軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

メニュー

おめでたいニュース

2009年9月30日 19:46

P1000362.JPG

縺 ん縺 ん秋らしくなってきた軽井沢。今日は特に霧で寒いですね。

なんと、国道の温度計は15℃と出ていました。

もう、我が家ではコタツを入れています。

P1000371.JPG

旧軽井沢ロータリーにある、伊勢志摩で創業100年を超える老舗の店、

松井真迴 軽井沢店へやって来ました。

おめでたいニュースがあるんですって。

「これですか。スゴイ!大粒の真迴 」

P1000374.JPG

「直径9mmというのは最高の真迴 なんですよ」と松井さん。

今年は高級真迴 が大暴落で、先日まで300万円縺 ったこの美しい真迴 が、

なんと70万円という驚きの安さ。

昨日は一つ売れたそうです。

「それにしても、どうしてそんなに価・?が暴落したんですか?」

「世界的に有名なブランドの取り扱い業者が、買い付けをしていかないので、

生産者は困って安値で売っています。倒産に追い込まれたところもあるんですよ」

縺 から、グレードの高い真迴 縺 けが・?安になっているとか。

我々庶民が買えそうなものは、変わりないんですって。な~ん縺 …。

P1000369.JPG

「ところでニュースって、そのこと?」

「いえいえ、これですよ」

松井さんの腕には、可愛い子犬が2匹。

「産まれて、ま縺 1ヶ月なの」

左の犬がお母さん犬のミミちゃん。

お父さんはダックス。ミミちゃんはヨーキーとチワワのハーフなので、

きっと、美人(犬)になることでしょう。

た縺 いま、飼い主を探しています。

(M記者)

秋の軽井沢を楽しむ

2009年9月28日 21:17

P1000334.JPG

大賀ホールから見た矢ヶ崎公園の豎 。

のんびりとカモが泳いで通り過ぎ、なんとなくのどかな風景です。

大賀ホールはコンサートがなくても、中に入ってお茶を飲むことができるって知っていました?

もちろん、コンサートがあるときは、チケットのある方のみですよ。

サイクリング途中、庭を通って行く人もいます。

つまり、ここはた縺 のコンサート会・?なのではなく、名所になっているんですね。

P1000346.JPG

シルバーウィークで軽井沢新聞がなくなったという連絡があり、新聞の補充に回っていると、

カフェの窓からこちらを見ているご家族が…。

はて、どなたでしたでしょうか?と思ったら―

P1000344.JPG


私ではなく、カフェのテラスにいる可愛いワンちゃんを見ていたのでした。

とってもおとなしくて、お利口にしているワンちゃんです(食いしん坊のマリンとは大違い)。

なんという種類の犬なんでしょう?

「ジャックラッセルです」とご主人。3歳の男の子で名前はチャーリー。

横浜から、野沢原の別荘にやって来た杉村さんご家族です。

チャーリーも一緒に、軽井沢の初秋を楽しんでいってく縺 さいね。

(Y記者)

紅葉が始まりました

2009年9月23日 19:13

P1000252.JPG

今年は全国的に紅葉が早いようですね。

軽井沢の桂の木はこんなにきれいに染まっています。

皆さんのところはいかがですか?

P1000273.JPG

久々にマリンちゃん登・?。

マリン「ねぇねぇ、お天気いいし、散歩に行こうよ」

M記者「じゃあ、これを着て。汚れるから」

マリン「動きにくいから着たくな~い」

M記者「犬に洋服を着せるなんてと、言う人がいるから着せたくないけど、

汚れるから、外へ行く時は着ないとね」

決してペットで着せ替えごっこして遊んでいるわけではありません。

軽井沢は土の道縺 し、草むらで虫も付きやすいからというそれ縺 けの理由なんです。

散歩に出ると、バッタリ友縺 ちワンコに会いました。

マリン「あなたも洋服着たくないでしょ。家の中では着ていないものね」

P1000263.JPG

道端でワレモコウを発見!昔はたくさんあったらしいけど、

軽井沢ではすでに貴重な花となってしまいましたね。

マリン「この赤いの、食べられたらいいのに」

IMG_1701.JPG

M記者「さぁ、着きましたよ」

マリン「わぁ、邏 敵なレストラン。ここで何が食べられるのかしら」

M記者「レストランじゃありません。別荘よ。今日は取材縺 から、外で待っていてね」

マリン「な~ん縺 。がっかり」

この邏 敵な別荘のことは、10月中旬発売のヴィネット秋冬号をご覧く縺 さい。

70年前の別荘を外観はそのままに、最新式にリフォー繝 するという記事です。

さて、どのようにしてリフォー繝 したのでしょうか。お楽しみに!

