軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > スペシャルオリンピックス世界大会出・?の3人、町長に健闘誓う

スペシャルオリンピックス世界大会出・?の3人、町長に健闘誓う

2013年1月25日 13:13

130125.JPG
 韓国・ピョンチャンで開催する、知的障害のある人のスポーツの祭典「スペシャルオリンピックス(SO)冬季世界大会」(1月29日~2月5日)で、フロアホッケー競技に出・?する、軽井沢町の岡村広生さん、岩井竜太さん、鳴澤嘉彦さんの3人が1月24日、町役・?を訪れ藤巻進町長に健闘を誓った。

 SOは夏と冬の2大会あり、2年ごと交互に開催。ピョンチャン大会は113カ国より、約3300人の選手団が出・?し、7競技59種目を行う。日本からは60人のアスリートと、コーチ・役員25人が参蜉 する。

 フロアホッケーは、バスケットボールと同じ広さのコートで行う屋内競技。ゴールキーパーを含む6人のプレーヤーが、直径20cmのパックをスティックで操り、相手側のゴールに入れて得点を競う。同競技の代表は、昨年福島県で行われた国内大会で好成績をおさめた長野、徳島両県から、軽井沢町の3人を含む18人を選抜した。

 3人はSO軽井沢プログラ繝 の他の選手と一緒に、秋から春にかけて週一回、2時間の練習を行い、個々でもランニングや腕立てなどのトレーニングを重ねている。昨年9月と11月には、日本選手団の合同合宿もあった。

 町長は「帰って来たら世界大会の経験を他の選手に伝えて、フロアホッケーをさらに盛り上げて」と激励。ゴールキーパーとして出・?する岡村さんは「出るからには金メダルをとりたい」と力強く話した。

(写真は左から鳴澤さん、岡村さん、岩井さん)

最近の記事

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

「軽井沢で暮らしたい人は覚悟を持って」と軽井沢町長

アーカイブ

PAGE TOP