子どもに花を

200319_01.JPG

3月19日は17.9℃まで上がり、今年の最高気温を記録。フキノトウが顔を出し、オオイヌノフグリが花をつけています。

200319_02.JPG

それでも週の始めは-10℃まで下がり、積雪も11cmを記録するなど、3月らしくない日もありました。

新型コロナウイルスの影響で、自粛ムードが続いています。家の中で遊ぶ時間が多くなって、退屈にしている子どもも多いことでしょう。そんな子どもたちに少しでも、楽しい気分になってもらおうと、計画されている町内での試みを紹介します。

200319_03.JPG

町内の花屋「軽井沢フローリスト花企画」と系列店は、来店した親子連れに、花をプレゼントするプロジェクトをスタート。部屋での滞在を、少しでも明るいものにしてもらおうという思いがあるそう。

200319_04.JPG

くつかけテラス1階では、子どもたちが考えた「ヘンテコマスク」を展示中。「小さすぎて意味ないマスク」「4つ目マスク」など、ユニークな絵柄とともに、オリジナリティーあふれるマスクの絵が楽しいです。マスクの絵を設置箱にいれると、佐久市子ども未来館館長で、軽井沢在住のなおやマンらが選んで貼り出します。

ずっと家の中というわけにもいきません。外に出て、動き回ることも必要ですよね。

関連記事

    人気の記事