外はカリッ中はほろほろ、ジャークチキン

紅葉真っ盛りの雲場池からほど近いレストラン「チェルキオ コズィ」。冬シフトのため11月18日から、平日は夜のみの営業になると聞き、駆け込みでランチへ。

お一人さまのため、窓沿いのカウンターへ。目の前の駐車場は、雲場池目当てのクルマでいっぱい。

211102_01.jpg

ランチメニューです。迷うことなくこの店の看板メニュー、ランチプレートのジャークチキン(¥1,600)を注文。

211102_02.jpg

たっぷりのサラダと付け合わせ3種、メインがワンプレートに。

付け合わせはラタトゥイユ、ひじき、茶色の四角い個体(9時の位置)。ほどよい甘みがあり、お豆腐とこんにゃくをあわせたような食感。スタッフの方に聞くと、豆をつぶして固めたものだとか。

211102_03.jpg

ジャマイカのソウルフードとして知られるジャークチキンは、スパイスに漬け込んだ鶏肉を炭火でグリルしたもの。焦げ目がついて外はカリッとしているけど、中はほろほろ。塩加減もほどよくご飯が進んで、ペロリとあっという間に完食。

ごちそうさまでした!

チェルキオ コズィ
TEL0267-41-6237

関連記事

    人気の記事