軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー
軽井沢新聞 スペシャル

「軽井沢で狂言10周年」を支えてきた

井上燎治さんに聞く

樋の酒 万作1.jpg 野村万作さん 018.jpg 野村萬斎さんと石田幸雄さん。 DSC_0139.JPG 井上燎治さん。
今年の公演は、舞台で笛を吹く場面も
 人間国宝の野村万作さんとテレビでもおなじみの野村萬斎さんは毎回出演。10年続けてきただけに軽井沢の公演には思い入れも強いという。野村万作さんは「軽井沢の公演は、お客さんとの距離が近く、観客の心が舞台に伝わってとても演じやすい」と話している。
 今回の演目は3番あり、狂言では珍しく関東を舞台にした「入間川」、にぎやかな狂言古舞がいくつも登場する「樋の酒」。もう一つの演目「吹取」では実際に舞台で笛を吹く場面が話題を呼んでいる。

軽井沢夏の宵の狂言
8月6日(土)18:00~ 軽井沢大賀ホール
全席指定S席7000円 A席5000円 B席4000円
チケットは大賀ホール、チケットぴあで販売。
TEL043-238-4808(燎の会)

 能楽師の井上燎治さんが軽井沢大賀ホールに関心を持ち、どんなホールなのかと見に行ったのが11年前。5角形のホールは客席との距離が近く、桧造りの舞台で手を叩いてみると素晴らしい響きだった。井上さんは直観的に、ここなら能・狂言の良い公演ができると思った。館長に話すと、もともと洋楽中心のホールだったので、日本の古典芸能の公演は予想外だったようだが、「それはすばらしい」と賛同してくれた。翌年には野村万作・萬斎親子、人間国宝の梅若玄祥さんも出演して「能と狂言」を上演。超満員の観客に大賀ホールの事務局も驚いたという。しかし、3年目には入場者が4割に落ち込んだ。大赤字となり井上さんは転換をせまられることとなる。これでは続けていくことは難しくなると思った井上さんは、能を止め、わかりやすくて楽しめる狂言だけの演目にした。この企画は好調に進み「夏の宵の狂言」は定着していった。一昨年は町長も開演前に挨拶し、姉妹都市カナダのウィスラー市長も観劇した。毎夏、楽しみに訪れる別荘客や住民のリピーターが井上さんの励みになっている。
 また、公演とは別に能・狂言の体験教室を行ってきた。狂言の親しみやすさを知ってもらい、古典芸能との距離を縮めるのが目的だった。「くだけた形で古典芸能を知ってもらい、ここから発信していきたい」。10周年へ向けて、今日も井上さんは千葉の自宅と軽井沢を往復する。

フランス・シャンパンを楽しむイベント

テタンジェウィークス in Karuizawa開催

ピエールテタンジェ.jpg ピエール・テタンジェ image001.jpg 現在、最高責任者のピエール・エマニュエル・テタンジェ氏(右) テタンジェ料理コンクール.jpg 料理コンクール.jpg tetanje.png サッポロビールの公式ショッピングモール「サッポログループネットショップ」(http://www.sp-mall.jp/shop/c/cW15110/)にて購入が可能。 テタンジェ2種.jpg コント・ド・シャンパーニュブラン・ド・ブラン
プレスティージュ ロゼ
シャルドネ画像.bmp
世界的に有名なシャンパーニュ地方を代表するシャンパン「テタンジェ」。
フランス大統領のレセプションやノーベル賞受賞晩餐会などにも採用されている人気のシャンパンを、この夏、軽井沢の12店で一斉に楽しめるフェアが開催される。

テタンジェとは?

 フランス・シャンパーニュ地方の名門シャンパン醸造社で、現在でもテタンジェ家による同族経営を続けている。エレガントでフレッシュなアロマが特徴で、上品で繊細なシャンパンとして、各国のワイン評論家らからも高い評価を得ている。
 テタンジェの前身「フォレスト=フルノー」は史上3番目に古いシャンパン醸造社で、1734年に創業した老舗。1932年、第一次世界大戦や世界恐慌で買い手を探していたフォレスト=フルノーに手を差し伸べたのが、ピエール・テタンジェだった。
 第一次世界大戦中、ピエール・テタンジェは将校としてシャンパーニュ地方のピエリー村に駐留した際、マルケトリー城を目にした。いつの日かこの城を自分のものにしたい...という願いを持ち、戦後、城を購入し、さらにフォレスト=フルノーも買い取ると、シャンパン作りに従事するようになった。
 以来80年以上、テタンジェ家は長年培ってきた伝統的な製法やスタイルを守リ続けている。

