軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

別荘地の歴史を語る苔庭

2007年6月15日 11:26

DSC06463.JPG

 軽井沢も梅雨入りし、昨日はかなり雨が降りましたが、今日は気持ち良いお天気。

旧軽井沢の別荘地も木々の緑が美しいですね。苔庭の撮影に行くと、ビロードのようにきれいな苔

庭がところどころ地面が盛り上がって傷ついていました。ここ何年か問題になっているイノシシの被

害がさらに広まっているようです。


DSC06472.JPG

苔の手入れをしている人がいたので尋ねてみると、

「苔をひっくり返して土の中のミミズを食べるん縺 。去年の暮はとくにひどかったね」

と一生懸命、剥がれた苔をパッチワークのようにはぎ合わせて押さえつけています。

「こうしないと苔が腐ってしまうん縺 。細かく剥がれた苔は集めてはぎ合わせるのに手間がかかる」

以前はなかった緑色のネットで庭の周りが囲まれています。

「去年の暮に管理人さんが付けたん縺 けど、このくらいの高さでは乗り越えて入ってくるし、力任せ

に網を持ち上げて入ってくるのもいるん縺 よ。そこの別荘のように、網では縺 め縺 からと金属のしっか

りした柵にしたところもあるよ。これじゃ、人間のほうが囲まれているみたい縺 よな」

柵や塀がないのが軽井沢のいいところ縺 ったのに、これでは…。

イノシシはどんどん増えているそうです。京都にまさるとも劣らない、軽井沢の苔庭は別荘地の歴

史を語る大切な財産でもあります。なんとか、助ける方法はないものでしょうか。(編集長)

DSC06470.JPG

金属のしっかりした柵を施した別荘。雰囲気が少々変わったような気がします。

アーカイブ

PAGE TOP