軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 在日イタリア大使館参事官、軽井沢へ 園児ともふれ合い

在日イタリア大使館参事官、軽井沢へ 園児ともふれ合い

2016年2月19日 15:24

160219-01.JPG 9月に軽井沢町で開催される「G7交通大臣会合」に先がけ、在日イタリア大使館のビエルルイジ・トロンベッタ一等参事官が2月19日、軽井沢町を視察に訪れた。会合を一過性のものにせず、各国と末永い良好関係を維持したいと、長野県と軽井沢町、軽井沢町観光協会が招聘した。

 参事官は軽井沢西保育園を訪問し園児らと交流。年中、年長の園児がイタリア歌曲をベースにした童謡「黒ネコのタンゴ」「鬼のパンツ」のほか、「うれしいひなまつり」を歌って歓迎。年少園児はひなまつりに合わせ、色を滲ませたコーヒーフィルターなどで作った「壁掛けのおひな様」をプレゼントした。

 同保育園ではこの日、イタリア料理の特別給食(ボロネーゼ風スパゲッティー・イタリアンサラダ)が提供され、参事官も園児とともに味わった。年長の山口美緒ちゃんは今年1月、町内でイタリアンレストランを営む父親とイタリア旅行へ。実際に訪れたピサのドゥオモ広場を描いた絵を見せると、参事官は「あなたは素晴らしい画家ですね」。参事官退場の際は、事前に覚えたイタリア語「グラッツィエ(ありがとう)」とあいさつし、みんなで見送った。

160219-02.JPG
 軽井沢初訪問の参事官は「私はアルプス近くの出身なので、軽井沢の山の景色を見ると懐かしさを感じる。東京からも近く、会合を行うのに素晴らしい場所。G7は、イタリアの人に長野県や軽井沢をより知ってもらえる良い機会になると思う」と話した。参事官はその後、会合の予定地など町内を見て回った。

(写真左上:年少園児から「壁掛けのおひな様」を受け取るトロンベッタ参事官。右下:イタリア給食を囲んで交流)

最近の記事

冬の軽井沢が舞台のドラマ『カルテット』、エキストラ募集

鬼押出し園、10年ぶりに冬期も営業

万平ホテル、80年を経たアルプス館の改修工事

堀辰雄文学記念館 新収蔵の自筆エッセー、初公開へ

旧JR信越線跡「緑地公園として整備を」

『緑の景観賞』が決定。選ばれた店舗とは?

別荘地での太陽光発電施設の設置を禁止

アーカイブ

PAGE TOP