軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 2/8 ホールに響いた愛の歌12曲 グランプリは、春の気持ち歌った「春風」

2/8 ホールに響いた愛の歌12曲 グランプリは、春の気持ち歌った「春風」

2009年2月 8日 13:25

  「愛オドル」をテーマに全国から愛の曲を募集した「軽井沢ラヴソングアウォード2009」のグランプリコンサートが2月8日、軽井沢大賀ホールで行われた。全国252曲の応募の中から、2度の審査を経て選ばれた12曲が生演奏された。

 ピアノの弾き語りによるメロディアスなバラードや、バンド演奏のリズミカルな曲など、バラエティに富ん縺 曲が次々に演奏され、会・?に集まった約500人の観客が聴き入った。

 グランプリに輝いたのは松代市の会社員土屋裕司さん(29)と、川中島市の美容師、白倉蠢 将(29)さんの2人組ユニット、スクラロースが歌った「春風」。出会いと別れ、期待と不安など、様々な気持ちが入り交じる春をイメージした歌詞をラップのリズ繝 に乗せて歌いあげた。土屋さんは「発表の瞬間は、思わず飛び上がってしまった。(グランプリを)まさか獲れると思っていなかった」、白倉さんは「これからもライブ活動を続け、心に響く曲をたくさん作っていきたい」と受賞後に話した。

 プランニング・プロデューサーの星野和彦さんは、「ラテン、ジャズ、ラップなど今までで一番、変化のある曲が集まったコンサートになった。これからのさらなるレベルアップに期待したい」とコンサートを振り返った。

(写真は、グランプリを受賞したスクラロースの2人)

最近の記事

冬の軽井沢が舞台のドラマ『カルテット』、エキストラ募集

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

アーカイブ

PAGE TOP