軽井沢ウェブ by 軽井沢新聞社

軽井沢新聞社Presents 軽井沢発の総合情報サイト「軽井沢ウェブ」

メニュー

丸の内仲通り散歩

2008年07月28日 18:10

P1010834.JPG

暑い日が続いていますね。私はこの暑いさなか、東京へ行く用ができ、覚悟して上京しました。

軽井沢 って、29℃もあるのですから、東京はきっと、33℃くらい?風もない ろうし…と扇子を

持って、新幹線に乗りました。

ところが、着いて、この丸の内仲通りを歩いて行くと……驚き!軽井沢より涼しいのです。

この写真のように大きな並木道。この日陰を歩いて行くと、木々の間から涼しい風も渡ってきます。

P1010837.JPG

しばらく歩いて行くと、ずっと、工事して れていたビルがようやく姿を現していました。何のビル?

と思って近づいてみると、三菱地所の「丸の内SF計画」と書いてあり、美術館や事務所、店舗が

できるとのこと。完成は21年4月となっていました。

工事中の今は並木はありませんが、完成すれば、きっと、ここにも同じように並木ができること

でしょう。

軽井沢も中心部に大きな並木を考えないと、丸の内に けてしまいますよ。

(軽井沢の国道など主要道路の並木はどれも小さくて日陰がないから、暑い!)

P1010835.JPG

その隣におもしろい看板を発見しました。

江戸時代、この 所がどんなふう ったかを書いた標識です。

例えば、みなさんよくご存知の東京フォーラ は、江戸時代、「土佐高知藩、松平土佐守豊信」の

武家屋敷。帝劇のところは、「 幡鳥取藩、松平慶徳」の武家屋敷 ったということがわかります。

大名屋敷が並んでいたんですね、このアタリは。日生劇 や宝塚劇 の所はお で、西武デパ

ートの所には数寄屋橋御門があったようです。とてもおもしろくて、しばし、見入っておりました。

(編集長)


25年続く老舗カフェ

2008年07月23日 16:28

P1010903.JPG

 7月10日に軽井沢ヴィネットが発行となり、100号を迎えることができました。年3回しか発行しな

いので(イベント号を発行し年4回のときもありました)、100号までに約30年かかりました。

ここまで続けられたのも多くの方のご協力あればこそ、と感謝申し上げます。

 100号を機に編集長は代わりますが、私が連載している「想い出の道を歩く」や「別荘を建てるに

は」などは続けて執筆しますし、発行人としてヴィネットに携わっていくことに変わりはありません

ので、今後ともよろしくお願い致します。

秋冬号からの新編集長にも期待してく さいね。

これからしばらくの間、このブログで、今までお世話になった老舗のお店をご紹介します。

まずは、1995年、夏号に出ているこのお店から。

P1010773.JPG

 創業25年という塩沢通りのカフェ、「ラ・ヴィーン」です。

緑の中に佇むこのカフェは野鳥がやって来るカフェとしても知られています。

緑につつまれたテラスも気持ちいいし、店内からも庭にやってくる野鳥を眺めることができます。


P1010742.JPG

オーナーの川浦さんご夫妻。25年の間、楽しかったことはお客さまとのふれあい そうです。

やさしいマスターと上品なマダ を慕って常連さんがやってきます。

「若い ふたりで来ていた方が、子供と一緒に訪れ、そして、その子供さんが成長して訪れて…と

いうことがとても嬉しいですね」と川浦さんは微笑みます。

P1010740.JPG

ここではタンポポコーヒー(400円)が昔から有名。カフェインのないハーブコーヒーとして人気のタン

ポポコーヒーはもう、22年続くロングセラーです。その人気にせまるのがベトナ コーヒー(500円)。

コンデンスミルクを入れて甘い濃厚な味わいを楽しむ人が増えているようです。そして、私のお気に

入りはこの写真の、アーモンド・オレ(500円)。コーヒーそのものにアーモンドの香りと味がついてい

て、クリー との相性がとてもいいのです。ま の方はぜひ、一度お試しを。

(編集長)

