軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

軽井沢ウェブTOP > 軽井沢新聞TOPページ

軽井沢新聞 スペシャル
軽井沢新聞 スペシャル

この秋読みたい

軽井沢ゆかりの本

 この一年間に発行された軽井沢ゆかりの作家、軽井沢が登場する作品にスポットをあて6冊をセレクト。読書の秋にふさわしいイベントも紹介しています。

吉村祐美第3エッセイ集
名作のある風景(万来舎) 吉村祐美 著

風景描写の美しさで知られる文芸評論家が、過去5年間で新聞、雑誌に連載した原稿に、書き下ろしを加えて一冊にまとめたエッセイ集。
川端康成、堀辰雄、宮本輝らの作品に登場する軽井沢、京都、神戸などの舞台を訪ね歩き、作品を掘り下げて論評。大原美術館(岡山県)、MOA美術館(静岡県)など、日本各地の美術館を紹介し、著者ならではの芸術論を展開している。
1400円
吉村祐美第3エッセイ集

軽井沢朗読館だより(アーツアンドクラフツ)
青木裕子 著

元NHKアナウンサーで軽井沢町立図書館の館長を務める青木裕子さんによる6編のエッセーと、およそ2年間の日記をまとめた一冊。エッセーには軽井沢に朗読館を建てたいきさつや、被災地での朗読活動、朗読館の館長としての奮闘ぶりなどが綴られている。
「日記抄【春夏秋冬】」と題した章には、2015年3月から2017年1月までの青木さんの日常が克明に記されている。
1400円
軽井沢朗読館だより

軽井沢ルール(秀和システム)
土屋勇磨 著

都会で猛烈に働き続けるビジネスマンだった著者は6年後に親の会社を引き継ぐため軽井沢へ帰郷。都会でのスキルを活かして順調に家業の売り上げを伸ばすが、軽井沢の持つ特別な魅力を再発見し、それを活かした事業を行うために安定した生活を捨て独立する。人生を愉しむためには勝つことだけが美学ではないと気づくまでの、軽井沢を舞台にしたエピソードが書かれている。
1300円
軽井沢ルール(秀和システム)

あの日の靴音(文芸社)
はちすきょうこ 著

出征した父への想いや残された家族を取り巻く日常、戦意高揚の恐ろしさなど、軽井沢在住のはちすさんが、戦中・戦後の体験を綴った貴重な1冊。「日本は『戦争をしない国』を貫いて、『今後もしない国』として世界に示せるはず」という著者の言葉が力強く響く。タイトルには「二度とあの靴音を高らかに響かせないためにも」という願いが込められている。
1100円
軽井沢ルール(秀和システム)

一粒の飴とグランドゼロ(風詠社)
齋藤隆 著

節団の一員としてアメリカに向かった周三郎。時代を経て1990年代、高校を卒業し盲学校に進んだ恵子。失明の困難に遭遇した2人の人生が、時を超えて人々の心をつなぐ感動の物語。軽井沢で夏を過ごす著者が書いた「軽井沢とサンティアゴ」(風詠社)に続いて二作目の長編小説。
1500円
軽井沢ルール(秀和システム)

軽井沢で出会った人々 vol.10

詩人・童話作家 岸田 衿子 さん

きしだ・えりこ
山荘 取材当時の山荘
可憐な野の花、木々の香り...昔からそのままの優しい風景がある浅間山麓の小さな村。詩人の岸田衿子さんは1年の大半をその村で過ごしていた。そこは北軽井沢・大学村。  「軽井沢で出会った人」というタイトルでは衿子さんに叱られるかもしれない。

「下の軽井沢と一緒にしないで。きらびやかな軽井沢とはまったく違うから」と言われそうだ。そのくらい、彼女にとって大学村は、大切な特別な場所だった。

 私が衿子さんの別荘を訪ねたのは1989(昭和64)年。森の中の教会を思わせる可愛らしい山荘だった。

 リビングルームには大きな暖炉があり、蕗の葉がペタッと張り付いている。壁にはアケビと小梨の実、テーブルには水引草や山母子のドライフラワー。山の生活を楽しんでいる様子がこの部屋いっぱいに感じられた。

 私は別荘訪問のときは、たいてい花か果物を持っていく。この日は花屋で買った花を手にしていたが、心の中で「失敗!果物にすればよかった」と後悔していた。花屋の花はこの部屋に合わない。テーブルの上の水引草が素朴な部屋の雰囲気によく合っていた。

 毎年、夏を過ごした大学村には衿子さんの楽しい思い出がいっぱいある。その様子は『草色の切符を買って』などのエッセイに描かれている。 「最初に建てた茅葺屋根のチロル風の家は漏電で焼けてしまい、そのあと建てたのがこの家。私の代になってから、玄関を張り出して塔をのせたの」  周りの山を眺めたくて塔をのせたそうだ。

 「鐘の代わりに鐘型のランプをぶら下げたの。遠くから見ると、鐘が付いているように見えるでしょ」深い緑が包み込むその外観は、童話のシーンを思わせた。

 帰り際に、「秘境探検にぴったりの所があるわよ」と教えていただいた。さっそく、その「秘境」を探検し41号に掲載した。そのタイトルは「詩人がすすめた秘境・もう一つの千ヶ滝」。なかなかスリルのある所だった(発売中の『秘境探険』にも掲載)。

きしだ・えりこ
詩人、童話作家。東京生まれ。劇作家・岸田國士の長女。妹は女優の岸田今日子。詩集「忘れた秋」など多数。放送詩劇も書き、放送イタリア賞受賞。数多くの絵本や童話を手掛け、「かばくん」は欧米で翻訳出版され高い評価を受けた。「アルプスの少女ハイジ」などアニメの主題歌の作詞でも知られている。2011年4月、82歳で死去。
バックナンバー バックナンバー

▼ 紙面を見る

PDF軽井沢新聞1面

PDF軽井沢新聞2面

PDF軽井沢新聞3面

PDF軽井沢新聞4面

PDF軽井沢新聞5面

PDF軽井沢新聞6面

PDF軽井沢新聞7面

PDF軽井沢新聞8面

PDF軽井沢新聞9面

PDF軽井沢新聞10面

PDF軽井沢新聞11面

PDF軽井沢新聞12面

PAGE TOP