高齢者のワクチン接種、5月12日の週〜

210408_01.jpg 軽井沢町は5月12日の週から、新型コロナウイルスの集団接種を始める予定で準備を進めている。4月8日の軽井沢町議会4月会議で、藤巻進町長が明らかにした。

 高齢者への接種の案内通知は4月12日の週に発送。接種が円滑に進むよう、会場となる町中央公民館で4月中に2回、シミュレーションを行うという。かかりつけ医などでの個別接種については6月をめどに、ワクチンの供給が安定してから進める考えだ。

 長野県内の各市町村へ4月26日の週に配布される、975回分の新型コロナウイルスワクチンについて、軽井沢町では町内介護施設入所者、従業者への接種分として対応する。ワクチンを保管・管理する超低温冷凍庫は、軽井沢病院に1台設置済み。3月30日、4月5日に各20人、軽井沢病院の医療従事者が接種を受けたという。

関連記事

    人気の記事