(M記者)

23年前のお嬢様

2009年9月21日 15:20

P1000293.JPG

今日は、この邏 敵なお庭のある持ち主、上原さんの別荘へおじゃましました。

離山にほど近い別荘地。ここで50年以上過ごしていらっしゃるそうです。

野鳥もリスもやってくるという緑ゆたかなお庭には、モミジや山桜がたくさんあります。

秋や春にはきっと邏 晴らしい景色が見られることでしょう。

P1000290.JPG

上原さんのお嬢さん、由利子さんには23年前の軽井沢ヴィネット夏号に

「別荘のお嬢さん・現代編」に登・?していた縺 きました。

(ちなみに「別荘のお嬢さん・古き良き時代編」は尾崎行雄のお嬢さん、

相馬雪香さんでした)

この時の軽井沢ヴィネットは「避暑地100年記念号」です。

お手元にお持ちの方は22ページをご覧く縺 さい。

学習院大学院生がレポーターになって、後輩を取材するという記事でした。

写真はその時の記事で、写っているのが由利子さん。

左上は由利子さんの妹さんと学習院の大先輩、麻生太郎さんです。

P1000297.JPG

別荘の広いテラスで、お父様の上原豊三さんとお母様の美子さん。

当時、学習院大学文学部4年生縺 った由利子さんは、今、どうされているのでしょう。

「結婚して今は2児の母です。スウェーデンで暮らしています」とお母様。

詳しく聞いてみると、長野オリンピックで通訳を務めた由利子さんは、その時

スウェーデンの有名コンピューター会社の社長御曹司に見そめられ結婚したと

いうことでした。もしかしたら、スウェーデンで、このブログを見て

いらっしゃるかもしれませんね。

もし、ご覧でしたら、現在の由利子さんの写真を送ってく縺 さ~い。

(M記者)

愛宕山の思い出

2009年9月18日 21:39

P1000287.JPG

旧軽銀座にある軽井沢観光会館の2階で軽井沢在住の日本画家・林楷人さんの

「楷の会」(林さんと門下生の会)による絵画展が行われています。

軽井沢観光会館は外観が昔の郵便局舎に似せたレトロな雰囲気なのに、

中に入るとこのように大理石の階段があり、アンバランスさにびっくりします。

会・?は2階なので、上ってみましょう。

P1000283.JPG

林さんと作品「愛宕山の思い出」。

「三隨 ホテル隆盛の・?の軽井沢が舞台。高貴な女性の、運命にひるまない

意志を描きたかった」とこの作品について語る林さん。

不思議な紅色の空は朝。彼女のエネルギーを表しているそうです。

P1000285.JPG

そしてこちらは「愛宕山の思い出」をパソコンでとり込み、ボールペンで

描いた作品と組み合わせた作品。「異質なものを合わせることによって、

新しいものを生み出せないかという挑戦」なのです。

軽井沢は今日で終わりますが、9月24日まで佐久市の「元麻布ギャラリー

佐久平」で開催しています。

ぜひ、この邏 晴らしい作品の実物をご覧く縺 さい。

(M記者)

おしゃれなランチ

2009年9月17日 18:09

P1000281.JPG

秋晴れの気持ちのよい日が続いていますね。

今日は編集の打ち合わせを兼ねてランチをいた縺 きました。

盛り付けがおしゃれで、とても美味縺 ったのでここで紹介しちゃいます。

三隨 通りを抜けて別荘地の中にあるレストランへ。

連休前の平日は道もとってもすいています。

P1000275.JPG

ランチは3000円のコース。これが食べ歩き大好きな友人お薦めのコースです。

最初に出てきたのは、彩りゆたかなアミューズ。

手前の茶色のものはルバーブのコンポート。軽井沢ならではの味わいですね。

ズッキーニやナストマトなど信州産の野菜たちがきれいに並んで、

食べるのがもったいないみたい。でも、あっという間に食べちゃいました。

P1000276.JPG

続いて私が選ん縺 前菜は、クスクスの上にサーモンの燻製や帆立など魚介類に

ブロッコリーやマイクロトマトなどフレッシュ野菜を添えたサラダ。

グリーンのソースはアボカドです。

野菜の下には温泉卵がありました。

このあと、写真はありませんが、枝豆と豆乳のポタージュが出てきます。

P1000277.JPG

メインに選ん縺 のは甘鯛のポワレ。(仔牛のフィレ肉も選べます)

こんがりと繝 ニエルした鯛にクリーミィなソースがよく合います。

下には完熟のトマトが髫 れていました。

P1000279.JPG

そして、ラストはティラミスにコーヒーゼリーを添えたデザートと紅茶。

本当にどれも美味しくて、盛り付けもステキ。友人がお薦めのわけがわかりました。

店内からは紅葉し始めた木々と驕 くの山並みが見え、心地よい風景に

気分はリフレッシュ。

週末や連休は別荘地内の来客が多くて混むので、平日がお勧めです。

・?所は、旧スイス公使館別荘の裏。それでも分からない方は

「軽井沢ヴィネット夏号」の70・?をご覧く縺 さい。

(Y記者)

滝の正体は?

2009年9月11日 23:18

P1000213.JPG

少しずつ、紅葉が始まっている軽井沢。この美しい赤い実が揺れる木はツリバナです。

実が割れると中の種が出るのですが、その姿がまた可愛らしくて、

庭づくりに熱心な人たちの間では人気なの縺 そうです。

知らない人は雑木縺 と思って切ってしまうことも多いようですが、もったいない!

