軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 「軽井沢ジュニア」、「世界ジュニアカーリング」へ健闘誓う

「軽井沢ジュニア」、「世界ジュニアカーリング」へ健闘誓う

2016年2月 5日 16:17

 21の国と地域が出場した21歳以下の「世界ジュニアBカーリング選手権(世界予選)」で準優勝した女子日本代表「軽井沢ジュニア(軽井沢ローレル)」の選手5人とコーチが2月4日、藤巻進町長に結果を報告した。チームは3月6日からデンマーク・コペンハーゲンで始まる「世界ジュニアカーリング選手権(本選)」に出場する。本選出場は、軽井沢の女子では初めて。

 軽井沢高3年でスキップの土屋文乃さんは、「世界予選」を振り返り、「普段と変わらずできたのが良かった。最後まで集中力も落ちなかった」。町長は「軽井沢には良い施設があるし、SCや中電など日本のトップ選手も揃っている。恵まれた環境を活かしてどんどん頑張って」と激励した。

「本選」は、昨年の同大会上位6カ国、「世界予選」上位3カ国に、開催国を加えた10カ国が出場する。土屋さんは「自分たちのできることをいかに発揮できるか。一戦一戦本気で望みたい」と意気込みを語った。

(写真左から)
土屋文乃さん(軽井沢高3年・スキップ)

160205-01.JPG鈴木結海さん(軽井沢高1年・サード)

「戦ったことのないチームと良い試合をして、自分たちに足りないことがわかるといい」

上野美優さん(高校受験のためチームに帯同しない軽井沢中3年)

「みんながいつもの力を発揮できるように、軽井沢の地から応援したい」

金井亜翠香さん(軽井沢中2年・リード)

「チーム一丸となって集中して一試合一試合臨みたい」

上野結生さん(高校受験の姉に代わりセカンドを務める軽井沢中1年)

「大会までしっかり練習し、その成果を発揮したい」

最近の記事

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

「軽井沢で暮らしたい人は覚悟を持って」と軽井沢町長

アーカイブ

PAGE TOP