112.jpg

M記者「もう秋も終りね」

マリン「ということは、そろそろクリスマス。わ~い!」

こちらは軽井沢駅のクリスマスツリー。

かなり早くから飾ってありました。

マリン「早く、来い来い、クリスマス」

マリンの頭の中に広がったのは、サンタさんとクリスマスケーキなのでした。

秋日和、軽井沢を散策

2018年10月30日 10:52

P1050700.jpg

紅葉がちょうど見ごろの美しい軽井沢。

万平ホテルのモミジもとってもきれいです。

土曜日、日曜日は大勢の人でにぎわっていました。

マリン「マラソンがあって、6000人も走ったんだって」

M記者「どおりで、道路がめっちゃ混んでいたわ」

まだしばらくは美しい風景が見られます。

週末は混むので、平日がおすすめです

P1120489.jpg

マリン「でも、どんどん葉が落ちているから、

早くしないと枯れ枝しか、みられなくなるよ」

会社の庭はこんなに枯葉だらけ。

DSC_2093.jpg

マリン「すご~い。集めてTさんちへ持って行こう」

毎年、ご近所さんへ畑の肥料に持っていくのです。

今日は大きな袋が3つもできました。

マリン「去年は枯葉が大根に変わったんだよ」

ご近所さんが枯葉のお礼にと大根を持ってきてくれたのです。

今回は翌日、春菊をいただきました。

落葉が役立った上に、フレッシュな野菜に代わって

大喜びのマリンなのでした。

_DSC4129.jpg

土曜日は軽井沢ヴィネットの別荘ツアー。毎年人気のツアー、

今回はキャンセル待ちの方も何人かいらっしゃいました。

ブループラークの調査や選定にあたった軽井沢ナショナルトラスト会員の

木下裕章さんの案内で、登録有形文化財やブループラークに認定された

ところを巡ります。

ヴォーリズ建築のユニオンチャーチを内部見学。

P1050713.jpg
正面の壇上には窓があり、四季折々の景色が見える教会

というのは、全国的にも珍しいそうです。

壇上の演題が軽井沢彫(桜模様ではなく、草花)というのも、

歴史の風格を感じさせてくれます。

DSC_2080.jpg

翌日も気持ちの良い秋日和になりました。

「ハーモニーハウスの庭をめぐり紅葉を楽しむ」

という軽井沢BESEAのイベントに参加しました。

エロイーズ・カニングハムさんが

日本の子どもたちが音楽を学ぶために造ったという家。

その広い敷地の紅葉を眺め、

造園家の鈴木美津子さんから自然にまつわる話を伺い、

茶話会もあって、楽しいひと時を過ごしました。

DSC_2074.jpg

これは、エロイーズカフェのオムレツ。いつの間にか、

ビッグでふわふわのスフレオムレツに変わっていたので、

その大きさにびっくり!真っ白なオムレツの中には

ほうれん草とスモークチキンが入っていました。

キノコ豊作につき

2018年10月 9日 14:43

181009_001.JPG

181009_02.JPG

181009_03.JPG

街全体としては、まだまだ緑が多いものの、

落ち葉が徐々に増え、道端のイチョウやモミジも

黄や橙に色づき始めています。

今年はキノコが豊作のようで、スーパーの野菜売り場には、

信州産の大ぶりのマツタケが、ずらりと並んでいます。

豊作とはいえ、サンマと違って、それなりの値段がするのがマツタケ。

エンゲル係数を跳ね上げてしまうため、気軽には手を出せません。

ならば自力でと、湯川ふるさと公園を散策して見たものの、

181009_04.JPG

こんなのや、

181009_05.JPG

こんなのや、

181009_06.JPG

こんなのなど、一目で食べたら危険とわかるものばかり。

それはそうと、今年はキノコ採りに出かけた人の遭難事故が多発。

8月以降、長野県内で既に10人が亡くなっています。

いくら採れるとはいえ、マツタケよりも命のほうが大事です。

これから山に入る人は気を付けてほしいと思います。

アーカイブ

PAGE TOP