軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

マリンの願い

2013年9月16日 20:11

P1100040.JPG

高原のススキが目立つ季節になりました。

M記者「そろそろ、中秋の名月の時期ね。ススキを取っていって飾ろうか」

マリン「それって、ほら、ススキとおだんご飾るヤツ?」

M記者「ヤツじゃないでしょ。十五夜お月さんよ」

マリン「そうそう、お月見よね。今日なの?わ~い、おだんご、おだんご!」

M記者「今日じゃないの。今年の十五夜は19日なんだって」

マリン「もうすぐじゃん。楽しみ!」

二人はススキをいっぱい取って、帰ろうとしたのですが・・・

P1100038.JPG

マリン「あ、思い出した。Mちゃん、今日はグルメ取材だよね」

M記者「あ、忘れてた。急がなくちゃ・・・」

ススキどころではありません。急いで旧軽井沢へと向かいます。

P1100036.JPG

お店の前へ来ると、大急ぎ、M記者はカメラでこの風景を撮り

M記者「はい、終わりました。マリン、帰りますよ」

マリン「・・・?まだ、お料理の取材も撮影もしていないのに、

もう、帰るの?」

M記者「今日の取材は、『行列のできる店』の取材で、順番を待って

いる様子を撮影するだけよ」

マリン「それだけ?」

窓から流れるイタリア料理の匂いを嗅いで、帰ります。

グルメ取材と言っても、、そんな日もあるんです。

P1100055.JPG

さて、その2日後のこと。大型台風18号が縦断するとのニュース。

朝からすさまじい雨風が吹き荒れ、人影はもちろん、通る車も少ないみたい。

マリン「せっかくの連休なのに、軽井沢へ遊びに来た人たちがかわいそう」

M記者「マリン、取材に行くよ」

マリン「こんな嵐の中、どこへ?」

M記者はマリンの手を引っ張って、雨の中へ飛び出しました。

行った先は湯川のほとり。

マリン「すごい流れ!これを写すの?・・・はいはい、撮影します」

M記者「この場所は、以前、台風で湯川が氾濫した所よ。『軽井沢取材日記』

に氾濫した様子や写真が載っているの。もしかして、また氾濫している

んじゃないかと思ってきてみたけど、だいじょうぶでよかった」

と、ホッとしたのでした。(でも、あと何時間か降り続いたら危なかったかも)

いつも軽井沢のことを考えているマリン。

「台風さん、来てほしくないけど、どうしても来るというなら、

連休だけは止めてね」と、祈ったのでした。

秋が始まった?

2013年9月 9日 17:58

P1100030.JPG

9月も2週目に入ると、桜の葉の紅葉が目立ってきます。

桜は紅葉が早いんです。あとツタウルシも早めに紅葉してきれいになりますよ。

マリン「わぁ~、どうしよう。もう、こんなに紅葉してきちゃった。来年の夏用の

写真撮影を急がなくっちゃ」

毎年、今頃、そんなことを言っているマリンなのでした。

P1100017.JPG

そして、撮影に来たのが旧軽井沢の土管煙突の別荘。

マリン「あ~よかった。ここはまだ、だいじょうぶだった。だけどさ、どうして

ここだけ煙突が土管なの?」

M記者「あれ、前に話さなかったかな。明治か大正のころは、西洋人たちが暖炉を

ほしいと思っても、日本には暖炉はない時代だから、土管で間に合わせたのよ」

マリン「そうか。そういう昔の別荘は、大切にしなくちゃね」

M記者「マリン、かしこい!」

マリン「・・・(照れている)」

P1100034.JPG

そして、駐車場でこんな大木を発見。

M記者「スゴイですね。これって樹齢何年ですか?」

駐車場の人「これは樹齢300年の桜の木よ」

マリン「わぁ、この前切られた220年の天然カラマツより古い」

駐車場の人「え、切られたんですか?どうして?」

マリン「詳しくは軽井沢新聞9月号を見てね。明日10日に発行します」

5年ほど前、この桜の木には大きなウロがあって切られるところだったのを、

しいある倶楽部さんがウロの中の傷んだところをきれいにしてくれました。

今も春には桜の花がいっぱいに咲き、とても美しいのです。

マリン「ウロがあるからって切っちゃダメ。ウロがあってもまだまだ木は生き続けます。

M記者「ピッキオの人が言ってたわ。ウロにはフクロウが住むんだって。

でも切られちゃうから、フクロウは住宅難なんだって」

マリン「フクロウさん、かわいそう・・・」

P1100032.JPG

翌日は議会傍聴に行きました。

M記者が何やら怒っています。

Y記者「Mちゃん、どうしたの」

M記者「一般質問をする人が、今回はたった4人なんだって。怠慢よ!」

マリン「タイマンってな~に?」

M記者「仕事しないで、食べてばかりいる犬みたいなものよ」

マリン「え~、それって、アタシのこと?」

写真は議会の休憩中(議会のときは撮影禁止なので)。一人座っているのは町長です。

マリン「町長さん、どうしたんだろう。何か、悩んでいるみたい・・・」

M記者「軽井沢は問題山積み?!・・・なのかも」

隠れ家カフェ

2013年9月 3日 09:44

P1090991.JPG

涼しい木陰のカフェを発見!

マリン「こんな所にカフェがあったなんて、知らなかった」

M記者「古民家をリニューアルしたカフェよ。すてきね。晴れた日はテラスがいいわ。

あ、ワンちゃん連れはテラスのみOKなんだったわ」

マリン「じゃ、アタシはテラスね。木漏れ日が気持ちいい」

P1090985.JPG

コーヒーを注文したら、こんなに可愛い器に入って運ばれてきました。

野の花が添えられているのがいいですね。

マリン「ところで、『こみんか』ってな~に?」

M記者「いい質問ね。古い民家のことだけど、これは明治のころに建てられた蚕の

農家だったの。立派な造りよね。このカフェのところは馬小屋だったんだって」

マリン「へぇ~、馬がいた所なら、ワンコもOKにしてほしいな・・・」

P1090986.JPG

そして、マリンお待ちかねのスイーツが運ばれてきました。

求肥の中には抹茶のアイスクリーム、その下にはなんと、豆腐が!

アンコのほかにふっくら花豆も付いていました。黒蜜をかけていただきます。

M記者「マリンにはもったいないので、私がいただきま~す。うまっ!」

マリン「・・・(泣)」

このお店ではカマド炊きごはんの食事メニューもあります。

詳しくは軽井沢新聞9月号で紹介します。お楽しみに!

P1100009.JPG

さて、晴天のある日、秘境を目指し、新米のヴィネット探険隊が隊長と共に元気よく、

でも内心は不安でいっぱいになりながら、出発して行きました。

マリン「行ってらっしゃ~い!無事で帰ってきてね」

と、見送るマリンも不安。今日向かったのは、第1回目で遭難しかかった

「座禅窟」なんです。隊員たちの行方はいかに・・・・。

アーカイブ

PAGE TOP