軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 「軽井沢で見た」河童をモチーフに 作品100点を展示

「軽井沢で見た」河童をモチーフに 作品100点を展示

2013年11月12日 11:03

131112-03.JPG
 東京都の芸術家・筒井はじめさんが、幼い頃に軽井沢で見た河童をモチーフにした作品を、軽井沢ニューアートミュージアムのギャラリーで展示している。

 筒井さんは、幼い頃より両親に連れられ軽井沢の別荘を訪問。家の周囲で遊んでいるときに、身長10cmほどの河童を目撃し「来るたびに会うのが楽しみだった」。近づくと毎回パッといなくなり、中学生になった途端、見えなくなったという。

 展示に合わせ400点を描き、そのうちの100点を展示。A4ほどの紙に、アクリル絵の具などで1作品に一体の河童を描いた。「笑顔」「正義」「感謝」など、タイトルとなる熟語を作品ごとにイメージして制作。河童は2頭身で、つぶらな青い瞳と黄色い口を持ち、頭に花の形をした皿が乗っている。コンクリートなどで装飾した白い額も自ら作製した。

「作品に込めたエネルギーを感じてほしい」と筒井さん。「軽井沢河童展」は2014年1月27日まで。1月29日から3月末までは、筒井さんの描いた違うモチーフの展示を予定している。入場無料。TEL0267-46-8691(軽井沢ニューアートミュージアム)

写真:作品の前に立つ筒井はじめさん。

最近の記事

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

「軽井沢で暮らしたい人は覚悟を持って」と軽井沢町長

アーカイブ

PAGE TOP