軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 「町の変化知ってほしい」 地域ボランティアが地図作成

「町の変化知ってほしい」 地域ボランティアが地図作成

2014年9月25日 15:45

140925.jpg
 自然環境の保全に取り組むボランティア団体「軽井沢サクラソウ会議」が、1912年から1997年の軽井沢の土地利用の変遷が分かる5枚の地図を公開した。町の土地利用の変化を把握するために作成した。
 国土地理院が発行する1912年、1937年、1952年、1962年、1997年の5万分の1地図を主な資料とし、地元住民への聞き取り調査も行った結果、作業期間は3年に及んだという。地図記号をもとに、土地利用を針葉樹、集落、別荘地など11種類に分別。1912年は全体の16.5%だった広葉樹が、1997年には19.4%を占めていたことや、12年に0.3%だった別荘地は97年に7.0%まで増えていたことなどが分かった。
 「自分たちが暮らしているところがかつてどのような場所で、どのような変化を遂げたのかを知ってほしい。次に地図を作るときに、今よりも緑豊かな軽井沢になっていれば嬉しい」とサクラソウ会議の今城さん。地図は軽井沢町立図書館で閲覧できる他、同団体が1部500円で販売している。
サクラソウ会議 TEL0267-48-3512

最近の記事

あさま山荘事件から45年 殉職した2警官の慰霊祭

余った食品を困っている人へ 地元有志がフードバンクの勉強会

「被災地に思いを」震災から6年の歩み伝える写真展 3月11日軽井沢駅通路で

12通貨に対応 自動外貨両替機が旧軽井沢に

35周年記念地元限定の特別プラン、残り約1ヵ月

軽井沢プリンスホテルスキー場で「学生応援プラン」

世界ジュニアゴルフ・フロリダチャレンジ優勝 中学2年平木さん

アーカイブ

PAGE TOP