ト さんと花火大会

2008年07月15日 17:12

P1010608.JPG

ハワイ在住のハンガリー系アメリカ人のカメラマン、ト ・ハールさんが編集室を訪れました。

 戦時中、日本に滞在する外国人は軽井沢に集められていて、両親がハンガリー人 ったト さん

も、幼少のこの時期を軽井沢で過ごしたとのことです。

今回、1ヶ月ほど軽井沢に滞在し、思い出の 所を訪ねたり、当時の軽井沢にゆかりある外国人を

調べたりするそうです。もちろん、写真もたくさん撮るのでしょうね。

 軽井沢新聞社で発行した『軽井沢の別荘』をご覧になり、「軽井沢に関心のある外国人も多いか

ら、これの英訳を出版したらどうですか?」とアドバイスをいた きました。

「う~ん(英訳が大変)、検討します」と応えました。

P1010758.JPG

さて、恒例の中軽井沢長倉神社の花火大会。この時期、軽井沢の天候は不安定のため、霧や雨の

ことが多いのですが、今年は朝から快晴です。社員の一人が中軽の青年団の花火大会係で、彼は

朝から大忙しのようです。8時からド~ンと大玉が上がりました。きれいですね。でも、野鳥たちは

怖がっていることでしょうね。


P1010767.JPG

人出は今までにないくらいのにぎわいで、道路は人でびっしり。なんと、湯川の川岸や前沢橋の上

にも車がたくさん停まっていました。うちの会社もスターマインに協力しています。

「このスターマインかな?」 「きれいなスターマイン から、そうかも」!


P1010763.JPG

軽井沢では、新軽井沢でも、旧軽井沢でも花火大会が行われますが、中軽井沢の花火大会の名

物はこれ、「ナイヤガラの滝」。美しい光が湯川に流れ込みます。

大勢の観客に、青年団の会長が興奮した声で「こんなに多くの方が見に来てく さってありがとうご

ざいます!」と叫んでいたのが印象的でした。

来年も 晴らしい花火大会になるといいね。お天気もね。

(野鳥の皆さん、ごめんなさい。ちょっと、我慢してく さいね)。

M記者

プ-ドルたち

2008年07月03日 18:48

P1010675.JPG

忙しくて、ついつい、マリンちゃんをほったらかしにしていたので、こんなふうに毛が伸びてモコモコ

状態に。

狂犬病の注射もま でした。今日、カット&シャンプーをしてもらい、明日は動物病院で注射しても

らいましょう。

P1010680.JPG

シャンプー&カットしたあとのマリンです。どうですか?すっきり、きれいになったでしょう。

これで、久々に編集室へ出社です。

「早く連れてってほしいなぁ…。 って、みんなが可愛がってくれるん もん」

P1010686.JPG

こちらのプ-ドルは神戸からやってきたロビンくんです。足が長い男の子。

 とてもお利口で、「おすわり」「伏せ」「待て」と、言うことをきき、「よし」でクッキーを食べるのです

が、その時に、再び「待て」と言うと、食べるのを止め、口からクッキーを出すのです。

これにはびっくり!なんと、けなげな可愛い子なんでしょう。

マリンもここまでの芸当はできません。何事も最初が肝心ですね。(編集長)

湖畔の庭園

P1010618.JPG

野バラはそろそろ終りに近づいていますが、ここ、レイクニュータウンのレイクガーデンには美しい

バラがたくさん咲いています。

昨年からオープンしたバラの庭園が湖の島の方まで広がっています。

P1010643.JPG

ここは以前、お城(シュベルニー城)があった 所。しばらく来ていない人が訪れたら、いつの間に

かこんな 敵なバラの庭になっていることに驚くでしょうね。

レイクニュータウン事務所の方たちの努力で 敵なレイクガーデンが られました。

P1010632.JPG


以前、湖の中には小さな島がありましたが、今は大きく広がって、島 ったところになんとこのよう

に滝もお目見えしています。水は勢いよく湖に流れ込んでています。

P1010635.JPG

バラ けではなく、山野草もたくさん咲いています。

これは花も多くて、色も濃いけど、大きなホタルブクロ?それとも別の品種なのでしょうか?

バラが好きな人はもちろん、野の花が好きな人にもお勧めの庭園です。

慌た しい め切りもようやく終り、ほっとして花の香りを楽しみました。(M記者)

アーカイブ