軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 浅間山、噴火警戒レベルは

浅間山、噴火警戒レベルは

2017年1月13日 17:31

浅間山、噴火警戒レベルは2だが、 火山活動はやや活発



P1271097.jpg 気象庁浅間山火山防災連絡所は1月12日、浅間山の火山状況について発表した。噴火警戒レベルは2(火口周辺規制)。

 詳しい報告によると、山頂火口直下の体に感じない火山性地震はやや多い状態となっている。また、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量は11月に比べて上回っており、現在も増加傾向。微弱な火映が時々観測されるなど、やや活発な状態で経過している。

 「今後も火口周辺に影響を及ぼす小規模な噴火が発生する可能性があります。火口から約2kmの範囲では噴火に伴う弾道を描いて飛散する噴石に警戒してください。登山者は地元自治体の指示に従い、危険区域には入らないように」と注意を促している。

最近の記事

三井三郎助別荘はなぜ、壊されたのか

軽井沢町内の停電、全面復旧

台風から3日、町内約3220戸で停電つづく

台風19号、一日の降水量314.5mm

大賀ホール、10月12日の公演中止

紅葉を眺めながら、読書の秋を

あったかなヤクの毛織製品フェア

アーカイブ

PAGE TOP