軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞TOPページ

軽井沢新聞 スペシャル
軽井沢新聞 スペシャル

軽井沢で出会った人々 vol.3 広川小夜子(軽井沢新聞編集長)

映画の世界を語りついだ人 荻昌弘さん(映画評論家)

私が出会った.jpg 荻昌弘さん
 1960年代、石原裕次郎の邦画やアラン・ドロンの洋画など、映画館はいつも観客でいっぱいだった。昨年の話題作『君の名は。』のような現象が毎日続いていたと言っても過言ではないほど、映画は日本人のレジャーの中心だった。
 当時、マスコミに登場して映画の解説をする映画評論家も注目を集めていた。人気映画評論家と言えば、「サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ」と消えていく淀川長治さん、元祖玉ねぎヘアの「小森のおばちゃま」こと小森和子さん、金曜ロードショーの水野晴郎さん、そして落ち着いた語り口が好評の荻昌弘さん。荻昌弘さんは太郎山に別荘があり、多忙な生活にもかかわらず、頻繁に訪れていた。映画評論家の他、料理研究家としての仕事にも追われていたようだ。
 私が荻さんを訪ねたのは、1983年の春。静かな木立に囲まれた別荘は、当時はまだ珍しい北欧製のログハウス。夏だけ過ごすというのがこの頃の別荘スタイルだったので、時間を見つけては秋も冬も軽井沢で過ごすという別荘生活は珍しかった。「ここに来て、暖炉に火を焚いたり、仕事をしたり、レコードを聴いたりするのが一番解放されます。精神的にあらゆるものから解放されて初めてマイペースに戻ります。だから来たくて、来たくてしようがない」と話す荻さんの言葉が心に残っている。「いつも仕事に追われているからこそ、軽井沢の生活が必要」ということは、その後の別荘訪問インタビューでも様々な人から聞かれた。30年前に聞いたこの言葉こそが別荘ライフの原点なのだった。
 荻さんには、軽井沢ヴィネット誌上で『映画放談』と題し、世界各地の映画や映画解説にまつわるエピソードなど興味深い映画談議を掲載させていただいた。軽井沢についても、映画の解説のように柔らかな口調で、しかも鋭い視点で語っている。「賑やかになることは悪いことではないけれど、雑居しては共倒れになる。軽井沢は折り目正しい節度を徹底して守ってもらいたい」
軽井沢の静かな生活を愛した荻さんは、今の軽井沢を見てどのようなシーンとしてとらえるだろうか。

御嶽海の活躍で注目 軽井沢町出身力士「大昇」って?

 「長野県出身力士の金星は62年ぶり」。
 長野県木曽郡上松町出身の大相撲力士、御嶽海が初場所で2横綱、2大関に土をつけるなど11勝4敗と健闘した。遡ること62年、1955年初場所で金星を挙げた力士こそ、軽井沢町出身の大昇(本名・石田勇、1925~2009)だ。
 歴代の県内出身力士を紹介した『信州の相撲人』(京須利敏著)によると、大昇の最高位は前頭筆頭。幕内には21場所在位し、通算139勝158敗。金星を挙げた相手は第44代横綱の栃錦。決まり手は小手投げだった。1957年に引退した後は春日山部屋を経営して後進の指導に尽くし、日本相撲協会の役員も務めた。2009年、急性肺炎のため亡くなった。
 大昇が幕内で活躍した1951~57年は、一家に一台のテレビが普及していない時代。当時、小学生だった大橋功さん(73)は学校帰り、旧軽井沢ロータリーにあった電気屋のガラス越しに、地元出身力士が躍動する相撲中継に夢中になった。「白黒の画面をかじりつくように見ていました。すらっとして筋肉質の体型。外掛けが上手だった」。大昇の義妹にあたる、軽井沢町の女性は「大人しくて優しく、頭のよい方」と、その人柄について語った。

お料理好きマダムのCOOKING ~ワインに合う料理~

cooking01.jpg

cooking02.jpg
★キムチキッシュ
①合挽肉150gを、酒・砂糖・醤油で炒り煮する。
②耐熱皿にバターを塗って①を敷き、その上に長ネギの輪切り、キムチ、カマンベールチーズを散らす。
③卵と生クリームを混ぜて、②に流し入れ180℃のオーブンで20分~30分焼く。

★豚肉とモロッコインゲンのクルミソース
①豚ロース肉を、ネギ、生姜の切れ端を入れてゆでる。
②モロッコインゲンは塩と少量のサラダ油を入れてゆでる。
③ニンニクのみじん切り大さじ1、醤油大さじ3、酢小さじ1、レモン汁小さじ1、砂糖少々、ゴマ油大さじ1、刻んだクルミを混ぜてソースを作る。

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PDF軽井沢新聞7面

PDF軽井沢新聞8面

PAGE TOP