軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 約3年ぶり、浅間山の噴火警戒レベル1に

約3年ぶり、浅間山の噴火警戒レベル1に

2018年8月30日 12:07

180830_01.JPG 気象庁は8月30日11時、浅間山の噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から1(活火山であることへの留意)に引き下げたと発表した。レベル1は2015年6月以来、約3年ぶり。小諸市に登山口がある、火口から約500mの前掛山登山も可能となる見通しだ。

 火山性地震は2018年6月頃からやや少ない状態で推移。浅間山西側の膨張を示すと考えられる地殻変動も2018年に入ってから停滞し、噴煙量や火山ガス(二酸化硫黄)の放出量も5月から概ね少ない状態が続いていることなどから、総合的に判断した。

 ただ、火口から500mの範囲に影響を及ぼすごく小規模の噴火の可能性はあるとし、火山灰噴出や火山ガスに注意するよう呼びかけている。

(写真は中軽井沢から見た浅間山。8月30日11時半撮影)

最近の記事

楽しく温まる「温活アラカルト」

カーリングエリートアカデミー生、世界大会へ

天皇陛下御在位30周年を記念し、文化施設無料公開

「緑の景観賞」の優秀賞、決まる

パラスポーツを学んで、一緒に楽しむ

東北と軽井沢をつなぐ映画祭

多様性感じて ISAKでインターナショナル・デー

アーカイブ

PAGE TOP