軽井沢ウェブ

軽井沢の天気やグルメ・観光に役立つ情報なら軽井沢ウェブ

軽井沢ウェブTOP > 新着情報 > 町職員が整理番号間違え 個人番号通知カード誤送付

町職員が整理番号間違え 個人番号通知カード誤送付

2015年12月28日 10:08

軽井沢町役場は12月25日、マイナンバーの通知カードの再送付に際して、誤交付があったと発表する記者会見を行った。藤巻進町長は、「関係者にご迷惑をかけたことを深くお詫び申し上げたい」陳謝した。

151225my1.jpg

 町は今月16日に、保管期間の経過により郵便局から町へ返送されたマイナンバー通知カードの受け取り案内を郵送した。翌17日に案内を持って町役場を訪れた女性に、住民課戸籍係職員が別人の男性の通知カードを交付した。町ではマイナンバーの通知カードの入った封書に整理番号を付けて管理。交付時には運転免許証などで本人確認を行い、本人が署名捺印することになっている。今回の誤送付は町職員が整理番号を誤り、また本人確認作業も不十分だったことが原因だと考えられる。12月25日、交付簿リストと通知カードの照合作業中に、誤送付が発覚した。同日別人のマイナンバーを交付した女性宅を訪れ、正しい通知カードを交付した。また誤交付された町民のマイナンバーは新たに付番し交付する予定。

 「本来やるべき確認を怠った基本的なミス。確認を毎日行っていれば早期発見できた」と小林信子住民課長。

 再発防止として、町では交付の本人確認の際に口頭で名前を読み上げること、また通知カード交付状況の確認を毎日行うようにするとした。

最近の記事

全県に「医療非常事態宣言」

リモート出初式、蝶野正洋さんのメッセージも

新型コロナ感染拡大防止に伴う臨時休業・休館(随時更新)

佐久、軽井沢、御代田、感染警戒レベル5に

町民DAYで、一日リフト券1000円に

ラトビアの毛糸でスズメの小物作り

特殊詐欺の対応訓練 「『電子マネーで振り込んで』は詐欺」

アーカイブ

PAGE TOP