青天を衝け

210226_01.jpeg

渋沢栄一の生涯を描く、

NHK大河ドラマ『青天を衝け』ゆかりの詩碑が、

佐久市の内山地区のコスモス街道沿いに、

あると聞き行ってきました。

210226_03.jpeg

渋沢栄一は家業の繭玉販売のため、

信州にもよく出向いていました。

この内山峡を訪れたときの心情を

詠んだ漢詩が詩碑に刻まれています。

『青天を衝け』のタイトルも、

ここからとったものです。

210226_02.jpeg

その部分を抜粋すると、

『勢衝青天攘臂躋 気穿白雲唾手征』。

意味は「青空をつきさす勢いで肘をまくって登り、

白雲をつきぬける気力で手に唾して進む」。

内山峠の過酷な道中が、詠われています。

詩碑までは、軽井沢からクルマで約50分。

佐久の市街から向かって、

詩碑の400m手前に無料の臨時駐車場もあります。

関連記事

    人気の記事