私もこの木が大好きで、2年前、庭に植えてもらいましたが、この夏、ついに枯れてしまいました。

澄ん縺 空気を好む高原の樹木なので、国道近くの庭では、

渋滞する国道の排気ガスに雋 けてしまったのかもしれません。

P1000217.JPG

さて、今日は旧軽井沢にある文豪・正宗白鳥の文学碑を探しに行きました。

行けども行けども見当たらず、もう帰ろうかなと思ったらみつかりました。

かなり奥まったところですが、たくさんの緑に囲まれた静かな谷の合い間にひっそりと立っていました。

周りは風の音と野鳥の声しか聞こえない、いちめん緑の世界。

文学碑は十字の形にデザインされ、「花そうび…」という白鳥が愛した詩が彫られています。

静寂につつまれたここは、なかなかの穴・?です。

文学ファンでない方にも、おすすめのハイキングコース。

紅葉真っ盛りのころは、きっと邏 晴らしいことでしょう。

P1000180.JPG

そして、この滝を発見!これはいったい、なんという滝?地図にも出ていない滝です。

ほとんどの人が知らないと思います。その正体を知ると、びっくりするかも。

知りたい方は、10月発行の軽井沢ヴィネット秋冬号『想い出の道を歩く』をご覧く縺 さい。

軽井沢には、ま縺 ま縺 あまり知られていない良い・?所があるんですね。

(Y記者)

復元した建物がある都会の新名所

2009年9月 6日 22:54

P1000168.JPG

昨年の7月、軽井沢がとても暑い日に上京して、この「丸の内仲通り」を歩いたら

軽井沢より涼しかったと書いたのですが、今日も涼しくて快適でした。

でも、涼しいのはこの通り縺 けで、陽のあたる所はやはりとても暑い東京です。

P1000156.JPG

ずっと、工事中縺 ったビルがついに完成して、邏 晴らしい建物が出現しました。

これです!三菱一号館といって、明治27年に竣工したビルを復元したのです。

明治27年といったら、三隨 ホテルが明治37年着工ですから、それより10年早かったんですね。

中に入ってみましょう。

P1000159.JPG

趣ある建物は、鹿鳴館を手がけた英国人、ジョサイア・コンドルによる設計で、

銀行縺 ったそうです。吹き抜けになっている入口がとてもいい。

天井の板の張り方や彫りは必見です。角の柱の彫刻もよくできていて、

さすが、鹿鳴館を設計した人、と感心します。

復元して、今は何になっているかというと…

P1000164.JPG

カフェです。銀行の窓口縺 ったところから撮った写真はこんな感じ。

窓口はとてもしゃれて、当時は本当にこんな縺 ったの?と思ってしまうほど。

ところで、ここでは何がいた縺 けるのでしょうか。

コーヒー、紅茶…と普通のメニューでしたが、「アイスクリー繝 」と書くのではなく、

「あいすくりん」とでも書いていてほしい、そんな雰囲気です。

P1000165.JPG

本日のデザートプレートを注文しました。

チーズケーキとブルーベリー繝 ース、カシスのシャーベットの盛り合わせで

900円でした。

昼はランチプレート、夜は本・?的な料理もあるとのこと。

入って左奥では「一丁倫敦と丸の内スタイル展」という興味深い展覧会を

やっていました。

今日は時間がなくて見られない。残念!近いうちに、また来ます。

P1000166.JPG

驚いたのは、裏へ回ったら、こんなに緑多い空間があって、たくさんの人たちが

ここで休んでいたこと。

この丸の内の新名所「ブリックスクエア」は、単なるファッションビルでない、

緑はもちろん、地域の歴史や文化を上手に取り入れた、これからの都会の

ファッションモール+快適空間はこうあるべき!と示唆しているようでした。

「別荘地が危ない」

2009年9月 3日 20:12

P1000083.JPG

新聞の取材で旧軽井沢の別荘地「三隨 パーク」へ行きました。

軽井沢新聞の人気連載(といっても不定期連載なんですが)

「別荘地が危ない」の取材です。

緑の林が続く、この別荘地のどこが「危ない」のでしょうか?

P1060314.JPG

かなり上のほうにある静かな別荘、峯岸さん宅を訪ねました。

22年前に別荘を建てたという峯岸さんを取材してみて、わかりました。

危ないのはこの別荘地縺 けのことではないんです。あなたの別荘地もそうかも。

詳しくは9月10日発行の軽井沢新聞9月号をご覧く縺 さいね。

P1000148.JPG

さて、8月も終わりのある夜、邏 敵なコンサートが10年ぶりに開かれました。

日本でのマリンバの演奏のパイオニア、朝吹英一さんの生誕100年を記念

する演奏会です。朝吹英一さんはサガンなどフランス文学の翻訳家・朝吹

登水子さんのお兄様で、マリンバの作曲家、演奏家として知られています。

軽井沢の別荘に楽器を運び、「霧降る夏の宵」など119曲を作曲、編曲は

何百曲にも及ぶというすごい方なんです。聴くと、あ、あの曲知ってると

いう軽快な木琴のメロディがあるはず。

この日は全国から集まった、弟子、孫弟子、ひ孫弟子による演奏が行われました。

アーカイブ

PAGE TOP