「ル・テタンジェ国際料理賞コンクール」祝賀会にご招待

 テタンジェは1967年からフランス料理界のエベレストと言われている料理コンクール「ル・テタンジェ国際料理賞コンクール」を開催している。9月6日に開催される料理コンクール日本大会の審査終了後に行われる表彰式およびパーティーに、10名をご招待。

<応募方法>
住所、氏名、年齢、テタンジェウィークス参加の感想を明記して、下記までご応募ください。「ル・テタンジェ料理コンクール祝賀会招待係」メールinfo@karuizawa.co.jp、またはハガキで軽井沢新聞社まで。

「モントルー・ジャズ・フェスティバル50周年記念スリーヴァーボトル」数量限定発売

 毎年スイスのモントルーとレマン湖周辺で開かれている「モントルー・ジャズ・フェスティバル」。1967年に第一回目が開催され、世界三大ジャズ・フェスティバルと言われている。50周年を記念しテタンジェ ブリュット・レゼルヴ「モントルー・ジャズ・フェスティバル50周年記念スリーヴァーボトル」を7月26日から限定発売する。スイス以外の販売は英国と日本のみ。

テタンジェウィークスin KARUIZAWA
8月13日~28日までの2週間、軽井沢の12店舗でテタンジェを味わうことができる。

参加店一覧
【旧軽井沢】
●万平ホテル メインダイニングルーム(tel.0267-42-1234)
●旧軽井沢ホテル音羽ノ森 レストラン桂姫(tel.0267-42-7711)
●オーベルジュ・ド・プリマヴェーラ(tel.0267-42-0095)

【新軽井沢】
●ホテルマロウド軽井沢 レストランルミエール(tel.0267-42-8444)
●リストランテ プリモピアット(tel.0267-42-2280)
●wine & music RUBATO(tel.0267-42-4211)

【中軽井沢】
●エルミタージュ・ドゥ・タムラ (tel.0267-44-1611)
●星野リゾートホテルブレストンコート レストランユカワタン (tel.050-5282-2267)
●ル・シャモイーヴル (tel.0267-42-6277)

【南軽井沢】
●ルゼ・ヴィラ( tel.0267-48-1626)
●軽井沢浅間プリンスホテル(tel.0267-48-0001) 【ケータリングサービス】
●ワタベアンドカンパニー(tel.0267-42-8852)

軽井沢のために、できる活動を

Essay 小宮山洋子(ジャーナリスト)

DSC_0040.jpg 小宮山洋子さん
 大好きな軽井沢に住んで、4年目になります。子どもの頃から、家族で夏は軽井沢に来ていて、将来は住みたいと思っていました。夢が実現し、住民になってみると、別荘に来ていた時とは、ずいぶん違う印象を軽井沢町に持ちました。それまで住んでいた東京と比べて、住民とともにという「協働」の精神がないように思いました。行政が、これまでしてきたやり方が正しく、新しいことには取り組まない、いろいろ言うとクレーマー扱いされる、と以前から住んでいる友人に言われました。図書館友の会や軽井沢文化協会、軽井沢学園を応援する会など、多くのボランティア活動をしていて、私も、新住民にとっての、この高い壁は何だろう、と考えてきました。まる3年経って、言うだけではダメで、私たちもできることをしますから一緒にやりましょう、という姿勢で活動するのがよいのでは、と思うようになっています。

 最近取り組んでいるのは、ひとつは、協働するために、もっと町の情報を公開してほしいという提言を、これまでも情報公開に取り組んできている、軽井沢文化協会から、今年4月に町長に提出しました。審議会等の情報公開の徹底、審議会等のあり方、軽井沢町に5つある中長期計画について、提言しました。5月末の町からの回答は、満足いくものでは、ありませんでした。審議会等の情報公開については、小さい町で町民と委員の関係が密接だから公開できない、とのこと。開示請求しないと知ることができないのは、おかしいと思います。一方、審議会等で、多い人は12もの委員をしていることについては、幅広い人材の登用は必要、ということでしたので、人材リストを提供するなどしていきたいと考えています。何回も提言を繰り返すことで、少しずつでも前進できればと思っています。また、軽井沢を考える女性たちの会で、昨年秋に、教育と子育てについて、町長・教育長・議長に提言をし、今年1月に回答をもらいました。今年は、医療・介護について検討していますが、教育・子育てについても、再提言をしていきます。もうひとつ、図書館を支援する軽井沢図書館友の会で、離山図書館の、学習・研究の場としての活性化のために活動しています。昨年4月に、町と住民の協働のモデルとして、「ラウンジ文庫」を開設しました。心打たれた本にメッセージをつけて寄贈していただき、貸出ノートで貸し出しています。軽井沢が、よりよくなるように、できることをしていきたいと思っています。

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PDF軽井沢新聞7面

PDF軽井沢新聞8面

PAGE TOP